i9 7980XE 3.6GHz ベンチマーク

最近はFGOばかりやっていて、あまり記事を書いていないけど、ひとまずベンチマークをやってみた。

Skylake-XのCPUはTurboが派手に効くし、性能もオーバークロック次第なところがあるので、どう比較したものか、というのがあるけど、まずは3.6GHzを上限にそろえたベンチマークをやってみた。もっとオーバークロックしたときのベンチマークはまた後ほど。


環境



比較する環境はこちら。

CPUi9 7980xei7 5960xR7 1700
コア数18C/36T8C/16T8C/16T
Max Coreクロック3.63.63.6
Max Uncore/Meshクロック3.03.6-
メモリ速度DDR4-2666, 4chDDR4-2666, 4chDDR4-2666, 2ch
メモリ容量16GB32GB8GB
マザーAsrock X299 OC FormulaAsrock Fatalty X99 Gaming i7Asrock AB350 Pro4
OSWin10 Pro x64Win10 Pro x64Win10 Pro x64


というわけで、上限を3.6GHzにそろえてベンチマーク。このテストでは、Power Limitはいずれもかけていない。

メモリのch数はRyzenとはそろっていないけど、そろえるにはメモリを抜く必要があって面倒なので勘弁して下さい。

使用したソフトウェア
Cinbench 15.038
y-cruncher 0.7.4
Aviutl 1.00
x264 r2851 x64 (8bit/10bit)
x265 2.5+12 x64 (8bit/10bit PGO)

各ベンチマークの設定
ほぼプリセットをそのまま使用。
y-cruncher skip-warnings bench 1b
x264 --preset (fast/medium/slow/slower)
x265 --preset (fast/medium/slow/slower) --crf 21

電源プランは「バランス」。ただし、RyzenのみAMDから配布されているRyzen専用のものを使用している。



Cinebench 15.038



まずはCinbenchから。コア数が素直にスコアに出るベンチなので、3.6GHzでも7980XEはすさまじい速度。18コアの火力は圧倒的で、5960Xに対して2.45倍というスコアになっている。

5960X(Haswell)と比べるとSingle Thread(ST)でも結構差があり、IPCが向上していることもわかる。





y-cruncher 0.7.4



AVX-512対応ベンチということでy-cruncher 1bのComputation timeを測定。計算時間なので、値が小さいほど速い。

7980XEはここでも圧倒的だが、AVX-512を使っている割には5960Xに対しての伸び率はCinebechより悪く、2倍弱。演算速度の向上にメモリ帯域がついていかず、メモリ律速になりつつあるという話だ。

SIMDが弱いRyzenは、ここではおいて行かれている。





x264 r2851 x64 1080p



1080pのx264エンコード。

いくらなんでも18コアは生かしきれないか…と思いきや、8bitのx264エンコードでは、5960Xに比べてだいたい2倍ぐらいの速度が出ていて、結構いい感じに伸びていることがわかる。

一方、10bitのほうは思った通りいまいちで、これの原因はよくわからない。





x265 2.5+12 x64 1080p



こちらは8bitでも10bitでも5960Xと比べて2倍前後、という感じ。意外とslowとかslowerの伸びが悪い。

x265でRyzenがやや弱いのはいつも通り。





x264 r2851 x64 4K



18コアともなると、やはりどうしてもCPUが遊んでしまう、ということでより並列動作の可能な4Kエンコードを行ってみた。

4Kエンコもさくさく…とまではいかないが、なんとslowでも30fpsをこえる速度が出てしまう。5960Xと比べると2倍強。





x265 2.5+12 x64 4K



こちらも8bitでも10bitでも5960Xと比べて2倍強、という感じで、1080pのslowであまり伸びなかったのも解消されている。まあでも、さすがに4Kのx265は重い。ちょっとslowerはやりたくない…。





やはり7980XEの18コアというコア数はやはり強烈で、並列化の進んでいる処理であれば同クロックの5960X(8コア)と比べると倍近い性能向上になることがわかった。ここしばらく、CPUで大きな性能向上というのはなかったので、久しぶりに性能の大きなジャンプとなった。

ただまあ、5960Xと比べるとお値段も倍なことを忘れてはならないのだが…orz

本当は7900Xとか、7920Xとかとも比べてみるとおもしろいのかもだけど、持っていないので仕方ない。

ちなみに3.6GHzであれば、さほど電力も喰っておらず、おおげさな冷却は必要ない気がする。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR