Phanteks Evolv Shift X レビュー その2

前回より時間が空いてしまったけど、続きを。



前回は、ATX電源を無理やり押し込み、ファンが内側を向くようにしていた。



ただ、これだとせっかく底面から吸気した空気がすぐ電源を通って外に出てしまい、上部のCPUやマザー、GPUが冷えにくいようだったので、電源を逆向きにして搭載することにした。



こうすると、底面から吸気した空気が上の方に流れやすくなり、若干マザーやGPUが冷えやすくなった…気がする。電源は、反対側から問題なく吸気できている。ただ、問題はそうするとネジ止めの位置が合わなくなり、ネジ止めが4点で行えなくなってしまった。そのあたりが気になる場合は、この向きには搭載できない。

そもそもこういうムキになってしまうのは本来SFX電源を使うべきところを無理やりATX電源を使っているせいなので、やはりこんな無茶はせずSFX電源を使ったほうがいいように思う。

また、Evolv Shift Xには14cmファンが2基付属するのだが、3pinなうえに回転数が低く、すこし使いにくい。底面のファンも別のファンに交換することにした。





この状態で、i7 7700Kを4.7GHZ (1.232V)でx265エンコードすると最大88℃とぎりぎりの状態。HWiNFO読みだとCPUの消費電力は98W前後となっている。だいたいこのCPUでは100W前後が限界で、例えばOCCTなどを走らせるとすぐに90℃を突破して破綻する(110Wぐらい使ってしまうので熱すぎて参考にならない)。

7700Kはダブルグルスバーガーなため、280mm簡易水冷でも冷やしにくいけど、Mini-ITXケースとしてはそれなりに冷えてるのかなと思う。ただ、マザーボードのVRMと思しき温度は72℃に達していて、あまりマザーボードが冷やされず、厳しい状態になっていると思う。





また、FF14ベンチマークでGPU (GTX1080)に負荷をかけてみると、こんな感じ。4K 高品質(デスクトップ)の設定でスコア7860。






温度を見ると最大で71℃。まあよく冷えているというわけではないが、それなりには冷えているようだ。

すごくよく冷えているわけではないので、クロックも多少前後しているが、ひどい熱ダレにはなっていない。









というわけで、やはりMini-ITXなケースなので、冷却面で過剰な期待は禁物だし、特にマザーボードのすぐ裏にGPUが来るため、マザーは若干冷えにくいかなあ、という印象。

それでも比較的場所を取らないケースでありながら、その特徴的な高さを活かして280mmラジエータが使えたりするので、ある程度の冷却は可能になっていて、面白いケースだと思う。

でも、やっぱりこのケースの一番の面白さは通常とは一風変わったデザインとレイアウトにあると思う。結構組み立ても普段とは違って新鮮で、全体的に楽しめたケースになったと思う。



i7 7700K + Asrock Z270 BIOS設定

OC Tweaker/CPU Configuration 1, 2


OC Tweaker/DRAM Timing 1, 2


OC Tweaker/DRAM Timing 3, 4


OC Tweaker/DRAM Timing 5, OC Tweaker/Voltage 1


OC Tweaker/Voltage 2, Advanced/CPU Configuration 1


Advanced/CPU Configuration 2
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR