i7 6700Kのメモリ帯域

以前の記事と同じように、i7 6700Kのメモリ帯域を測定する。

プログラムはこちら。

関連記事
i7 6700K (Skylake) オーバークロック
i7 6700K (Skylake) エンコードベンチマーク

環境と設定
CPUi7 5960Xi7 6700Ki7 4770Ki7 3770K
コア数8C/16T4C/8T4C/8T4C/8T
Core4.4GHz4.4GHz4.4GHz4.4GHz
UnCore4.0GHz4.4GHz4.0GHz4.4GHz
RAMDDR4-2666DDR4-3234DDR3-2600DDR3-2133
ChannelQuadDualDualDual
CL15-15-15-36-115-17-17-34-110-12-12-31-29-11-10-28-2




メモリ帯域 (Read)

i7_6700K_ram_speed_01

i7 6700Kは、DDR4-3233の高速性能を生かして1スレッドで25.4GB/s、4スレッドで42.0GB/s。2スレッド以上では頭打ちになるDual Channelの傾向も変わらず。



メモリ帯域 (Write)

i7_6700K_ram_speed_02

i7 6700Kは、2スレッド時になんとか20GB/sに乗せている。ただ、スレッド数を増やすと遅くなる…。



メモリ・キャッシュ帯域 (Write)

i7_6700K_ram_speed_03

対4770K比で、L2が若干高速化していることがわかる。L3についても、4770Kが4.0GHzで、6700Kが4.4GHzなのでその差もあるが、6700Kのほうが高速なのが見て取れる。2MBブロックで、6700K(UnCore 4.4GHz)が265.4GB/s、4770K(Uncore: 4.0GHz)が207.2GB/sとなっている。



というわけで、Skylake(i7 6700K)では、DDR4メモリの採用によるメモリ帯域の大幅な拡大(理論値 50GB/s超、DDR4-3233での実効値 42.0GB/s)を達成するとともに、L2/L3キャッシュの高速化が図られていることがわかる。

整数/浮動小数SIMDのスループット増強と合わせると、Skylakeでもバックエンドからキャッシュ・メモリ改装に至るまで、いろいろ手が入っていることがわかる。それでも10%ちょっとの高速化というのは、結局フロントエンドをあまり増強しなかったのでは、と邪推してしまいたくなるほどである。(少なくともデコーダは増えてなさそう…)



関連記事
i7 6700K (Skylake) オーバークロック
i7 6700K (Skylake) エンコードベンチマーク


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR