SPARKLE Intel Arc A310 ECO

1スロットLow Profileでもちろん補助電源不要なSPARKLE Intel Arc A310 ECO買ってみた。

arc_a310_eco_20240203_01.jpg






最近のやたらと大きいGPUに慣れると本当に小さく見える。

arc_a310_eco_20240203_02.jpg

Low Profile対応ということで、HDMI 1基とmini DPが2基ついている。

arc_a310_eco_20240203_03.jpg



今回は、Ryzen PCに取り付けてみたけど、ドライバをインストールするとすんなり認識された。

GPU-Zの表示はこんな感じ。Ryzen PCの一番下のPCIeスロットに接続したのでPCIe 4x2接続。Resizable Barは有効になっている。

arc_a310_gpuz.png



QSVエンコード速度比較



簡単にQSVEncで、
・A310 LP
・A380
・i3 N305
でエンコード速度を比較してみた。

比較対象の詳細はこんな感じ。

Ryzen9 7950Xi9 12900KN305
コア数16C/32T8P+8E/24T8C/8T
メモリDDR5-6000DDR4-3600DDR5-4800
メモリ容量32GBx216GBx216GB
マザーMSI Pro
X670-P WIFI
MSI Mag
Z690 TOMAHAWK
Beelink EQ12 Pro
GPU1RX7900RTX4080
GPU2RX5500XTArc A380
GPU3Arc A310 LPGTX1060
OSWin11Win11Win11


比較条件は下記の通り。

QSVEnc 7.57
入力: MPEG 1440x1080i 29.97fps 約30分
オプション: -c hevc --output-depth 10 -u best --icq 26 --weightb --weightp --b-pyramid --tff --vppdeinterlace normal



結果



arc_a310_qsvencc_deinterlace_01_text.jpg
arc_a380_qsvencc_deinterlace_01_text.jpg
i3_N305_qsvencc_deinterlace_01_text.jpg

A380が371.95fpsなのに対し、A310 LPが364.11fpsとほぼ変わらない速度でエンコードできた。

内蔵GPUでエンコードしているN305と比べるとかなり高速だ。



終わりに



A310はA380と比べると演算器とメモリが少しづつカットされているが、エンコードに関してはほぼその影響を感じず、A380と同じぐらいの速度が出せるみたいで、エンコーダはなかなか優秀。

もちろん、演算器を使う重いフィルタとかを使うと差が出てくるかもしれないけど、軽めのフィルタならさほど変わらないようだった。

難点はGPUが小さい代償というか、ファンが回り始めるとうるさいかもしれない点。ファンが4000回転超えてくるとちょっと気になるぐらいの音はする感じだった。(音量はさほど出なくても回転数が高いのでやや目立つ)

あとA380に対する懸念点はどちらかというとメモリ容量かもで、もちろんfullHD程度ならA310の4GBメモリで十分だけど、4Kだったりすると気になってくることがあるかもしれない(A380はメモリ6GB)。

とはいえ、これで1.5万円前後なので、QSVなので画質も比較的良好だし、1スロットLow Profileで安価に手に入るものとしてはいい感じの性能な気がする。Ryzen PCでQSVができるようになるのはかなりありがたいと思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

N305もFFモードで比較したほうが良くないでしょうか?

Re: No title

たしかに今回は単純に同じオプションで比較しただけだったので、N305はPGになってしまっていますね。

AlderlakeではH.264ではFFはPGと比較すると低ビットレートでかなりvmaf/ssimで差がありますが(なのでFFをデフォルトにしていないのですが)、HEVCではほぼ差がないので、おっしゃる通りFFで比較したほうが良いかもしれません。

次回(いつになるかわかりませんが)比較の際にはFFで比較したいと思います。

AV1とVVC(H.266)

ARCはAV1エンコーダ/デコーダ搭載なんでしたっけ?

そろそろ AV1やVVCへの移行も始まる頃合いという感じでしょうか・・・。

Re: AV1とVVC(H.266)

おっしゃる通り、Arc GPUはAV1ハードウェアエンコード/デコード対応です。

AV1が広まって画質が向上していくとよいですが…
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

VVenCguiEx
- VVenCによるVVC出力
- VVenCguiExの導入>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clcufilters 
- OpenCL/CUDAのGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
Amatsukaze改造版
- AmatsukazeのAV1対応版

tsreplace
- tsの映像のみを置き換えて圧縮

rkmppenc
- Rockchip系SoCのhwエンコーダ

fawutil
- FAW(FakeAACWave)⇔aac変換
- 二重音声の取り扱いにも対応

x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定
- これまでの測定結果はこちら

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR