Amatsukaze 改造版 0.9.6.0

ロゴ解析周りの高速化を実装。場合によっては多少は速くなるかも?

- ロゴをCM解析で使用しない場合(JLファイルにLogoOffが含まれる場合)、ロゴ解析をチャプター・CM解析後に実行するように。
CM領域をロゴ解析対象から外すことで高速化。

JLファイルにLogoOffがない場合には、join_logo_scpのCM解析でロゴ解析結果を使うはず(たぶん…)なので、この順序の入れ替えはできません。

- ロゴ消しせず、かつロゴをCM解析でも使用しない場合(JLファイルにLogoOffが含まれる場合)はロゴ解析をスキップするように。
なおロゴ消しする場合には、ロゴ解析は必須の処理のはずです(ロゴ解析の結果ファイルをAMTEraseLogoに渡しているので)。

- 並列ロゴ解析機能を追加。
ロゴ解析を最大4並列で並列に実行するオプションを追加。MPEG2デコーダは「デフォルト」の想定で、CPUコア数に余裕がある場合には多少高速化できるかも?

プロファイルのその他の設定にオプションを追加↓。
amatsukaze_parallel_logo_analysis_20240121.png

- 同梱の実行ファイルを更新。
SvtAv1EncApp_1.8.0-6_x64.exe



ダウンロード>>


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

解析の時だけHWデコーダで高速化の見込みはあるのでしょうか
効果ありなら選べるようになるといいですね

No title

並列ロゴ解析を行ってみたところ、これまで三十分で42秒程度だったものが21秒くらいと半分くらいになりました。
エンコまでは行わず、CM解析だけ何度も実行して試行錯誤することがあるので、これはとても嬉しいです。

No title

更新ありがとうございます
色々試してみました。末尾の秒数がロゴ解析時間/全体時間です
#1 「ロゴ消し有」「チャプター・CM解析有」「LOGOOFF無」
⇒処理順「全フレームロゴ解析」「チャプター・CM解析」23.84秒/103秒

#2 「ロゴ消し無」「チャプター・CM解析有」「LOGOOFF無」
⇒処理順「全フレームロゴ解析」「チャプター・CM解析」23.85秒/93秒

#3 「ロゴ消し有」「チャプター・CM解析有」「LOGOOFF有」
⇒処理順「チャプター・CM解析」「Lフレームロゴ解析」23.40秒/94秒

#4 「ロゴ消し無」「チャプター・CM解析有」「LOGOOFF有」
⇒処理順「チャプター・CM解析」0秒/67秒


30分番組の場合ですが、ロゴ解析フレームが減ったおかげでわずかですが高速化しているようです。

少し要望なのですが、#2の処理の場合0.9.5.9同様「チャプター・CM解析」のみにできないでしょうか?
バグ報告があって、「ロゴ解析」を復活させたのは知っていますが、おそらくかなり特殊な処理のときのみ発生する事例かと思います。
0..9.5.9の処理を標準に設定欄に「強制ロゴ解析」のチェックボックスをつけて0.9.5.10以降の処理と分岐させれないでしょうか?
#2の「ロゴ解析」がなくなれば限りなく#4に近い数字が出て高速化可能かと思います。

No title

> HWデコーダで高速化 (2024-01-21(22:05)様)
お使いのCPUとGPUにもよりますが、ロゴ解析自体をCPUで行う関係で、デコードもCPUで行ったほうが一般的には高速です(CPU-GPU間の転送が重いです)

> 並列ロゴ解析 (2024-01-21(22:46)様)
テスト結果の共有ありがとうございます。ロゴ解析が意外と重いという声が多かったので、並列処理で高速化できないかと思いやってみました。半分くらいになったとのこと、よかったです!

>ロゴ解析 (2024-01-21(22:49)様)
詳細なデータありがとうございます。ロゴ解析時間の比率がこんなに多いことあるんですね…。

お示しいただいたように、#4のようにするとロゴ解析を完全にオフにできて大きな高速化が得られるというのが今回0.9.6.0で私の実装が意図した動作です。

プロファイルのオプションとして追加してはどうかということかと思いますが、基本的にはJLファイルのLogoOffを追記する形で行うのがよいのではと思っています。LogoOffと同時に、同じ意味の切り替えを行う設定がプロファイルにもあるというのは、逆にややこしく感じたのです…。

JLファイルへの追記はやはり面倒…でしょうか?

No title

rigaya様
#付きのデータ(2024-01-21(22:49) )を投稿したものですが、上記のデータは560x420(sar4:3指定で再生時引き延ばし)でエンコしたときですが、やはりエンコにおけるロゴ消しの割合は大きいですね


>JLファイルへの追記はやはり面倒
面倒ということはないのですが、JLSでロゴを使用する場合に、「ロゴ消しのロゴ解析」が必須になっているので、そこ外してほしいないという希望です。
0.959ではJLSの処理が「JLSのロゴ解析と無音シーンチェンジ検索」のみで可能でした。(ロゴ消しのロゴ解析が不要)

現状はJLSの処理は
「ロゴ消しのロゴ解析」+「JLSのロゴ解析と無音シーンチェンジ検索」または
「無音シーンチェンジ検索」のみになります。

JLSは独自でロゴ解析を行っている?(ちょっと自信がないですが)と思うので、チェックボックスでできないかという提案になります。

No title

rigaya様
#付きのデータを投稿したものですが、上記のデータは560x420(sar4:3指定で再生時引き延ばし)でエンコしたときですが、やはりエンコにおけるロゴ消しの割合は大きいですね


>JLファイルへの追記はやはり面倒
面倒ということはないのですが、JLSでロゴを使用する場合に、「ロゴ消しのロゴ解析」が必須になっているので、そこ外してほしいないという希望です。
0.959ではJLSの処理が「JLSのロゴ解析と無音シーンチェンジ検索」のみで可能でした。(ロゴ消しのロゴ解析が不要)

現状はJLSの処理は
「ロゴ消しのロゴ解析」+「JLSのロゴ解析と無音シーンチェンジ検索」または
「無音シーンチェンジ検索」のみになります。

JLSは独自でロゴ解析を行っている?(ちょっと自信がないですが)と思うので、チェックボックスでできないかという提案になります。

No title

コメントありがとうございます。

ロゴ解析について、今回、ロゴ解析とチャプター・CM解析の順序が設定によって入れ替わるようになりややこしくなっていますが、「JLSのロゴ解析」と「ロゴ消しのロゴ解析」は同じものでAmatsukaze側で実行しているものです。

JLSでロゴを使用する場合には、Amatsukazeのロゴ解析結果をファイルでJLSに渡す形で動作しています。そのため、JLSでロゴを使用する場合には、必ずロゴ解析が必要になってきます。

0.9.5.9では私の作ったバグで混乱させてしまい申し訳ありません。0.9.5.9では、ロゴ消しをしない場合に意図せずロゴ解析を常にしないようになっており、ロゴ消しをオフにすると、JLにLogoOffの記載がない場合(JLSでロゴを使用する場合)でも実効的にLogoOff(JLSでロゴを使用しない)動作となっておりました。

JLSでロゴを使用しなくとも多くのケースでは問題ないのでそれでもうまくいくケースは多いようですが、不具合ですので修正いたしました。

以上からロゴ解析を完全にスキップしたい場合は「JLファイルにLogoOff」と「ロゴ消しをオフ」の両方が必要になります。


もし私がまだ誤解していましたらすみませんがご指摘願います。
よろしくお願いします。

No title

下記ファイルがディフェンダーでウイルス扱いされて
削除されてしまいますので「許可」としております。
皆さんはどうですか? 反応しませんか?

Trojan:Win32/Wacatac.B!ml

\Amatsukaze_0.9.6.0\exe_files\AmatsukazeAddTask.exe
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

VVenCguiEx
- VVenCによるVVC出力
- VVenCguiExの導入>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clcufilters 
- OpenCL/CUDAのGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
Amatsukaze改造版
- AmatsukazeのAV1対応版

tsreplace
- tsの映像のみを置き換えて圧縮

rkmppenc
- Rockchip系SoCのhwエンコーダ

fawutil
- FAW(FakeAACWave)⇔aac変換
- 二重音声の取り扱いにも対応

x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定
- これまでの測定結果はこちら

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR