Amatsukaze 改造版 0.9.5.2

- tsreplace使用時の出力ファイル名を <ファイル名>.[h264|hevc].ts になるよう変更した。
ご指摘いただいた問題に対応。入力ファイルと同じフォルダに出力するとエラーが発生するため。

- join_logo_scpを更新。また同時にJLフォルダも更新。

- 一時フォルダが空でなくても削除できるよう変更。

- x264/x265/SVT-AV1エンコード時に、優先度を下げるとEコアのみでエンコードが実行されてしまう問題を抑制。
x264guiEx 3.24で導入したものの移植。

QSV/NV/VCEEncについては、エンコーダ側でこのあたりの最適化をしているので不要。

今回変更したのはエンコーダ側の電力スロットリングモードだけで、AmatsukazeCLI側の電力スロットリングモードは触っていないのだけど、こちらも必要なのだろうか…?

- コード変形。
Amatsukazeはc++14でビルドされていて、c++17でビルドするとなんか難しそうなところで警告が出る。

今回、一部でc++17の機能を使用したかったので、ヘッダーに定義と実装がまとめられてしまっていたのを分離することで、一部だけc++17でビルドできるようにした。あと、ついでに長すぎるヘッダーファイルがシンプルになって見やすくなった。



その他

x265の新しいバージョンを同梱した時に、パスをクリアして適用しても最新版にならないというご指摘ですが、Amatsukazeのソースコードを調査したところ、自動でパスを設定する場合、バージョンの新旧は考慮されないようなので、基本的には手動でパスを更新していただきたく思います。

詳しく述べると、パスをクリアして適用すると自動で実行ファイルを探すのですが、このときx265guiExとは異なり、バージョンのチェック等は行っておらず、x265*.exeを列挙して最初に見つけたものを選択するという実装になっていました。

なので、x265_3.5+102_x64.exeとx265_3.5+109_x64.exeがあると、x265_3.5+102_x64.exeのほうが選択されるようです。

バージョンのチェックの移植はちょっと面倒かもです… (C++→C#に書き換えないといけないので…



ダウンロード>>


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ファイル名の件について質問した者です。
ご対応いただきありがとうございました。
まだh264で数件しか検証はできてませんが、.h264.tsで問題なく出力できています。

起動処理でエラー

いつもお世話になっております。
windows11に新規で0.9.5.2を導入しようとした際、エラーとなりましたのでご報告いたします。

windowsの標準機能、及び7zipどちらを使った解凍でも再現されました。

起動処理でエラーが発生しました
Amatsukaze Lib AMTContext のタイプ初期化子が例外をスローしました。

Amatsukaze.Lib.AMTContext.ctor() Amatsukaze.Server.AffinityCreator.ctor()
Amatsukaze.Server.EncodeServer.ctor(Int32 port, IUserClient client,Action finishRequested)

場所
Amatsukaze.Models.ClientModel.<MakeEncodeServer>d_213.MoveNext0

・直前に例外がスローされた場所からのスタックトレースの終わり--

System.Runtime.ExceptionServices.ExceptionDispatchinfo.Throw()

場所

System.Runtime.CompilerServices.TaskAwaiter.HandleNonSuccessAndDebuggerNotification(Task task). Amatsukaze.Models.ClientModel.<Start>d_214.MoveNext()

直前に例外がスローされた場所からのスタックトレースの終わり

System.Runtime.ExceptionServices.ExceptionDispatchinfo.Throw0)

場所

System.Runtime.CompilerServices.TaskAwaiter.HandleNonSuccessAndDebu ggerNotification(Task task)

場所

Amatsukaze.ViewModels.MainWindowViewModel.<Initialize>d_47.MoveNext0


少し調べてみましたが解決策がわかりません。お手数ですがご教授いただけませんか?

Re: 起動処理でエラー

最終的にAmastukaze.dllを初期化しようとして異常終了しているように見受けられます。

わたしも初期化で失敗するのは見たことがないので、もしかすると間違っているかもしれませんが、VC runtime (x64版)をインストールすると改善するかもしれないので、一度お試しいただけないでしょうか。
https://aka.ms/vs/17/release/vc_redist.x64.exe

RE:起動処理でエラー

素早いご対応、本当にありがとうございます。
ランタイムのインストールで問題なく起動し、動作しております。

今回は完全なクリーンインストール直後に入れたために問題になってしまったのかもしれません。

最初のPMT更新までのみを削除したい

開発ありがとうございます。
最初から〇秒以内にPMT更新がある場合は該当箇所のみ削除する。というような類の設定の追加をお願いしたく存じます。
理由としましては番組途中のCMその他はカットせずチャプターを埋め込む設定(出力選択: 通常相当)の動作のまま録画ファイルの冒頭に0.2~3秒程映りこむ直前の番組の残骸のみをカットさせたいからです。

ログ1
-------------------------------------------------------------
AMT [info] [PMT更新]
AMT [info] PID: 0x0111 TYPE: MPEG2-VIDEO TAG: MPEG2 映像(0x00)
AMT [info] PID: 0x0112 TYPE: ADTS AAC TAG: MPEG2 AAC 音声(0x10)
AMT [info] PID: 0x0114 TYPE: 字幕 TAG: 字幕(0x30)
AMT [info] PID: 0x0115 TYPE: 字幕 TAG: 文字スーパー(0x38)
AMT [debug] 必要な情報は取得したのでTSを最初から読み直します
AMT [info] 開始Clock: 1364382302836
AMT [info] 音声パーサ 0 を追加
AMT [info] [音声0フォーマット変更]
AMT [info] チャンネル: ステレオ サンプルレート: 48000
AMT [info] [映像フォーマット変更]
AMT [info] サイズ: 1440x1080 (16:9) FPS: 30000/1001
AMT [info] [PMT更新] ストリーム時刻: 0分2.23秒
AMT [info] PID: 0x0111 TYPE: MPEG2-VIDEO TAG: MPEG2 映像(0x00)
AMT [info] PID: 0x0112 TYPE: ADTS AAC TAG: MPEG2 AAC 音声(0x10)
AMT [info] PID: 0x0114 TYPE: 字幕 TAG: 字幕(0x30)
AMT [info] PID: 0x0115 TYPE: 字幕 TAG: 文字スーパー(0x38)
AMT [info] [PMT更新] ストリーム時刻: 28分2.23秒
AMT [info] PID: 0x0111 TYPE: MPEG2-VIDEO TAG: MPEG2 映像(0x00)
AMT [info] PID: 0x0112 TYPE: ADTS AAC TAG: MPEG2 AAC 音声(0x10)
AMT [info] PID: 0x0114 TYPE: 字幕 TAG: 字幕(0x30)
AMT [info] PID: 0x0115 TYPE: 字幕 TAG: 文字スーパー(0x38)
AMT [info] [映像フレーム統計情報]
AMT [info] 時間: 29分59.998秒
AMT [info] FRAME=0 DBL=0 TLP=0 TFF=53949 BFF=0 TFF_RFF=0 BFF_RFF=0
AMT [info] (PTS_Diff,Cnt)=(3003,53948)
AMT [info] TS解析完了: 34.43秒
-----------------------------------------------------------
ログ2
-----------------------------------------------------------
AMT [info] [PMT更新]
AMT [info] PID: 0x0111 TYPE: MPEG2-VIDEO TAG: MPEG2 映像(0x00)
AMT [info] PID: 0x0112 TYPE: ADTS AAC TAG: MPEG2 AAC 音声(0x10)
AMT [info] PID: 0x0114 TYPE: 字幕 TAG: 字幕(0x30)
AMT [info] PID: 0x0115 TYPE: 字幕 TAG: 文字スーパー(0x38)
AMT [debug] 必要な情報は取得したのでTSを最初から読み直します
AMT [info] 開始Clock: 2179792892121
AMT [info] 音声パーサ 0 を追加
AMT [info] [音声0フォーマット変更]
AMT [info] チャンネル: ステレオ サンプルレート: 48000
AMT [info] [映像フォーマット変更]
AMT [info] サイズ: 1440x1080 (16:9) FPS: 30000/1001
AMT [info] [PMT更新] ストリーム時刻: 0分0.81秒
AMT [info] PID: 0x0111 TYPE: MPEG2-VIDEO TAG: MPEG2 映像(0x00)
AMT [info] PID: 0x0112 TYPE: ADTS AAC TAG: MPEG2 AAC 音声(0x10)
AMT [info] PID: 0x0114 TYPE: 字幕 TAG: 字幕(0x30)
AMT [info] PID: 0x0115 TYPE: 字幕 TAG: 文字スーパー(0x38)
AMT [info] [PMT更新] ストリーム時刻: 28分0.81秒
AMT [info] PID: 0x0111 TYPE: MPEG2-VIDEO TAG: MPEG2 映像(0x00)
AMT [info] PID: 0x0112 TYPE: ADTS AAC TAG: MPEG2 AAC 音声(0x10)
AMT [info] PID: 0x0114 TYPE: 字幕 TAG: 字幕(0x30)
AMT [info] PID: 0x0115 TYPE: 字幕 TAG: 文字スーパー(0x38)
AMT [info] [映像フレーム統計情報]
AMT [info] 時間: 29分59.698秒
AMT [info] FRAME=0 DBL=0 TLP=0 TFF=53939 BFF=0 TFF_RFF=0 BFF_RFF=0
AMT [info] (PTS_Diff,Cnt)=(3003,53937)
AMT [info] (PTS_Diff,Cnt)=(6006,1)
AMT [info] TS解析完了: 32.46秒
-------------------------------------------------------------

この『AMT [info] [PMT更新] ストリーム時刻: 0分2.23秒』『AMT [info] [PMT更新] ストリーム時刻: 0分0.81秒』と検出されているより前の部分のみをカットさせたい次第です。
既存の最初から1%と最後から0%にPMT更新がある場合をCMとするとする。を有効にしつつ、出力選択: 通常にするとその他のCM等は残りますが残骸の部分にはチャプターが埋め込まれたり埋め込まれなかったりで安定しません。(どちらにせよ当該の箇所はカットされない)

ログ1 チャプター埋め込まれる(CM?というチャプターが生成される)
-------------------------------------------------------------
AMT [info] [CM解析結果 - TrimAVS]
Trim(63,16783) ++ Trim(20830,47113) ++ Trim(49811,50408)
AMT [info] [CM解析結果 - 詳細]
0 62 2 3 0 :Nologo
63 150 3 -2 3 :L
151 2848 90 1 90 :L
2849 16783 465 -1 465 :L
16784 17233 15 0 0 :CM
17234 17683 15 0 0 :CM
17684 18132 15 -1 0 :CM
18133 18582 15 0 0 :CM
18583 19481 30 0 0 :CM
19482 19930 15 -1 0 :CM
19931 20379 15 0 0 :CM
20381 20829 15 -1 0 :CM
20830 47113 877 0 877 :L
47114 47563 15 0 0 :CM
47564 48012 15 -1 0 :CM
48013 48462 15 0 0 :CM
48463 48911 15 -1 0 :CM
48912 49361 15 0 0 :CM
49362 49810 15 -1 0 :CM
49811 50255 15 -5 15 :Trailer(add)
50256 50408 5 3 0 :Sponsor(add)
50409 50858 15 0 0 :CM
50859 51307 15 -1 0 :CM
51308 51757 15 0 0 :CM
51758 52206 15 -1 0 :CM
52207 52656 15 0 0 :CM
52657 53106 15 0 0 :CM
53107 53946 28 0 0 :Nologo
AMT [info] [PMT更新CM認識]
AMT [info] フレーム49のPMT変更はフレーム63にシーンチェンジあり
AMT [info] フレーム50398のPMT変更はフレーム50409にシーンチェンジあり
AMT [info] 設定区間: 0-539 53947-53947
AMT [info] 検出CM区間: 0-63 53947-53947
AMT [info] ロゴ・CM解析完了: 102.47秒
AMT [info] [字幕構築]
AMT [debug] 音声0-0は39フレーム目から開始
AMT [info] 出力音声フレーム: 84362(うち水増しフレーム0)
AMT [info] 未出力フレーム: 39(0.046%)
AMT [info] 音ズレ: 平均 8.86ms 最大 8.86ms
AMT [info] [チャプター生成]
AMT [info] ファイル: 0-0-0
AMT [info] 0: CM?
AMT [info] 63: A
AMT [info] 151: A90Sec
AMT [info] 2849: A
AMT [info] 16784: CM
AMT [info] 20830: B
AMT [info] 47114: CM
AMT [info] 49811: C15Sec
AMT [info] 50256: C5Sec
AMT [info] 50409: CM
AMT [info] 53107: CM?
-------------------------------------------------------------
ログ2 チャプター埋め込まれない(チャプターAに統合される)
-------------------------------------------------------------
AMT [info] [CM解析結果 - TrimAVS]
Trim(32,22956) ++ Trim(27003,47082) ++ Trim(49781,50378)
AMT [info] [CM解析結果 - 詳細]
0 31 1 2 0 :Nologo
32 22956 765 -1 765 :L
22958 23406 15 -1 0 :CM
23407 23856 15 0 0 :CM
23857 24305 15 -1 0 :CM
24306 24755 15 0 0 :CM
24756 25654 30 0 0 :CM
25655 26103 15 -1 0 :CM
26104 26553 15 0 0 :CM
26554 27002 15 -1 0 :CM
27003 47082 670 0 670 :L
47083 47532 15 0 0 :CM
47533 47982 15 0 0 :CM
47983 48431 15 -1 0 :CM
48432 48881 15 0 0 :CM
48882 49330 15 -1 0 :CM
49331 49779 15 0 0 :CM
49781 50225 15 -5 15 :Trailer(add)
50226 50378 5 3 0 :Sponsor(add)
50379 50827 15 -1 0 :CM
50828 51277 15 0 0 :CM
51278 51726 15 -1 0 :CM
51727 52625 30 0 0 :CM
52626 53075 15 0 0 :CM
53076 53524 15 -1 0 :CM
53525 53936 14 -9 0 :Nologo
AMT [info] [PMT更新CM認識]
AMT [info] フレーム21のPMT変更はフレーム32にシーンチェンジあり
AMT [info] フレーム50368のPMT変更はフレーム50379にシーンチェンジあり
AMT [info] 設定区間: 0-539 53937-53937
AMT [info] 検出CM区間: 0-32 53937-53937
AMT [info] ロゴ・CM解析完了: 95.72秒
AMT [info] [字幕構築]
AMT [debug] 音声0-0は20フレーム目から開始
AMT [info] 出力音声フレーム: 84342(うち水増しフレーム0)
AMT [info] 未出力フレーム: 20(0.024%)
AMT [info] 音ズレ: 平均 6.86ms 最大 6.86ms
AMT [info] [チャプター生成]
AMT [info] ファイル: 0-0-0
AMT [info] 0: A
AMT [info] 22958: CM
AMT [info] 27003: B
AMT [info] 47083: CM
AMT [info] 49781: C15Sec
AMT [info] 50226: C5Sec
AMT [info] 50379: CM
AMT [info] 53525: CM?
-------------------------------------------------------------

この『 0 62 2 3 0 :Nologo』『 0 31 1 2 0 :Nologo』という部分だけをカットしたく…。
また、既存の設定の最初から1%と最後から0%にPMT更新がある場合をCMとするを有効にして、出力選択: CMをカットにすると直前の番組の残骸はきっちり削除されますが、CMをカットなので当然のことながらそれと同時にその他のCM等も削除されてしまいまして自分が期待する動作にはなりません。

ログ1(該当箇所もきっちりカットされるが、そのほかの部分もカットされる)
-------------------------------------------------------------
AMT [info] [CM解析結果 - TrimAVS]
Trim(63,16783) ++ Trim(20830,47113) ++ Trim(49811,50408)
AMT [info] [CM解析結果 - 詳細]
0 62 2 3 0 :Nologo
63 150 3 -2 3 :L
151 2848 90 1 90 :L
2849 16783 465 -1 465 :L
16784 17233 15 0 0 :CM
17234 17683 15 0 0 :CM
17684 18132 15 -1 0 :CM
18133 18582 15 0 0 :CM
18583 19481 30 0 0 :CM
19482 19930 15 -1 0 :CM
19931 20379 15 0 0 :CM
20381 20829 15 -1 0 :CM
20830 47113 877 0 877 :L
47114 47563 15 0 0 :CM
47564 48012 15 -1 0 :CM
48013 48462 15 0 0 :CM
48463 48911 15 -1 0 :CM
48912 49361 15 0 0 :CM
49362 49810 15 -1 0 :CM
49811 50255 15 -5 15 :Trailer(add)
50256 50408 5 3 0 :Sponsor(add)
50409 50858 15 0 0 :CM
50859 51307 15 -1 0 :CM
51308 51757 15 0 0 :CM
51758 52206 15 -1 0 :CM
52207 52656 15 0 0 :CM
52657 53106 15 0 0 :CM
53107 53946 28 0 0 :Nologo
AMT [info] [PMT更新CM認識]
AMT [info] フレーム49のPMT変更はフレーム63にシーンチェンジあり
AMT [info] フレーム50398のPMT変更はフレーム50409にシーンチェンジあり
AMT [info] 設定区間: 0-539 53947-53947
AMT [info] 検出CM区間: 0-63 53947-53947
AMT [info] ロゴ・CM解析完了: 91.22秒
AMT [info] [字幕構築]
AMT [debug] 音声0-0は39フレーム目から開始
AMT [info] 出力音声フレーム: 84362(うち水増しフレーム0)
AMT [info] 未出力フレーム: 39(0.046%)
AMT [info] 音ズレ: 平均 8.86ms 最大 8.86ms
AMT [info] [チャプター生成]
AMT [info] ファイル: 0-0-0 本編
AMT [info] 0: A
AMT [info] 88: A90Sec
AMT [info] 2786: A
AMT [info] 16721: B
AMT [info] 43005: C15Sec
AMT [info] 43450: C5Sec
-------------------------------------------------------------
ログ2(該当箇所もきっちりカットされるが、そのほかの部分もカットされる)
-------------------------------------------------------------
AMT [info] [CM解析結果 - TrimAVS]
Trim(32,22956) ++ Trim(27003,47082) ++ Trim(49781,50378)
AMT [info] [CM解析結果 - 詳細]
0 31 1 2 0 :Nologo
32 22956 765 -1 765 :L
22958 23406 15 -1 0 :CM
23407 23856 15 0 0 :CM
23857 24305 15 -1 0 :CM
24306 24755 15 0 0 :CM
24756 25654 30 0 0 :CM
25655 26103 15 -1 0 :CM
26104 26553 15 0 0 :CM
26554 27002 15 -1 0 :CM
27003 47082 670 0 670 :L
47083 47532 15 0 0 :CM
47533 47982 15 0 0 :CM
47983 48431 15 -1 0 :CM
48432 48881 15 0 0 :CM
48882 49330 15 -1 0 :CM
49331 49779 15 0 0 :CM
49781 50225 15 -5 15 :Trailer(add)
50226 50378 5 3 0 :Sponsor(add)
50379 50827 15 -1 0 :CM
50828 51277 15 0 0 :CM
51278 51726 15 -1 0 :CM
51727 52625 30 0 0 :CM
52626 53075 15 0 0 :CM
53076 53524 15 -1 0 :CM
53525 53936 14 -9 0 :Nologo
AMT [info] [PMT更新CM認識]
AMT [info] フレーム21のPMT変更はフレーム32にシーンチェンジあり
AMT [info] フレーム50368のPMT変更はフレーム50379にシーンチェンジあり
AMT [info] 設定区間: 0-539 53937-53937
AMT [info] 検出CM区間: 0-32 53937-53937
AMT [info] ロゴ・CM解析完了: 84.63秒
AMT [info] [字幕構築]
AMT [debug] 音声0-0は20フレーム目から開始
AMT [info] 出力音声フレーム: 84342(うち水増しフレーム0)
AMT [info] 未出力フレーム: 20(0.024%)
AMT [info] 音ズレ: 平均 6.86ms 最大 6.86ms
AMT [info] [チャプター生成]
AMT [info] ファイル: 0-0-0 本編
AMT [info] 0: A
AMT [info] 22925: B
AMT [info] 43005: C15Sec
AMT [info] 43450: C5Sec
-------------------------------------------------------------

長文失礼しました。調べても通常通りCM等を残しつつ最初の1秒程映りこんでいる部分だけカットする設定はわからなかったので書き込ませていただきました、何か見落としていたら申し訳ありません、ご検討いただけましたら幸いです。

No title

いつも助かっています。ありがとうございます。

一つ要望があるのですが、ご検討ください。
EDCBにスリープの抑止条件があるのですが(n分以内にパソコン操作があったとか、指定プロセスが起動していたなどにスリープをキャンセル)、どれか一つでいいので同様の機能を追加できないでしょうか。
もちろん、気が向いたらで結構です。

というのもテレビ録画中にAmatsukazeがスリープして録画に失敗してしまいまして…
いつも注意はしているのですが、「何もしない」にするのを忘れたり、Amatsukazeがウィンドウに隠れてスリープ準備に入ったことに気が付かなかったりなど、たまにやってしまいます。

No title

> 最初のPMT更新のみを削除したい

基本的には、CMカットするか残すかなので、現状だと要望の動作は難しいと思います。実装するのも、自分がAmastukazeのこのあたりの処理をちゃんと理解できていないので、難しいかもしれないです…。

> スリープの抑止

こちらはなんとかできそうな気がします。

AmatsukazeのGUIを拡張するのに慣れていないので、設定欄を作るほうに時間がかかるかもしれませんがやってみたいと思います。(C#のMVVMというのに慣れていない…)

指定プロセス起動時に抑制のほうが個人的にはうれしいので、そちらを実装してみようと思っています。

No title

>rigaya様
現状では厳しく、また実装するのも難しいのですね…残念ですが承知しました…。
お時間を割いて検討いただき本当にありがとうございました。

No title

スリープの抑止の件、実装できそうとのことでありがとうございます。
気長に待ちますので、よろしくお願いします。

No title

部外者ですが、私は、スリープの件、Amatsukazeでは管理せずに、「SleepTool」という別ソフトで行っています。スリープ条件がいろいろと指定できるので、便利です。最近、更新が行われていませんが、ごくたまにスリープしなくなってしまうことを除けば、大体望み通りのことができています。

ただ、予約直前にたまたまスリープする条件が重なってしまうと、録画に失敗することがあります。EDCBのスリープ復帰直前にスリープに入り、その直後にあるスリープ復帰が行われません。特に、休止状態を有効にしていると、休止処理に時間がかかり、この罠に掛かりやすいようです。
SleepTool側ではEDCBの予約は見れないので、どうしようも無さそうですね。Amatsukazeに実装していただくにしても、録画中はスリープしないようにはできても、次の予約開始時間まで考慮していただかないと、この問題は起きそうですね。

横から失礼しました。

Re: No title

> 録画中はスリープしないようにはできても、次の予約開始時間まで考慮していただかないと、この問題は起きそうですね。

なるほど、そういうトラップもあるのですね。

ただ、時間的にかなりまれな事象かと思いますし、Amastukaze側から予約開始時間をとるというのは難しそうなので、その点の考慮は実装しないつもりです。(EpgTimerのAPIをたたけばできるのかもですが、それはちょっと…)

基本的にはAmatsukazeでスリープするときに、指定プロセスが存在すればスリープしない、というふうにシンプルに実装する予定です。

No title

rigaya様、ご返信、ありがとうございます。

> 基本的にはAmatsukazeでスリープするときに、指定プロセスが存在すればスリープしない、というふうにシンプルに実装する予定です。

これだけでも、かなり捗りそうです。また、SleepTool風に、CPU使用率なども条件に入れていただければ、少々不安定なSleepToolの使用を辞められそうです。とはいえ、これらを加え始めるとシンプルではなくなるかもしれませんが。

いつも勝手な要望ですみません。Amatsukazeは、元々とても便利なツールでしたが、rigayaさんの手が加わることで、さらにパワーアップしていて本当に助かります。今後も、どうかよろしくお願いいたします。

字幕焼き込みエラーについて

いつも開発ありがとうございます。
表題の通り、NVEncを利用し、字幕焼き込み機能を利用しようすると、
エラーになってエンコードできない問題が発生しています。
Amatsukaze0.9.5.2 NVEnc0.7.36です。
何もオプションを指定しないと問題なくNVEncでエンコードできますし、コメントも保存できて最盛時に流せます。
しかし、オプションとして
--vpp-subburn @AMT_TEMP_ASS_NICOJK_1080S@
と記述すると
subburn: subtitle file "@AMT_TEMP_ASS_NICOJK_1080S@" does not exist
と出力され、字幕ファイルが見つからないようです。
しかし実況ログ保存時のログでは
AMT [info] (前略) "C:\Users\私のユーザー名\AppData\Local\Temp\amt5395501\nicojk-1080S.ass" -chapter 0 -nicojk 1(以下略)と字幕保存自体は成功しているように見えます。
出力フォーマットはmp4です。
nicoJKログから優先的にコメントを取得する、
nicoJK18サーバーからコメントを取得するどちらでも同様のエラーが発生します。
ずっと悩んでおり原因がわからず詰まっています。
何が問題なのでしょうか。

No title

> スリープの件

スリープの件ですが、0.9.5.3で対応してみましたので、お試しいただければと思います。

使用方法や動作概要は下記記事中に記載いたしましたので、ご確認ください。
https://rigaya34589.blog.fc2.com/blog-entry-1749.html

問題点や仕様等で使いにくい部分あればおっしゃってください。

よろしくお願いいたします。

> 字幕焼き込みエラーについて

設定は問題なさそうに見えます。

--vpp-subburn @AMT_TEMP_ASS_NICOJK_1080S@

と入力したものが、本来エンコーダに渡されるときには

--vpp-subburn C:\Users\私のユーザー名\AppData\Local\Temp\amt5395501\nicojk-1080S.ass

などのようにに置き換わるはずですが、そうなっていないのでしょうか…。ちょっと原因がまだわからない状況です。(手元では再現できませんでした)

すみませんが、下記ご確認いただけますでしょうか。

1. ログの先頭のほうにバージョンが出ますが、
Amatsukaze - Automated MPEG2-TS Transcoder 0.9.5.2
のように意図したバージョンになっていますでしょうか。(失礼ながら、AmatsukazeCLI.exeのバージョンが異なることを危惧しています)

2. エンコーダに送られたコマンドを確認いただけますでしょうか。そこで --vpp-subburnの部分はどうなっていますでしょうか?

すみませんがよろしくお願いいたします。

字幕焼き込みについて

字幕焼き込みが行えなかった件ですが、
すみません、rigayaさんの仰る通り、実行cliが異なっていました。
Amatsukazeのフォルダの中に更にAmatsukazeのフォルダが入っており(解凍ミスです)、上層のvbsでGUIを開いていても何故かエンコード実行時には下層のAmatsukazeフォルダを再帰的に探して一番下のcliを実行する、という挙動になっていたようです。
この入れ子構造を削除したら字幕焼き込みが行えました!
ご助言ありがとうございました。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

VVenCguiEx
- VVenCによるVVC出力
- VVenCguiExの導入>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
Amatsukaze改造版
- AmatsukazeのAV1対応版

tsreplace
- tsの映像のみを置き換えて圧縮

rkmppenc
- Rockchip系SoCのhwエンコーダ

fawutil
- FAW(FakeAACWave)⇔aac変換
- 二重音声の取り扱いにも対応

x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定
- これまでの測定結果はこちら

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR