NVEnc 7.21

English change log and binaries>>

[NVEncC]
- 音声・字幕のtimestampに負の値が入ることがあったのを回避。

- Linux環境で、 PGS字幕をコピーしようとするとpgs_frame_mergeが見つからないというエラーが発生するのを回避。
ご指摘いただいた問題の修正。NVEnc 7.15から発生していた。

[NVEnc.auo]
- 出力する動画の長さが短い場合の警告を追加。



※NVEnc 6.00から導入方法が変更されていますのでご注意ください。
※Aviutl向けには、Aviutl_NVEnc_7.xx.zip をダウンロードしてください。
ダウンロード>>

NVEncの導入
NVEncCオプション一覧>


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

Aviutlの拡張NVEnc出力で出力形式AV1モードCQPを選択した場合QPを51以上に設定できないのは仕様でしょうか?

No title

いつもお世話になっております。

コマンドラインからNVEncCを使っていますが。
assの字幕を映像に焼き込むことはできますか?
NVEncCオプション一覧を見てみても、muxの例しかないようです。

No title

> AV1モードCQPを選択した場合QPを51以上に設定できないのは仕様でしょうか?

申し訳ありません。H.264/HEVCと同じ範囲でしか指定できないので、現状難しそうです。


> assの字幕を映像に焼き込む

--vpp-subburnをお試しいただければ幸いです。
https://github.com/rigaya/NVEnc/blob/master/NVEncC_Options.ja.md#--vpp-subburn-param1value1param2value2

No title

下のほうを完全に見落としてしまいました。大変助かりました!

返信していただき、誠にありがとうございました。


No title

度々申し訳ありません。

TSファイルをそのまま入力しても、字幕は焼き込まれないようです。

TMPGEnc MPEG Smart RendererでTSファイルを再出力したり
MKVToolNixでTSをMKVにmuxし直したりすると--vpp-subburnが正常に働きます。

どうしたら良いのでしょうか。



そのまま(一部関係なさそうな内容は省略)

D:\NVEncC\x64\NVEncC64.exe" --vpp-subburn filename="J:\test\test.ass" --audio-copy -i J:\test\test.ts -o "J:\test\test.mp4"
--------------------------------------------------------------------------------
J:\test\test.mp4
--------------------------------------------------------------------------------
[aac @ 000001c41cbd24c0] decode_pce: Input buffer exhausted before END element found
[mpeg2video @ 000001c41cbd1880] Invalid frame dimensions 0x0.
[mpeg2video @ 000001c41cbd1880] Invalid frame dimensions 0x0.
[mpeg2video @ 000001c41cbd1880] Invalid frame dimensions 0x0.
[mpeg2video @ 000001c41cbd1880] Invalid frame dimensions 0x0.
[mpeg2video @ 000001c41cbd1880] Invalid frame dimensions 0x0.
Shaper: FriBidi 1.0.11 (SIMPLE)
Using font provider directwrite
NVEncC (x64) 6.10 (r2269) by rigaya, Aug 25 2022 13:07:18 (VC 1929/Win)

Vpp Filters cspconv(nv12 -> yv12)
subburn: J:\test\test.ass, scale x1.00
cspconv(yv12 -> nv12)
Output Info H.264/AVC high @ Level auto
1440x1080p 4:3 29.970fps (30000/1001fps)
avwriter: h264, aac => mp4
Others mv:auto cabac deblock adapt-transform:auto bdirect:auto



再出力したTSやMKVの場合(一部関係なさそうな内容は省略)

D:\NVEncC\x64\NVEncC64.exe" --vpp-subburn filename="J:\test\test_TMSR.ass" --audio-copy -i J:\test\test_TMSR.ts -o "J:\test\test_TMSR.mp4"
--------------------------------------------------------------------------------
J:\test\test_TMSR.mp4
--------------------------------------------------------------------------------
Shaper: FriBidi 1.0.11 (SIMPLE)
Using font provider directwrite
NVEncC (x64) 6.10 (r2269) by rigaya, Aug 25 2022 13:07:18 (VC 1929/Win)

Vpp Filters cspconv(nv12 -> yv12)
subburn: J:\test\test_TMSR.ass, scale x1.00
cspconv(yv12 -> nv12)
Output Info H.264/AVC high @ Level auto
1440x1080p 4:3 29.970fps (30000/1001fps)
avwriter: h264, aac => mp4
Encoder Preset default
Rate Control CQP I:20 P:23 B:25
ChromaQPOffset cb:0 cr:0
Lookahead off
GOP length 300 frames
B frames 3 frames [ref mode: disabled]
Ref frames 3 frames, MultiRef L0:auto L1:auto
AQ off
Others mv:auto cabac deblock adapt-transform:auto bdirect:auto
fontselect: (MS PGothic, 700, 0) -> MS-PGothic, 2, MS-PGothicU 88%, VE 99%, VD 68%, est out size 78.2MB


主な違いとして、そのままだと、冒頭に

[aac @ 000001c41cbd24c0] decode_pce: Input buffer exhausted before END element found
[mpeg2video @ 000001c41cbd1880] Invalid frame dimensions 0x0.
[mpeg2video @ 000001c41cbd1880] Invalid frame dimensions 0x0.
[mpeg2video @ 000001c41cbd1880] Invalid frame dimensions 0x0.
[mpeg2video @ 000001c41cbd1880] Invalid frame dimensions 0x0.
[mpeg2video @ 000001c41cbd1880] Invalid frame dimensions 0x0.

という内容ができてます。

再出力したものでは、これらが出てきませんが、最後のほうに「fontselect: (MS PGothic, 700, 0) -> MS-PGothic, 2, MS-PGothicU 88%, VE 99%, VD 68%, est out size 78.2MB」が出てきます。これで字幕が正常に焼き込まれるようです。

No title

vpp-subburnでの字幕の焼き込みは、基本的には同一ファイルの字幕焼き込み用に作成しました。

別ファイルからの焼き込みで動画の開始時刻と字幕のti
開始時刻がずれている場合、一応補正する計算を入れているはずですが入力ファイルによっては正常に動作しない可能性があります。 状況は個々の入力ファイルにより異なるため、残念ながらはっきりとは分かりません。

そのような場合の解決策はご指摘のとおりです。

今回の場合、通常のtsは映像の開始時刻は0ではなく、字幕のほうは0と思われます。再mux により正常になるのは映像側の開始時刻が0になるためと思われます。

ちらつき

こんにちは、いつもありがたく使わせて頂いています。
720x480の動画を852x480に拡大する時、aqを指定してたら動画に縦線がちらつくように表示されます。
こちらカラーバー生成のテスト動画ですが、ピンクや赤のバーにちらついてるのがわかると思います。

ffmpeg -hide_banner -nostats -f lavfi -i testsrc2=s=720x480:d=20 -f yuv4mpegpipe - | NVEncC --y4m -i - --output-res 852x480 --aq -o test.mp4

字幕の焼き込みについて

なるほどです。そういうことでしたか。勉強になりました。

ご返信ありがとうございました。

Re: ちらつき

コメントありがとうございます。

いろいろ調べてみたのですが、どうも--aq内部の処理によるものと思われるので、アプリ側での対策は難しいです。

回避策としては、対症療法的ですが、
- 854x480, 704x396などにリサイズする (なぜか発生しない)
(- aqを使用しない)
などをご検討ください。

よろしくお願いいたします。

Re: ちらつき

調査して頂きありがとうございます。
NVENC自体の問題っぽいですのね…
提示して頂いた回避策を取ろうかと思います。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

VVenCguiEx
- VVenCによるVVC出力
- VVenCguiExの導入>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clcufilters 
- OpenCL/CUDAのGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
Amatsukaze改造版
- AmatsukazeのAV1対応版

tsreplace
- tsの映像のみを置き換えて圧縮

rkmppenc
- Rockchip系SoCのhwエンコーダ

fawutil
- FAW(FakeAACWave)⇔aac変換
- 二重音声の取り扱いにも対応

x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定
- これまでの測定結果はこちら

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR