x264guiEx 3.17

- オブジェクトエクスプローラからドラッグドロップしたファイルがある場合の出力に対応。
いただいた要望の反映。

- 同梱のx264をr3106に更新。



※x264guiEx 3.00から導入方法が変更されていますのでご注意ください。

ダウンロード>>

x264guiEx 3.xxの導入方法
x264guiExのエラーと対処方法


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

助けてください

初めまして。筆者様のソフトにはいつもお世話になっております。この度、1~2年ぶりにAviutlを使おうとしたら、Versionが1.0から1.1になっていたので更新して、拡張QSVとX264guiもかなりversionが古かったので最新に更新しましたが、更新した途端に、エンコ時に”ファイルに出力に失敗しました”とエラーが出て困っています。可能な限りググったり、筆者様の過去のブログやコメントを読み返しましたが、有力な情報を得られず、困り果てております。
今から、可能な限りエラーの詳細を書きますので、長くなりますが、助言等ありましたらどうかよろしくお願いします。

まず、更新後にいつも通り、拡張QSV出力をしようとしたら、以下の文が出てきてエラーとなります。
QSVEncC.exe finished with error!
auo [error]: QSVEnc が予期せず途中終了しました。QSVEnc に不正なパラメータ(オプション)が渡された可能性があります。
auo [error]: QSVEnc が予期せず途中終了しました。QSVEnc に不正なパラメータ(オプション)が渡された可能性があります。
auo [info]: 音声処理の終了を待機しています...
auo [info]: CPU使用率: Aviutl: 4.73% / QSVEnc: 14.69%
auo [info]: QSVEncエンコード時間 : 0時間 0分 2.5秒
auo [info]: 音声処理の終了を待機しています...
auo [info]: AAC で音声エンコードを行います。 ビットレート指定, 256kbps
auo [info]: 総エンコード時間 : 0時間 0分 3.0秒
auo [info]: エンコードを中断しました。

そして、QSVが利用可能か確認 [ダブルクリック].batをしてみたところ、以下のような文字が赤文字で出てきました。
QSVの情報を取得しています...
InitSession(d3d11): undeveloped feature..
InitSession(d3d9): undeveloped feature..
Failed to init session: undeveloped feature..
InitSession(d3d11): undeveloped feature..
InitSession(d3d9): undeveloped feature..
Failed to init session: undeveloped feature..
InitSession(d3d11): undeveloped feature..

その後に自動でqsv_check.htmlへ飛ばされ、QSVEnC情報のページに移りました。
自分のQSVEnC情報では以下のように表示されました。
QSVEncC (x86) 7.34 (r2999) by rigaya, Feb 13 2023 12:31:55 (VC 1934/Win)
Intel Media SDK API v2.08
reader: raw, avi, avs, vpy, avsw, avhw
OS : Windows 10 x64 (19044) [UTF-8]
CPU: Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz (4C/8T)
RAM: Used 5504 MB, Total 32715 MB
GPU:

そして、上記の情報の下に、QSVが使用できません。以下の項目を確認してみてください…っと出たので、1~3の項目を全て試して見ましたが解決しませんでした。
1.Core i7-7700KがQSVに対応しているのは確認済み。そもそも更新前は問題なく出来ていた。
2.ディスプレイアダプタをクリックすると、GPUがちゃんと表示される。※Intel GPU以外のGPUを搭載しているので、Intel GPUは非表示でした。自分のGPUは、NVIDIA GeForce GTX 1070です。
3.Intel GPUのドライバをインストールし、再起動しましたが変化なし。

では、Aviutl自体にちゃんとQSVやx264の更新が出来ていないのか確認しましたが、出力プラグインの情報を見る限りでは、出来ていると思われるのです…。
Aviutlのメニュー→その他から見れる出力プラグイン情報は、以下の通りです。
Animated Gif Export 0.5beta by Maverick Tse (AgiExport.auo)
拡張編集AVI/BMP出力(RGBA) version 0.03 By K E Nくん(exedit.auo)
拡張 QSV 出力 7.34 by rigaya (QSVEnc.auo)
拡張 x264 出力(GUI) Ex (x264guiEx) 3.17 by rigaya (x264guiEx.auo)
 
エラーの詳細は以上です。
自分は、Aviutlのソフトやプラグインに関する知識は、ググってネットの言う通りにしか出来ない程度にはからっきしです。どこが問題なのかすら分からない状態なので、ご教示頂けたらこの上なく幸いです。足りない情報があればいくらでも追記します。
改めて、よろしくお願いします。

Re: 助けてください

>> ※Intel GPU以外のGPUを搭載しているので、Intel GPUは非表示でした。自分のGPUは、NVIDIA GeForce GTX 1070です。

こちらがおそらく原因となります。

ディスプレイアダプタのところでIntel GPUが表示されていないと、QSVは使用できません。

dGPUありの環境でQSVを使用するには、BIOSの設定のどこかにある「iGPU Multi Monitor」をEnabledにして(マザーボードメーカーによってどこに設定があるか違うと思います)、デバイスマネージャーでIntel GPUが表示されるようになっている必要があります。

あるいは
・GTX1070搭載であれば、NVEncを使用いただく
・x264guiExでCPUでエンコードする
のもよいかもしれません。

よろしくお願いいたします。

No title

とても早い返信、ありがとうございます。
例え返信できたとしても時間がかかるだろうなあと思いながら、コメントを投稿したのですが、まさかこんな一瞬で見つけて頂けるとは…。

マザーボードのBIOSでEnabledにする下りは、確かに心当たりがあります。
確か、キャプチャーソフトのMonsterX U3.0Rが読み込まない時にググって似たようなことをしたことがあります。

それで、メモリを増設した時に何故かEnabledの設定が戻っていたので、再び設定をした覚えがあって…。
今回QSVが出来なくなったのも、その確率が高そうですね。
早速試そうと思います。ありがとうございます。

ちなみに、気になる点がありまして、
>>あるいは・GTX1070搭載であれば、NVEncを使用いただく

の所なのですが、QSVとNVEncって、どちらの方が望ましいのでしょうか。
CPUの負荷を減らす的な意味では、NVEncを使ったほうが良いのか?エンコードの速度や質はどちらの方が上なのか?
自分のCPU: Intel Core i7-7700KとGPUを踏まえたらどちらが良いのか、やはり自分では皆目見当がつかないので、ご教示頂ければ幸いです。

ちなみに、
・x264guiExでCPUでエンコードする

っていうのは、コメントではしてなかったのですが、それでのエンコードは出来ているんですよ。しかし、一度QSVでのエンコードを知ってしまったが最後、もうCPUでエンコードをするのは考えられない程度にハマってしまって…。

CPUエンコだと、他のPC作業がまともにできないわ、エンコの速度も遅いわで、もうあのエンコに戻るってのは無理ですね…。

Re: No title

Core i7-7700KのQSVとGTX1070のNVEncですと、H.264の画質に関してそれほど大きな差はありません(SSIMの比較ではQSVがよく、VMAFスコアの比較ではNVEncのほうが良いのですが、いずれにしても大きな差ではないです)

速度についてもAviutlから使用する場合には、大きな差は生じないと思います。

No title

分かりました。
それなら、すでに導入済みで慣れている方のQSVの方でやっていきたいと思います。

それと、QSVのエラーはおっしゃる通り、enableにすることで完全に解決しました。
本当に助かりました。ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

VVenCguiEx
- VVenCによるVVC出力
- VVenCguiExの導入>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clcufilters 
- OpenCL/CUDAのGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
Amatsukaze改造版
- AmatsukazeのAV1対応版

tsreplace
- tsの映像のみを置き換えて圧縮

rkmppenc
- Rockchip系SoCのhwエンコーダ

fawutil
- FAW(FakeAACWave)⇔aac変換
- 二重音声の取り扱いにも対応

x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定
- これまでの測定結果はこちら

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR