Amatsukaze 改造版 0.9.2.6

QSVEncのAV1対応について質問いただいたときに勝手にforkして作成したAmatsukaze改造版(AV1対応版)をこちらにおいています。
https://github.com/rigaya/Amatsukaze

AV1エンコード時に発生する問題についてコメントいただいたので、その緊急回避策として、自分でAV1用に改造していたものをお出ししただけのつもりで、基本的にはAV1対応だけで終わりにする予定でした (ただ、その後自分で作った不具合があったのでさらに更新した)

なので、申し訳ないのですが、どのぐらい更新するかはちょっと未定です。

・そもそもオリジナルが完成度が高いのであまり更新いらないのかも?

・私自身がAmatsukazeをそれほど深く使っていないので、わからないことが多い

・実装上難しい点が多い
 ・AMTSource、AvisynthNeo関連、KFM等のCUDA Filterは難易度高すぎ
 ・ts解析・読み込み関連などの知識も足らなそう (基本、ffmpegに任せたい)
  ・まあでもこの辺をいじる必要はなさそう

QSVEnc/NVEnc/VCEEncの更新等でも結構追いついてないこともあるので、あまり手を広げすぎると…というのもあります。

なので、優先度低めで更新しようかと思います。



注意点



予防線をはりまくですみませんが、

・一応ある程度テストはしていますが、Amatsukazeのヘビーユーザーではない(というか基本的な機能しかほとんど使ったことがない)ので、そんな機能もあったのか、みたいなことで漏れ等あるかもしれません。

・Unitテストがあるのですが、OpenCVをビルドするのがとてもしんどいのでやってないです(勘弁して…



0.9.2.6の更新点



・音声エンコーダ用のオプションが誤って映像エンコーダに設定されてしまう問題を修正。

nekopanda氏は、「音声フォーマット無視オプション」に代わって音声エンコード機能を追加されたようです。
https://github.com/nekopanda/Amatsukaze/commit/5a75100d6b13034ff32ad40cc52471f2dabf3433

その際、音声エンコーダのオプションを引き渡す"-aeo"オプションの処理に問題があったようで、これを修正しました。



その他



QSVEnc/NVEnc/VCEEncの--output-res使用時には、必ずSAR=1:1となります。これは、AmatsukzeのGUI側でリサイズした場合に合わせたつもりです。

リサイズを行わない場合、--output-resを使用しない場合には、入力ファイルのSAR比が引き継がれるはずです。



ダウンロード>>


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

本家の更新が止まって久しいので、rigayaさんのフォローは、限定的であってもとても助かります。
nekopandaさんは、要望を汲み上げて、細かなところに手が届く仕様に作り上げてくださったので、本当に感謝していました。更新が無くなってからは、自分でrigayaさんビルドのx265に入れ替えたり、他のツールも更新したりして使ってきました。
これからも、ご負担にならない範囲で、どうかよろしくお願いいたします。

No title

一点だけ、勝手な要望なのですが、追加してくださった「muxerの代わりにmp4boxを使用する」を、プロファイルで選択できるようにしていただけませんか。なぜか、x265でエンコードしてmp4boxでmuxすると、シークできないファイルができてしまいます。当方の環境の問題なのかもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。

Re: No title

コメントありがとうございます。可能な範囲で更新等できればと思います。

> x265でエンコードしてmp4boxでmuxすると、シークできないファイルができてしまう

なんと…。

試してみたのですが、手元ではmpc-beで普通にシークできてしまい、再現できていません。

基本的には処理はなるべく統一しておいたほうがシンプルなので、できれば問題をこちらで再現して、現状の方法でもシークできるようにならないか調査してみたく思います。

もちろん、調査してもうまくいかない場合は、そもそもmp4boxが必要なのはAV1のときだけなので、AV1のときだけmp4boxを使用するようにするにして、H.264/HEVCのときにはmuxerを使用するように戻そうかなと思います。

まずは調査のため、よろしければお手数ですが以下の情報等をお教えいただいけないでしょうか。

・エンコーダの追加オプション
・インターレース解除の設定(解除方法/出力fps/タイミング)
・x265のバージョン (0.9.2.6添付のものでしょうか?)
・mp4boxのバージョン (0.9.2.6添付のものでしょうか?)
・シークできなかったプレイヤー(再生環境)

なお、手元では下記で検証していました。

・Amatsukaze 改造版 0.9.2.6
・x265_3.5+67_x64
・mp4box 0.9.2.6添付
・インタレ解除: KFM/VFR/120fps

エンコードからmuxまでは、こんな感じに処理されておりました。

"C:/ProgramEx/Amatsukaze/exe_files/x265_3.5+67_x64.exe" --colorprim bt709 --transfer bt709 --colormatrix bt709 --preset faster --crf 24 --zones 0,775,b=1.34/776,7207,b=1.33/7208,7551,b=1/7552,12991,b=1.36/12992,13846,b=1.28 --frames 13847 -o "F:/temp/Amatsukaze/amt8351583/v0-0-0-main.raw" --no-opt-qp-pps --no-opt-ref-list-length-pps --y4m --input -

"C:/ProgramEx/Amatsukaze/exe_files/mp4box.exe" -brand mp42 -ab mp41 -ab iso2 -add "F:/temp/Amatsukaze/amt8351583/v0-0-0-main.raw#video:name=Video:fps=60000/1001:par=4:3" -add "F:/temp/Amatsukaze/amt8351583/a0-0-0-0-main.aac"#audio:name=Audio0 -new "F:/temp/Amatsukaze/amt8351583/t0-0-0-main.mp4"

"C:/ProgramEx/Amatsukaze/exe_files/timelineeditor.exe" --track 1 --timecode "F:/temp/Amatsukaze/amt8351583/v0-0-0-main.avstmp.timecode.txt" --media-timescale 240000 --media-timebase 1001 "F:/temp/Amatsukaze/amt8351583/t0-0-0-main.mp4" "Z:/dvd/[出力ファイル名].mp4"

"C:/ProgramEx/Amatsukaze/exe_files/mp4box.exe" -brand mp42 -ab mp41 -ab iso2 -chap "F:/temp/Amatsukaze/amt8351583/chapter0-0-0-main.txt" "Z:/dvd/[出力ファイル名].mp4"



No title

rigaya様。

返信、ありがとうございます。お時間を取らせてすみません。

情報をお伝えいたします。

・エンコーダの追加オプション
-P main10 --crf 24 --asm avx2

・インターレース解除の設定(解除方法/出力fps/タイミング)
KFM/VFR/60fps

・x265のバージョン (0.9.2.6添付のものでしょうか?)
x265_3.5+67_x64.exe

・mp4boxのバージョン (0.9.2.6添付のものでしょうか?)
Amatsukaze 改造版 0.9.2.6添付の物です。

・シークできなかったプレイヤー(再生環境)
MPC-BE 1.6.1
Windows標準のメディアプレイヤー
Windows標準の「映画&テレビ」

エンコードの処理の様子を記しておきます。

"C:/Tool_Program/Video/Amatsukaze/exe_files/x265_3.5+67_x64.exe" --colorprim bt709 --transfer bt709 --colormatrix bt709 -P main10 --crf 24 --asm avx2 --zones 0,4047,b=1.37/4048,12967,b=1.37/12968,13567,b=1/13568,20887,b=1.37/20888,34055,b=1.36/34056,34087,b=1.03/34088,34655,b=1.34/34656,34679,b=1.08/34680,35023,b=1.37/35024,35063,b=1.25/35064,35207,b=1.1/35208,35367,b=1.32/35368,36197,b=1.38 --frames 36198 -o "W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/v0-0-0-main.raw" --no-opt-qp-pps --no-opt-ref-list-length-pps --y4m --input -

"C:/Tool_Program/Video/Amatsukaze/exe_files/mp4box.exe" -brand mp42 -ab mp41 -ab iso2 -add "W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/v0-0-0-main.raw#video:name=Video:fps=60000/1001:par=4:3" -add "W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/a0-0-0-0-main.aac"#audio:name=Audio0 -new "W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/t0-0-0-main.mp4"

"C:/Tool_Program/Video/Amatsukaze/exe_files/timelineeditor.exe" --track 1 --timecode "W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/v0-0-0-main.avstmp.timecode.txt" --media-timescale 120000 --media-timebase 1001 "W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/t0-0-0-main.mp4" "[出力ファイル名].mp4"

"C:/Tool_Program/Video/Amatsukaze/exe_files/mp4box.exe" -brand mp42 -ab mp41 -ab iso2 -add "W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/c0-0-0-0-main.srt#:name=SRT" -chap "W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/chapter0-0-0-main.txt" "[出力ファイル名].mp4"


なお、最初のMP4BOXの所を、muxerを使用するように以下のように書き換えると、問題なくシークできました。

"C:/Tool_Program/Video/Amatsukaze/exe_files/muxer.exe" -i "W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/v0-0-0-main.raw/v0-0-0-main.raw?fps=60000/1001" -i "W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/a0-0-0-0-main.aac" --optimize-pd -o ""W:/Amatsukaze_Temp/amt7573525/t0-0-0-main.mp4"


その後、もしやと思いMPC-BEを最新の1.6.5.3に更新したところ、シークできました。muxerでmuxしたものはどちらででも問題なかったので、プレーヤーの性とは思いもしませんでした。すみません。

ただ、Windows標準のメディアプレイヤーや「映画&テレビ」等では、やはりシークできないようです。デコーダーとの相性なのかもしれません。

また、元のmuxerについているオプションの「--optimize-pd」がカギかと思い、該当するMP4BOXのオプションを探して「-HINT」などを足してみましたが、変化なしでした。

さらに不思議なのは、x265ではなく、NVENCでエンコードしたものは、MP4BOXでmuxしていても問題なくシークできます。

こうした状況です。大変申し訳ないのですが、対処方法などわかりましたら、どうかよろしくお願いいたします。

2chと5.1chが混合したTSファイルをエンコする時に、qaacで音声をエンコすると2chになってしまうのは仕様でしょうか?
音声エンコードの設定はビットレート指定なし、オプションは何も指定していません。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

VVenCguiEx
- VVenCによるVVC出力
- VVenCguiExの導入>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定
- これまでの測定結果はこちら

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR