Intel Arc A380のQSV画質比較 (2022.08) 実写編

※2022.08.11 22:15: Arc A380のエンコード速度について初出時には過小評価しており、修正を行いました。画質については、変更ありません。

この前Intel Arc A380をゲットしたので、現時点でのQSVの画質比較を行ったみた。

AV1 HWエンコードのテストも行っているが、現時点のoneVPLではあまりAV1関連パラメータは指定できないので、今後のAPIの整備やドライバの更新等により、状況は変化しうるので注意。まずは現時点での性能、ということで。

テストは、2月に行ったテストと同じものなので、Intel Arc A380以外については、2月の結果を流用している。

また、Arc A380については、3259 Betaドライバ(2022/7/29) を使用した。通常版のドライバは30.0.101.1743(2022/7/6)だが、このドライバではQSVがCQPモード以外まともに動かないので、QSVをしたい場合は現状3259ドライバのほうがよいと思う。

ただ、3259ドライバでもHEVCエンコーダは非常に不安定で、エラー終了することもちょいちょいあったので、HEVCに関しては今回のテストは参考程度ということになるかもしれない。

環境
CPUi9 12900K
コア数8P+8E / 24T
L2 Cache14MB
L3 Cache30MB
電圧Offset -0.13V~0.00V
PL1/PL2241W
tau56s
IccMaxUnlimited
メモリDDR4-3600 2ch
メモリ容量8GBx4
タイミング16-19-19-39-1
メモリコントローラGear1
iGPUIntel UHD Graphics 770 (32EU)
(ドライバ: 30.0.101.1191)
dGPUIntel Arc A380 (128EU)
(ドライバ: 30.0.101.3259 Beta)
dGPUNVIDIA Geforce RTX 2070 (ドライバ : 497.29)
マザーMSI MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4
冷却Corsair iCUE H150i RGB PRO (360mm)
電源Seasonic FOCUS PX-750
ケースThemaltake Core V71
OSWindows 11 22000


エンコーダ
QSVEncC 6.08
QSVEncC 7.07 (DG2用)
NVEncC 5.43

入力動画
MPEG2 1920x1080 29.97fps 5203frame
AvisynthのLWLibavVideoSourceで読み込み (SWデコード)

使用コマンド
qsv H.264 (-u 1:quality, 4:normal)
--icq <x> -u <1,4>

qsv HEVC (-u 1:quality, 4:normal)
--icq <x> -u <1,4> -c hevc

qsv HEVC 10bit (-u 1:quality, 4:normal)
--icq <x> -u <1,4> -c hevc --profile main10 --output-depth 10

qsv H.264 FF (-u 1:quality, 4:normal)
--icq <x> -u <1,4> --fixed-func

qsv HEVC FF (-u 1:quality, 4:normal)
--icq <x> -u <1,4> --fixed-func -c hevc

qsv HEVC FF 10bit (-u 1:quality, 4:normal)
--icq <x> -u <1,4> --fixed-func -c hevc --profile main10 --output-depth 10

qsv AV1 FF (-u 1:quality, 4:normal)
--icq <x> -u <1,4> --fixed-func -c av1

qsv AV1 FF 10bit (-u 1:quality, 4:normal)
--icq <x> -u <1,4> --fixed-func -c av1 --output-depth 10

nvenc H.264
--vbrhq 0 --vbr-quality <x> --preset quality --weightp --bref-mode each --lookahead 32 --level 5.1

nvenc HEVC
--vbrhq 0 --vbr-quality <x> --preset quality --weightp --bref-mode each --lookahead 32 -c hevc --level 6

nvenc HEVC 10bit
--vbrhq 0 --vbr-quality <x> --preset quality --weightp --bref-mode each --lookahead 32 -c hevc --level 6 --output-depth 10

nvenc HEVC + Bframes
--vbrhq 0 --vbr-quality <x> --preset quality --weightp --bref-mode each --lookahead 32 -c hevc --level 6 -b 3

nvenc HEVC 10bit + Bframes
--vbrhq 0 --vbr-quality <x> --preset quality --weightp --bref-mode each --lookahead 32 -c hevc --level 6 --output-depth 10 -b 3



bitrate-ssim
縦軸SSIMが高いほど画質がよく、横軸ビットレートが小さいほど圧縮できているので、左上にいればいるほど良いことになる。

※凡例の □ をクリックすると、グラフ線のオン/オフができます。
※マウスをグラフの 〇 のところにあてると、値が確認できます。

先ほども書いたが、ArcA380のHEVCエンコードは3259 Betaドライバでも不安定で、HEVC 8bitは特定のICQで異常終了、HEVC 10bitは全滅という状態だったので、HEVCの結果が不安定になってしまって、参考程度と見たほうがよいかもしれない。

QSVはH.264エンコードについては少なくともKabylake以降特に変化はなかったが、Arc A380のH.264エンコードは12900Kよりもさらに進化し、画質ー容量比が改善している。

HEVCについては、12900Kと比べて画質ー容量比が悪化しているが、そもそもあまり安定していない以上、これが本当の実力なのかは怪しいところ。後ほど公開するアニメ編では、HEVCエンコーダについても改善が見られた。

AV1エンコードについては、第1世代ということもあるのか、HEVCより画質ー容量比が悪く、H.264とだいたい同程度ぐらいになっている。このあたりはドライバやoneVPL APIの更新等で改善に期待したいところ。



bitrate-fps
今度は縦軸をエンコード速度(fps)にとったもの(対数軸)。

※凡例の □ をクリックすると、グラフ線のオン/オフができます。
※マウスをグラフの 〇 のところにあてると、値が確認できます。

Arc A380のH.264エンコードの速度はqualityで250fps前後、normalでは360fps前後と非常に高速。

Arc A380のHEVCエンコードの速度は、不安定だったのでこれを実力とみていいのかはあるが、12900KのPGよりはだいぶ速く、ただ、FFよりはやや遅い中間ぐらいの速度で、preset=qualityで220fps前後、normalで270fps前後となっている。

Arc A380のAV1エンコードの速度は、8bitは230fps以上と比較高速なものの、10bitだとやや遅く180fps程度となっている。

あとはまあ、全体的にArc A380のエンコード速度は安定していないのが若干気になる…。



というわけで、ひととおりIntel Arc A380のHWエンコード性能をチェックしてみた。

なぜかHEVCエンコードは不安定で困ってしまったが、H.264エンコードがさらに進化し、AV1エンコードの初代としてはそこそこのものとなっていることが確認できた。エンコード速度はなかなか優秀で、内臓GPUと比べかなり高速にエンコード可能な場面が多い。

HEVCについてはまずは安定して動くようになってほしいところ。AV1についてはドライバ等でもしかするとさらに改善の余地があるのかもしれないし(ないかもだが)、また次世代のハードウェアでの継続的な進化を期待したいと思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR