Video Engine Load 100% の謎

Video Engine 100%といえば、エンコーダを使い切れててうれしい、という話に普通はなるのだが、今回は残念ながらそういう話ではない。

エンコードしなくても、アイドル時にそうなってしまうという、珍妙な現象に遭遇してしまったという話。

実際どんな感じかというと、こんな感じ。ちなみに5分ぐらい放置してもずっとこのままだった。

20220731_gpuz_gtx1060_ve100always_aspm_auto.png

GPUロード、メモリコントローラロード0、エンコードはしていない、完全にアイドル状態のはずなのだが、なぜかVideo Engine Load 100%で、これのせいでGPUがアイドルに入らず、Boad Powerが33~34Wという状態になってしまっている。

そもそもは、この前、Intel Arc A380をゲットしてベンチマークをいろいろとったあと、最後に効率的にQSV/NVENCの検証環境として使えるように、RTX2070/GTX100/ArcA380を刺した状態にした。

IMG_20220801_9401.jpg

すると、GTX1060のNVENCがうまく動作しなくなり(RTX2070のほうは問題ない)、アイドル電力が異常に高く(134W)なっていることに気づいた。で、GPU-Zで確認するとさっきの状態になってしまっていた。

・OS再起動
・NVIDIA GPUドライバのクリーンインストール

では改善できなかったので、いろいろ確認すると、GTX1060がCPU直結のPCIeレーンにあるときは問題なく、2本あるZ690のPCIeレーンだとどちらでも問題が発生してしまった。

GPU3枚がいかんのかと思ったけど、よく考えたら世の中には平気でGPU8枚とか(もしかしてそれ以上?)ぶら下げている怖い人もいるので、3枚程度では問題にならなそう。

調べてみるとこの症状(Video Engine Load 100)はまれにあるようだが、件数は少ないこともあっていまいち解決法はよくわからず、仕方なくOS再インストールを試したがこれでも改善できなかった。

ここで、BIOSアップデートで改善したという記述を見つけたので、やってみるとやっと問題が解消した。(ここにたどり着くまでかなり時間かかった)

さらに原因を追い込んでいくと、BIOSアップデートそのものが効果があったわけではなく、BIOSアップデートによりBIOSの設定が初期化されたことに意味があったよう。より具体的にはBIOSでASPMを有効にするとこの問題が発生することがわかった。このマザーはPCIeのポートごとにASPMの設定を変更できるため、現状はGTX1060を搭載するPCIeポート(Port2)だけ、ASPMを無効にしている。

MSI_SnapShot_20220802_11.jpg

これでGTX1060でもNVENCが元通り利用可能になり、アイドル電力も134W→90W程度まで削減できた。

ただ、ベンチマークをする前はASPMを有効にしたZ690のPCIeレーンでGTX1060を使っていてもこんなことにはならなかったので、なにが本当の原因かはよくわからなくてちょっと気持ち悪い。まあとりあえず、問題は解消したのでよかった。

20220731_gpuz_gtx1060_ve100always_aspm_disabled.png
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR