svtAV1guiEx 1.00

svtAV1guiExについても、新しい開発環境に移行。

同時に、x264guiExに行った、より簡単な新しいインストール方法への移行や、エラーメッセージの改善などいろいろな更新を行った。



ダウンロード>>

svtAV1guiExの導入



続きに更新内容の詳細を。

- Visual Studio 2022に移行。
- .NET Framework 4.8に移行。
- 同梱の実行ファイルを更新。(1.0.0-rc1-5)
- svt-av1 1.0.0-rc に合わせ設定画面を更新。
- パッケージのフォルダ構成を変更。
- 簡易インストーラによるインストールを廃止。
- パスが指定されていない場合、exe_files内の実行ファイルを検索して使用するように。
- ログに使用した実行ファイルのパスを出力するように。
- 相対パスでのパスの保存をデフォルトに。
- エンコードするフレーム数が0の場合のエラーメッセージを追加。
- ログの保存に失敗すると、例外が発生していたのを修正。
- ログの保存に失敗した場合にその原因を表示するように。

- 拡張編集使用時の映像と音声の長さが異なる場合の動作の改善。
拡張編集で音声を読み込ませたあと、異なるサンプリングレートの音声をAviutl本体に読み込ませると、音声のサンプル数はそのままに、サンプリングレートだけが変わってしまい、音声の時間が変わってしまうことがある。
拡張編集使用時に、映像と音声の長さにずれがある場合、これを疑ってサンプリングレートのずれの可能性がある場合は音声のサンプル数を修正する。

- muxエラーの一部原因を詳しく表示するように。
mp4出力で対応していない音声エンコーダを選択した場合のエラーメッセージを追加。

- エラーメッセージ
「x264が予期せず途中終了しました。x264に不正なパラメータ(オプション)が渡された可能性があります。」
の一部原因を詳しく表示するように。

1. ディスク容量不足でエンコードに失敗した場合のエラーメッセージを追加。
2. 環境依存文字を含むファイル名- フォルダ名で出力しようとした場合のエラーメッセージを追加。
3. Windowsに保護されたフォルダ等、アクセス権のないフォルダに出力しようとした場合のエラーメッセージを追加。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

CQP

CQPで設定したオプションがコマンドとして設定されていないのでは?

No title

GUI下部の「svtAV1guiExについて」のリンク先がx264guiExになっています

Re: No title

ありがとうございます。次回修正しておきます。

No title

svtAV1guiEx 0.12では音声opusでmp4出力ができていましたがsvtAV1guiEx 1.00では出力できなくなっています
仕様変更でしょうか?

No title

> リンク先
svtAV1guiEx 1.01で修正しました。

> opus
x264guiExに合わせた変更でしたが、mp4boxではopusがmp4に入れられるのですね。svtAV1guiEx 1.01では制限を解除しておきました。


https://rigaya34589.blog.fc2.com/blog-entry-1454.html

CQP

CQPが35の時だけ、コマンドに反映されてなかった。
-q がない。
いわゆる、「おま環」って言うやつなんだろうか?

Re: CQP

> CQPが35の時だけ、コマンドに反映されてなかった。
-q がないのは「おま環」ではなく、期待される動作です。

SVT-AV1のQP/CRFのデフォルトは35であるため、35のときのみ指定する必要がなく、コマンドとして出力されません。

このときログを確認いただくと、CQP=35になっているのが確認できると思います。

CQP

原因わかった。同梱の実行ファイルじゃなくて、
他のを使っているから、デフォルトが違ったみたい。
よそのexeは使うなってことかな

Re: CQP

特に他の実行ファイルを使ってはいけないということではありませんが、基本的には同梱のexeのデフォルトを調査して実装しているので、同梱のもの以外だと予期せぬ動作になることはあるかもしれません。

バージョンのチェック等を行う予定はありません。

同梱のバージョンは記載しているので、他の実行ファイルを使用する場合は参考としてください。

No title

①レート制御をCQPとCRFにした場合、速度設定を0~8と10以外はパラメータエラーになりますが、これは仕様でしょうか?

②コンソールウィンドウを右クリックするとコーデックの優先度がX264優先度と表示されますが、これは正しいのでしょうか?

③AVIUTLから出力ファイルの拡張子を指定しないで出力するとMP4になってしまいますが、これはAVIUTL側の仕様なのかAV1guiEx側の仕様なのか教えて下さい。

④エンコードを始めると、タスクマネージャからAVIUTLやSvtAV1Encが消える場合がある。
→タスクマネージャの再起動をすれば直ります。

私の環境だけの問題なら申し訳ありません。

Re: No title

いただいた質問については下記のとおりです。

1. デフォルトオプションから、速度設定のみを変更したところ、こちらでは特に問題なさそうです。同梱のSVT-AV1を使用されているか、他のオプションと干渉していないか、確認してください。

2. SVT-AV1優先度と読み替えてください。

3. 設定画面の右上[その他の設定] > [出力するファイルの種類のデフォルト]に従う、svtAV1guiEx側の仕様です。

4. タスクマネージャの表示については、こちらで制御しているものではございません。タスクマネージャの再起動で対応するか、タスクマネージャの[詳細]タブで確認するなどでご対応ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Re: Re: No title

早速のご回答ありがとうございます。

②~④については了解致しました。

①については既存のaviutlフォルダをコピーしてAV1環境構築をすると、エンコーダーの実行ファイルの場所がコピー元のフォルダを参照していて古いAV1を参照しているために出たエラーでした。

お手数をおかけして申し訳ありませんでした。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR