svtAV1guiEx 0.10

・簡易インストーラを追加。
動画エンコーダのSvtAv1EncApp.exe、音声エンコード用のffmpeg_audenc.exe、mux用のmp4box.exeをインストールする。

・プリセットのデフォルト値を修正。(8→12)
ご指摘いただいた問題の修正。

・Aviutlの開いているファイルを出力ファイルで上書きしないように。
出力ファイル名がAviutlで開かれているファイル名と同じである場合、エラー終了させるようにした。x264guiEx 2.71と同じ内容。

・同梱の実行ファイルを更新。(0.9.0+31)

・デフォルトの出力形式をmp4に変更。

・パラメータが設定されていない場合、 「ファイル出力に失敗しました」というメッセージしか出なかったのを改善。
これもx264guiEx 2.71と同じ内容。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

サイズの小さいのは、どのmp4boxを使えばいいのかなとか考えていたので、「mux用のmp4box.exe」の同梱は嬉しいなぁ。

tc2mp4modでmuxに失敗

手持ちのtc2mp4mod.exe(2008.06.17版)ではmuxに失敗しました。
作成ファイルは、映像、音声、timecodeとも作成されており、mkvの場合は正常なものが作成されます。
(エラーの内容)
auo [info]: mp4box (v1.1) でmuxを行います。映像: on, 音声:off, tc:off, chap:off, 拡張モード:なし
auo [info]: tc2mp4mod でmuxを行います。映像: on, 音声: on, tc: on, chap:off, 拡張モード:なし
auo [error]: mux後ファイルが小さすぎます。muxに失敗したものと思われます。
auo [error]: 推定ファイルサイズ 7808 KB, 出力ファイルサイズ 0 KB
auo [error]: tc2mp4mod でのmuxに失敗しました。
auo [error]: muxのコマンドラインは…
auo [error]: ".\exe_files\tc2mp4Mod.exe" -i "D:\AviUtl-out\test.mp4" -s "D:\AviUtl-out\test_audio.aac" -o "D:\AviUtl-out\test_muxout.mp4" -t "D:\AviUtl-out\test.timecode.txt" -T 120000 -b 1001 -L "C:\PRO\AviUtl\exe_files\mp4box.exe" -O " -brand mp42 "
tc2mp4mod [error]: Exporting AOM AV1 Video - Size 1920x1080

Re: tc2mp4modでmuxに失敗

tc2mp4mod.exeはav1に対応していないと思いますので、afsのVFR出力時はmp4出力ができません(仕様です)。案内が不足しており申し訳ありません。afsのVFR出力時はmkv出力が必要です。

afsでも24fps固定なら(あまり使わないとは思いますが)、拡張設定の24fps化にチェックをいれればmp4boxだけで24fps固定としてmp4にmuxできるようにはしています。

x264guiExにあったtc2mp4modの設定欄が残ってしまっているのが紛らわしい要因で、申し訳ありません。次回、設定欄を消しておきたいと思います。

muxに失敗の理由 了解です

ご説明ありがとうございます。
MKV出力でも支障ありません。
蛇足ですが、AMD製CPUの場合、物理コアの数値を指定した方が長時間エンコ(1ファイルのエンコ時間が概ね90分から2時間超えた当たりから処理速度が徐々に落ちる)での処理低下が少しだけ緩和されるようです。(環境にもよると思いますが)
例 Ryzen 7 RX3800X 8コアの場合 拡張シートの追加コマンド欄に --lp 8 を追記

速度設定について

初めてsvtAV1guiExを使わせていただきます。
速度設定(preset)についてですが、VBRの2passにすると、設定に関わらず、「8」になってしまいます。
CRFだと設定通りになります。
何か追加の作業が必要でしょうか?

Re: 速度設定について

VBR 2passではエンコードが2回実行されますが、初回は--preset 8で固定、2回目は設定値になるようにしております。

2passのコマンドラインについては、SVT-AV1のユーザーズガイドの"2 pass VBR 1000 Kbps at maximum quality from 24fps yuv 1920x1080 input"に書いてある例の "2 command lines" で実行するタイプを参考にしています。
https://gitlab.com/AOMediaCodec/SVT-AV1/-/blob/master/Docs/svt-av1_encoder_user_guide.md#2-pass-vbr-1000-kbps-at-maximum-quality-from-24fps-yuv-1920x1080-input

例では初回を--preset 8、2回目を--preset 0にて実行していることがわかります。初回は分析用なので、比較的軽いpresetを使用することが適していると思われます。svtAV1guiExでの出力時も、これに倣ったものとしております。

ただ、最近--presetが12まで追加されたので、初回は「"設定値"か"8"の大きいほう」に変更しようかと思います。

速度設定について

ご説明ありがとうございます。
2pass時のパラメーターを確認したところ、確かに設定したプリセットになっていました。
但し、変換速度からすると1passの時と同じく「8」になっていると思われます。
具体的には、我が家のPCでは、
プリセット「8」で 8~9fps/s、「5」だと2fps/s程度です。
プリセット「5」にして変換すると、1pass、2passともに8~9fps/sの速度が出ています。
これは2pass時も「8」として変換しているのか、それともこれが正常動作なのででしょうか?

Re: 速度設定について

> 2pass時のパラメーターを確認したところ、確かに設定したプリセットになっていました。
設定したプリセットになっていましたら、正常動作だといえると思いますがいかがでしょうか…

ログには、SVT-AV1が実際に認識したパラメータも表示されているかと思います。

--preset 4を指定すると2pass目のログに、

Svt[info]: SVT [config]: Preset : 4

と出ます。(ここが違っていれば意図した動作ではないですが)

これにより、プラグインから渡されたパラメータだけでなく、SVT-AV1にも指定したプリセットが正常に反映されていることが確認できるかと思います。

速度設定について

説明ありがとございます。
2pass時の表示を確認してみました。

Svt[info]: SVT [config]: Preset :

の部分は、Presetの後ろは空欄(表記なし)となっていました。
プラグインからのパラメーターでは「Preset 5」と表示されていましたので、SVT-AV1に反映されていないということでしょうか?

Re: 速度設定について

空欄だとたしかに反映されていないかもしれないですね。プラグイン側の問題か、SVT-AV1側の問題かもよくわからないです…。

ちょっと状況がつかめないですが、ログ全文がないと難しいかもしれません。

念のため、正常動作時のログを下記に置いてあります。本来はこのようになるはずなのですが…。
https://1drv.ms/t/s!AsYziax1Q91rvUfQEga7d1f0S-tC?e=S1c3Dc
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR