M.2 SSDにヒートシンク追加 (BA-HM02)

前回HDDをSSDに置き換えた録画PCだけど、前回追加したSSDとは別に、録画用にCorsair Force MP510 1.92TB x2を使用している。

今回は、これにヒートシンクをつけてみてどうなったかという話。

使うのは AINEX BA-HM02 というやつ。

そんなに大きなヒートシンクというわけではなさそうだけど、効果はどんなもんだろうか?

IMG_20211219_7967.jpg







PC構成はこんな感じ。

CPUCore i5 7500
コア数4C/4T
クロック
3.6GHz
冷却GELID SlimHero
マザー
Asrock H270M Pro4
メモリDDR4-2400 8GBx4
SSD1SanDisk SDSSDXPS480G
SSD2Corsair MP510 1.92TB x2
SSD3Sandisk SDSSDH3 4T00 x3
(4TB x3)
録画
P○3 x2
LANIntel X540-T2
OSWin 10 x64 Pro
ケースInWin IW-CE685/300P


このうち、基本的に録画はCorsair Force MP510 1.92TB x2 のほうに保存している。(こちらのほうが圧倒的にTBWも大きいので)

Asrock H270M Pro4 のM2スロットは2つあり、これを両方使用している感じ。最近のマザーのようにM2スロットにヒートシンクがあるわけではないので、そのまま使用していた。

ただ、CPUクーラーのファンの風が当たる上のほうのM2スロット(M.2_1)はともかく、下のほうのM2スロット(M.2_2)はあまり風があたる感じではないので温度が上がりやすい。

IMG_20211219_7975v2.jpg

これまでは、そんなに長時間SSDに大量にデータを書いたりはしないので、まあSSDはそのままでもいいかなと思っていた。

あと、よくある両面テープタイプの別売ヒートシンクは、しっかりくっつきすぎて取り外せなくなることがあるので、ヒートシンクをつけるのはちょっと敬遠していた。(実際に昔1枚外れなくなって無理に外すと壊しそうで外すのあきらめた…

けど、CrystalDiskInfoの記録によると、やはり時折SSDの温度がかなり上がってしまっていて、耐久性が損なわれないか気になる。今回、両面テープタイプでなく、放熱シリコンパッドで挟む感じで取り付けられるというヒートシンク(AINEX BA-HM02)を見つけたので、これをつけて対策してみることにした。



取り付け後はこんな感じ。取り付けは前述のとおり上下のパーツと放熱シリコンパッドで挟む感じで比較的簡単だった。

IMG_20211219_7978.jpg

実際にCrystalDiskMarkのベンチマークを回してみると、ヒートシンクに熱が伝わって暖かくなっていたので、ちゃんと役目を果たしているみたい。



M.2_2のほうのSSDの温度変化をCrystalDiskInfoで確認。ヒートシンク取り付け前後の約1週間で温度変化がどんな感じかな、というのを見てみる。(ヒートシンクは12/11の夕方に取り付け)

周期的な温度の変化は夜寝るときにエアコンを切ると室温が下がり、昼間エアコンを入れると室温が上がったりエンコードするとディスクアクセスが起こって温度が上がるという感じ。

Corsair_MP510_CrystalDiskInfo_Temp_20211219_ppt.png

まず、CrystalDiskMarkのベンチマークをそれぞれで実行している。ただし、この時ベンチマークはM.2_1のSSDとM.2_2のSSDを束ねたSSDに対して行っているので、2台のSSDに分散して読み書きしていていて、通常の1台のSSDにベンチマークするときよりは負荷は軽減されている状態になっている。

このベンチマーク時の温度は一目瞭然で70℃超えていたのが50℃弱になっていてかなり温度は下がっている。

その後の状態については、日々SSDへのアクセス量は一定ではないので、まあ大体の傾向しかわからないけど、ヒートシンク取り付け後は、それまでと比べるとなんとなく温度の振れ幅が抑えられていているかなあ、という感じでやはり効果ありそう。



やはり、M2 SSDはディスクアクセスが起こると発熱しやすく、そのままだとわりと温度が上がってしまう。温度が上がるとやはり耐久性が低下しそうでやや心配だ。

最近のマザーボードにはSSD用のヒートシンクがある場合も多く、これを使えれば問題ないが、そういうのがない場合にはやはりこうしたヒートシンクをつけてみるのもよさそうだ。

今回使ったAINEX BA-HM02は、お値段も1000円弱だしそれでいてちゃんと効果があるということでわりとよさそう。SSDの温度が無事下がり、安心して使えそうな感じになった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR