Alderlake i9 12900Kは簡易水冷ならどこまで冷える?

アスクよりCorsairの360mm簡易水冷(Corsair iCUE H150i RGB PRO XT CW-9060045-WW)のLGA1700リテンションキット(というかねじ)が届いたので、当初の予定通り簡易水冷化した。

もしかすると、LGA1700用の簡易水冷をまた買わないといけないのかも? と思っていたので、LGA1700用のねじを無償で送付してくれるのは本当にありがたい。シリアルナンバーと領収書をスキャンしたものをアスクのサポートページから送れば、受け付けてくれた。

空冷のときは低電圧化してなんとかぎりぎり100℃のThermal throttolingが回避できるかどうかという感じだったけど、今回は果たして?



Corsairのバックプレートは位置を動かせるタイプなので、LGA1700対応で必要なのはねじのみ。

LGA115x/1200用のねじと比べると、わずかに高さが違う。(写真だとわかりづらいですね…。太い部分が短くなっている

従来のねじだと高さがあっていなくてきちんとポンプヘッドを固定・圧着できないみたい。



最終的な構成はこんな感じ。

発売初日にDDR5難民になってDDR4で組んでしまったけど、CPUを飾っておかずにすんで精神衛生上よかったと思う。

CPUIntel Core i9 12900K
冷却Corsair iCUE H150i RGB PRO XT流用
LGA1700 リテンション
マザーMSI MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4
メモリG.Skill F4-3600C16D-16GTZNC
DDR4-3600 16-19-19-39-1 8GBx4
流用
SSD1Plextor M10PGN 1TB NVMe PCIe Gen4
SSD2Plextor M8PeG 1TB NVMe PCIe Gen3流用
GPU1EVGA GeForce RTX 2070 XC Gaming流用
GPU2ZOTAC GTX 1060 Mini流用
電源Seasonic Focus PX-750 (80+ Platinum)流用
ケースThermaltake Core V71流用
OSWindows 11 x64



Corsairの360mm簡易水冷のラジエータを天板から排気するように取り付けた。ゲームとかする人は、GPUの排熱を考えると前面吸気のほうにラジエータをつけるほうがよさそうだけど、あまりGPUを使わないので、このほうがケース内に熱がこもらない分よさそう。

やはり360mm簡易水冷のラジエータはでかい。空冷と比べラジエータの取り付け等が面倒だが、かわりに冷えそうな気がする(というか冷えてほしい)。

ポンプの上に映っているのは、アームを使って汎用のファンをスポットクーラーにするやつ(昔買ったtmsDirectのやつ)。先頭にその辺に転がっていた8cmか9cmのファンをつけている。最近の高級簡易水冷はマザーの電源部を冷やすために小型のファンがついていることが増えてきたが、一応こんなのでも代用できるし、そもそもZ690マザーの電源部は総じて豪華なので、こんなことしなくても別に問題なく冷えるような気もする。

IMG_20211113_7840.jpg



全体像。もうSATAディスクはつけないということで、ケースの前方にあったディスク用の取り付け棚を全部撤去しているので、非常にすっきりしている。

いやあ、このラジエータの上にも20cmファンx2があるんだし、さすがに冷えるでしょ…。

IMG_20211113_7839.jpg



前回の記事同様、Advanced Offset Modeで低電圧化(最大-0.13V)した状態でCinebench R23 10分でテスト。

スコアは27145→27472とわずかに上昇。

i9_12900K_Cinebench_20211113_01.png

360mm簡易水冷はさすがに効果が大きく、従来空冷ではCPU温度が100℃に到達してしまっていたのが、75℃程度に抑え込むことに成功。従来クロックがThermal Throttolingで4.8~4.9GHzでふらふらしていたのが、4.9GHzに張り付くようになってスコアもわずかに上昇したのだと思う。

電圧や動作周波数等の設定は前回と同様なのに、どういうわけかCPU Package Powerが下がっているのも面白い。どうもCPUというのは温度が高いほど消費電力が増えるらしい(?)ので、今回は75℃で抑えられたことで消費電力も減り、より冷えやすくなったのかもしれない。

i9_12900K_Cinebench_20211113_03.png



というわけでi9 12900Kは360mm簡易水冷ならthermal Throttolingを起こさず、ちゃんと冷やせるということを確認できた。360mmでいけるということは280mmも大丈夫なのだと思う。

これなら比較的安心できる温度だし、メインマシンとして使っていけそう。

今回の360mm簡易水冷は、他の手持ちのPCケースにはつかないため、ほかに使うあてもなかったので、購入者にLGA1700用の無償配布という対応をCorsairが行ってくれたのは、本当にありがたかった。11/4の受付から比較的スムーズに送付してくれた代理店のアスクにも感謝したい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR