Alderlake i9 12900K 到着

Alderlake記事一覧
Alderlake PCの構成
Alderlake i9 12900K 到着 (この記事)
Alderlake i9 12900Kは空冷でどこまで冷やせる?




昨日 i9 12900K とマザーボード一式が到着したので、さっそく組んでいく。

今回買ったものはこんな感じ。

・Intel Core i9 12900K
・MSI MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4
・Noctua LGA1700 リテンションキット
・Plextor M10PGN 1TB NVMe PCIe Gen4

IMG_20211107_7775.jpg

CPUの箱はちょっと凝った作りで、ウエハを模したと思われる円盤状のケースの中にCPUが入っていた。まあ面白い仕掛けだとは思うが、場所とるんですよねえ…。

IMG_20211107_7776.jpgIMG_20211107_7779.jpg



PC構成



今回のPC構成はこんな感じで、前回書いたようにDDR5難民になってしまったので、あきらめてDDR4で組むことにした。

CPUIntel Core i9 12900K
冷却Noctua NH-D14流用
LGA1700 リテンション
マザーMSI MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4
メモリG.Skill F4-3600C16D-16GTZNC
DDR4-3600 16-19-19-39-1 8GBx4
流用
SSD1Plextor M10PGN 1TB NVMe PCIe Gen4
SSD2Plextor M8PeG 1TB NVMe PCIe Gen3流用
GPU1EVGA GeForce RTX 2070 XC Gaming流用
GPU2ZOTAC GTX 1060 Mini流用
電源Seasonic Focus PX-750 (80+ Platinum)流用
ケースThermaltake Core V71流用
OSWindows 11 x64


本来流用する予定だった360mm簡易水冷(Corsair iCUE H150i RGB PRO XT)用のLGA1700リテンションキットがまだ届いていない(というかいつ届くかわからん)ので、まずはLGA1700リテンションキットの手に入ったNoctuaの大型空冷のNH-D14(最新のNH-D15の1世代前)でどこまでいけるか試してみることにした。

NH-D14は直前までRyzen7 3700X用に使用していたのを回収したのだが、そこそこほこりがたまっていたので掃除してから使うことにした。掃除機で吸えばある程度ほこりは取れ、そのあとは掃除機で直接吸えないところを中心に帯電防止はけで払い、さらにエアダスターでヒートシンクの中に入り込んだほこりを飛ばせば、ある程度は(?)きれいにすることはできた。

掃除前掃除後
IMG_20211107_7747.jpgIMG_20211107_7749.jpg


まあ、まだ細かいほこりは残っているが、そこは仕方ない。



マザーボード MSI MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4



MSI MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4 は、個人的にはかなり久しぶりのMSIマザー(たぶん5~6年ぶりぐらい)。黒中心で派手なロゴ等もなく、シンプルなデザインで割と好き。

M2スロットが4本。それぞれにヒートシンクがついているのがよい。チップセット(Z690)からもPCIe Gen4が出る。
M2_1: CPU PCIe4x4
M2_2: Z690 PCIe4x4
M2_3: Z690 PCIe3x4
M2_4: Z690 PCIe4x4

ストレージの主役はもはやSATAではなく、すっかりNVMeに移行したという感がある。

PCIeも4本。ハイエンドではないのでレーン分割はなし。
1. CPU PCIe5x16
2. Z690 PCIe3x1
3. Z690 PCIe4x4
4. Z690 PCIe3x4

IMG_20211107_7777.jpg

TOMAHAWKはハイエンドというわけではないのだろうが、それでも16+1+1フェーズ(70A SPS)ということで、フェーズ数のインフレ傾向にしっかり対応している。CPUの電源コネクタは大電力にも対応できるよう8pinx2。電源周りに大きめのヒートシンクがついていて、一時期のマザーであった電源周りが熱すぎるみたいなことは起こらなさそう。

個人的にはスペック上は十分しっかりした作りなように思える。

IMG_20211107_7778.jpg



M2 SSDの取り付けはケーブル等が不要で楽な一方で、ねじが小さく止めにくいのと、またこのねじを失くしやすいのが難点。

だが、このマザーでは下のようなクリップを少し反時計周りにひねるだけで簡単に止められるようになっていて感動した。

IMG_20211107_7782_ssd.jpg



I/Oパネルは組み込み式で簡単だし、なにより取付忘れによるやり直しを防げてありがたい。

たくさんファンをつけると地味に不足して困ることもあるファンコネクタも6個と十分あり、PWM/DCを選択できるのでこちらもよかった。背面I/OにCMOS Clearボタンがないのは残念だが、まああれはハイエンド限定なのだろう。



組み立て



CPU・メモリ・SSDを取り付けたところ。こうしてみるとLGA1700はやはりかなり縦長だ。

IMG_20211107_7782.jpg

NoctuaのLGA1700リテンションキットのベース部分を取り付けたところ。

IMG_20211107_7783.jpg

Noctua NH-D14を取り付けるこんな感じ。電源周りのヒートシンクとの干渉はなし、メモリ側は写真からもわかるようにファンが本来の位置よりは少し上側につける必要があったが問題のない範囲だし、ヒートシンク本体の干渉はなくてよかった。

IMG_20211107_7785.jpg

その後GPUを取り付けて完成。

IMG_20211107_7796.jpg



というわけで流用品ばかりの妙な構成になったけどAlderlake PCが組みあがった。

12900KはPL1=PL2=241Wなので、性能を出すためにはとにかく冷やす必要がありそう。

CPU側ではCPUダイを薄くしたり、ヒートスプレッダとダイの間をなるべく狭くしたりと、従来よりも熱が伝わりやすいよう工夫されているらしい。ただ一方で12900Kのダイサイズは215mm2前後らしく、11900Kの276mm2よりは小さくなっており、ダイの熱密度は上がっていそうなので、そこは不利かもしれない。

ケース内エアフローについては、前面と天板にそれぞれ20cmファンx2、背面に14cmx1、映っていないが底面に12cmx2と9cmx1という感じで、かなりの数のファンをつけているので、さすがにケース内エアフロー不足ということはないはず。

あとは大型空冷のNoctua NH-D14でどこまで冷やせるか。頑張ってくれ!

IMG_20211107_7795.jpg



Alderlake記事一覧
Alderlake PCの構成
Alderlake i9 12900K 到着 (この記事)
Alderlake i9 12900Kは空冷でどこまで冷やせる?


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR