QSVEnc 6.01

English change log and binaries>>

※ 2021.09.06 21:30: QSVEnc 6.01に更新しました。

これまでQSVEncはIntel Media SDKを活用してQSVでのエンコードを行ってきたのだけど、Media SDKが今後は開発終了してしまうということで、後継のIntel OneAPI Video Processing Library(VPL)への移行を行った。

QSVEnc 6.00



・Intel Media SDK ベースから、Intel OneAPI Video Processing Library(VPL) ベースに移行。

Media SDKのAPIはv1.35まで公開されているのだけど、後継のAPI v2.xxはVPLライブラリでの提供になるということで、QSVEncもVPLを使用するように変更作業を行った。

VPL移行にあたっては、Media SDKで使えたいくつかの機能が提供されなくなるとのこと。

・Audio support
・ENC and PAK interfaces
・User plugins architecture
・External buffer memory management
・Video Processing extended runtime functionality
・External threading
・Multi-frame encode
・Surface Type Neutral Transcoding

基本的には、特に必要のない機能だったり、あるいはやや複雑な機能で簡単には活用できいので手を出していなかった機能がほとんどで、あまり困ることはなかった。

ひとつだけ、User plugins architectureはQSVエンコード中にカスタムフィルタを追加で実行する仕組みで、QSVEnc 4.xxまでは使用していたけど、5.xxからはこの仕組みを使わずに独自でOpenCLフィルタを適用できるようにしたので使用しなくなっていて、5.xxでいろいろコードを見直しておいてよかったという感じ。

なので、基本的には少し関数の呼び出し方を変えたり、コンパイル方法を変えて、あとはいろんな環境で動作確認するというあたいrが主な作業だった。(それでも結構時間がかかったけど…)

とりあえず、試した限りでは問題なく動いていそう。

API 2.xxについては、使用できるのはいまのところRocketlake/Tigerlake以降ということらしい。

・yuv444→nv12で指定すべき横解像度が誤っていたのを修正。
ご指摘いただいた問題の修正。5.06で修正していたはずだが、修正し切れていなかったです…

・audio-delayが効いていなかったのを修正。



QSVEnc 6.01



・6.00で--d3d9, --disable-d3dが効かなかったのを修正。
・--vpp-colorspace使用時に、解像度によっては最終行に緑の線が入る問題を修正。
6.00で修正しきれていなかった。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR