QSVEnc 5.06

English change log and binaries>>

・Linux向けパッケージの作成。
相変わらず需要があるのかわからないけど、NVEnc同様にLinux向けのパッケージを作るようにしてみた。パッケージからのインストール方法はこちらに書いておいた。まあ、まだ多少面倒だけど、自分でビルドするよりはだいぶ手間が減らせたのではないかと思う。

とりあえず、debパッケージとrpmパッケージを作ってみたけど、ほかはどういった系統のパッケージがあったほうがよいのだろうか…。LinuxはUbuntu/Debian系かRHEL/CentOS/Fedora系しか使ったことないのでよくわからん。

パッケージの作成自体は、バージョン上げるたびにこのあたりのパッケージづくりを手動でするのは辛いということで、Github Actionsの上で
・dockerを使って対象OSのイメージに開発環境と必要なライブラリをインストールしたイメージを作成
・作ったイメージを起動してビルド
・作った実行ファイルからパッケージを作成
・Github Releasesにアップロード
までを全部自動でやってくれるようにした。

自動でできるように設定するのは、Github Actionsの書き方とか調べるのがかなりめんどうだけど、一度作ってしまえばあとはいつも自動でやってくれるので素晴らしい。

CUDAが必要なNVEncと違って結構ビルドは速い感じ。NVEncのほうはCUDAのダウンロード&インストールでめっちゃ時間かかってる…。

・ssim/psnrを計算できるように。(--ssim/--psnr)
OpenCLでの実装。VCEEncから移植するだけ…のはずが、ssim用にhwデコーダを2並列で使えるようにするのでかなり苦戦して、相当時間がかかってしまった。いろいろ試行錯誤して問題個所を見つけて、なんとか完成できた。

(fgoが本編→BOX→本編と来てそっちばっかりやってたのもあるけど…)

・yuv444→nv12で指定すべき横解像度が誤っていたのを修正。
ご指摘いただいた問題の修正。最終行に緑の線が入る問題を解消する。

・rgb読み込みとOpenCLフィルタが組み合わせられなかったのを修正。
これもご指摘いただいた問題の修正。

・Linuxで--disable-vaで動作しなかった問題を修正。
ご指摘いただいた問題の修正。

・--vpp-colorspaceがLinuxで動作しなかった問題を修正。
ご指摘いただいた問題の修正。

・yuv444→p010のavx2版の色ずれを修正。
これはNVEnc 5.35でも修正したものをこちらにも反映したもの。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変有用なソフトの提供ありがとうございます。

エンコードすると
icelakeだと問題なかったのですが、tigerlake(celeron 6305)だとエラーが出て処理が終わらなくなります。
4.07だと動作します。

MFXDEC: DecodeFrameAsync error: device operation failure..
Break in task MFXDEC: device operation failure..
と表示され処理が固まってる感じです。
試してみると -u 1 か -u 2 を指定するとエラーが出ることを確認しました。

QSVEncC64 --trim 0:1000 -u 1 --cbr 2000 --codec hevc --avhw -i test1.mp4 -o @test1.mp4 --log 2001.txt --log-level debug
QSVEncC64 --trim 0:1000 -u 3 --cbr 2000 --codec hevc --avhw -i test1.mp4 -o @test1.mp4 --log 2000.txt --log-level debug

アドレス情報を削除して比較してみました。
***** 2001.txt
vidprm.mfx.CodecLevel value changed auto -> unknown by driver
vidprm.mfx.NumSlice value changed 0 -> 1 by driver
***** 2000.TXT
vidprm.mfx.CodecLevel value changed auto -> unknown by driver
vidprm.mfx.TargetUsage value changed 3 -> 4 by driver
vidprm.mfx.NumSlice value changed 0 -> 1 by driver
*****

***** 2001.txt
cop3.NumRefActiveBL0[2] value changed 0 -> 3 by driver
cop3.NumRefActiveBL1[0] value changed 0 -> 2 by driver
cop3.NumRefActiveBL1[1] value changed 0 -> 2 by driver
cop3.NumRefActiveBL1[2] value changed 0 -> 2 by driver
hevc.SampleAdaptiveOffset value changed auto -> off by driver
***** 2000.TXT
cop3.NumRefActiveBL0[2] value changed 0 -> 3 by driver
cop3.NumRefActiveBL1[0] value changed 0 -> 1 by driver
cop3.NumRefActiveBL1[1] value changed 0 -> 1 by driver
cop3.NumRefActiveBL1[2] value changed 0 -> 1 by driver
hevc.SampleAdaptiveOffset value changed auto -> off by driver
*****

***** 2001.txt
avwriter: hevc => mp4
Target usage 1 - best
Encode Mode Bitrate Mode - CBR
***** 2000.TXT
avwriter: hevc => mp4
Target usage 4 - balanced
Encode Mode Bitrate Mode - CBR
*****

***** 2001.txt
avout: set format brand "mp42".
MFXDEC: DecodeFrameAsync error: device operation failure..
avout: set faststart.
Break in task MFXDEC: device operation failure..
Output #0, mp4, to '@test1.mp4':
Clear vpp filters...
Metadata:
Closing m_pmfxDEC/ENC/VPP...
major_brand : QSVAllocator: FrameFree...
isom
minor_version : 512
***** 2000.TXT
avout: set format brand "mp42".
avout: set faststart.
Output #0, mp4, to '@test1.mp4':
Metadata:
major_brand : isom
minor_version : 512
*****






No title

手元にTigerlakeはないので、同世代である(はず)のi7 11700Kで試していますが、特に問題なく動作してしまいました。

QSVEnc 5.xxで内部処理を大きく変えたためと思いますが、再現できないこともありちょっと原因がわからないです…。

ちなみに使用されているドライバのバージョンはいくつでしょうか?

No title

27.20.100.9365でした。
バージョンが原因で動作しなかたようです。
30.0.100.9805にアップデートして動くことを確認できました。
ありがとうございます。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR