VCEEnc 6.09

English version of changelog>>

AMF SDL 1.4.18に対応し、関連する機能を追加。これに伴い、AMD driver 20.11.2以降が必要となった。

また、NVEnc/QSVEncでおこなった一連の更新を反映。



・AMF SDK 1.4.18に対応。
これに伴い、AMD driver 20.11.2以降が必要。

・VP9 HWデコードのサポートを追加。

・AvisynthのUnicode対応を追加。
また、AvisynthのUnicode対応に伴い、プロセスの文字コードがUTF-8になっているのをOSのデフォルトの文字コード(基本的にShiftJIS)に戻すオプションを追加。(--process-codepage os)

・Windows 10のlong path supportの追加。

・色空間変換を行うフィルタを追加。(--vpp-colorspace)

・細線化フィルタを追加。(--vpp-warpsharp)

・--vpp-subburnで埋め込みフォントを使用可能なように。
・--vpp-subburnでフォントの存在するフォルダを指定可能なように。

・--audio-source / --sub-source でmetadataを指定可能なよう拡張。

・--ssim, --psnrの10bit深度対応を追加。

・timecodeの出力を追加。(--timecode)

・--check-featureで10bit深度エンコードのサポートの有無を表示するように。

・--check-featureでHWデコーダの情報を表示するように。

・マルチGPU環境でGPUの自動選択をする際に、10bit深度エンコードのサポートの有無をチェックするように。
・マルチGPU環境でGPUの自動選択をする際に、--avhw使用時にはHWデコーダの有無をチェックするように。



※ VCEEnc 5.xx以前のプロファイルは設定しなおす必要があるかもしれません。
ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

VCEEncCのオプションについてはこちら。
VCEEncCオプション一覧>>

ソースはこちら>>


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

VCEEnc 6.09



VCEEnc 6.09を使用してエンコードしようとすると
以下のようなエラーが出ます(前後ログも)


[C:\Users\takat\3D Objects\00001.mp4]
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
auo [info]: VCEEncC options...
-c h264 --preset balanced --cqp 22:24:27 --gop-len auto --audio-source
"\\.\pipe\Aviutl000016e8_AuoAudioPipe0":codec=aac;bitrate=192 --no-mp4opt -o "C:\Users\takat\3D Objects\00001.mp4" --sm
--parent-pid 000016e8 -i -
auo [info]: Convert yuy2 -> nv12 [SSSE3]
auo [info]: AAC で音声エンコードを行います。 ビットレート指定, 192kbps
auo [info]: ""
GPU #0 (AMD Radeon R7 200) does not support H.264/AVC encoding.

Finished with error in VCEEncC.
auo [error]: VCEEncCが予期せず途中終了しました。VCEEncCに不正なパラメータ(オプション)が渡された可能性があります。
auo [error]: VCEEncCが予期せず途中終了しました。VCEEncCに不正なパラメータ(オプション)が渡された可能性があります。
auo [info]: 音声処理の終了を待機しています...
auo [info]: CPU使用率: Aviutl: 5.50% / VCE: 11.74%
auo [info]: Aviutl 平均フレーム取得時間: 8.460 ms
auo [info]: VCEエンコード時間 : 0時間 0分 2.0秒
auo [info]: 音声処理の終了を待機しています...
auo [info]: AAC CPU使用率: 0.00%
auo [info]: 総エンコード時間 : 0時間 0分 2.3秒
auo [info]: エンコードを中断しました。

何度かVCEEnc 6.09など入れなおしましたが、失敗しました。
なぜか教えてください。


HP s5350jp

スペック
intel XEON x3440
AMD Radeon HD 8570

DDR3 8GB

Re: VCEEnc 6.09

GPU #0 (AMD Radeon R7 200) does not support H.264/AVC encoding.
と出ているので、基本的な動作ができていないことになります。

特にドライバのバージョン等、下記の想定動作環境を満たしているか、再度ご確認ください。
Windows 10 (x64)
Aviutl 1.00 以降
AMD ドライバ 20.11.2 以降

ドライバ等の見直しをされても同様の場合には、HD 8570 は2013年とだいぶ前のGPUであり、現行のVCEEncで正常に動作しない可能性は否定できません。その際は、申し訳ありません。

No title

Radeon R9 380でこちらのエンコーダを使用させていただいていますが、エンコード中もGPU使用率が0%でビデオエンコードの部分だけが20%ほど使用されており、その代わりにCPU使用率が70~100%となってしまいます
CPUはi7-6700,RAMは16GBあり、十分な容量のあるSSDに書き出しています

これはAviutl側の仕様なのでしょうか

Re: No title

VCEEncでは、VCEEncの設定画面から設定できるフィルタを使用しない限りGPUは使用せず、ビデオエンコードエンジンのみが使用されます。

VCEEncは基本的にエンコードの処理部分のみをGPUで肩代わりするものなので、それ以外のAviutlの処理は引き続きCPUで行われますので、一般的にCPU使用率が大きく下がらない場合もあります。

No title

HEVCだとslowととBaselineに出来ないようですが仕様ですか?
あとBフレームの対応は無いのでしょうか?

Re: 同じようなエラーです

7件の多重投稿が見られましたので申し訳ありませんが削除いたします。

GPU使用率がゼロに近い

VCEEnc 6.09を使用してエンコードしてもGPU使用率がほぼゼロのままでエンコードが終了します。

GPU使用率を上げるにはどうすればよろしいでしょうか。

補足:Vegas Pro 18でエンコードする際もGPU使用率が低いままです。そのため、そもそもグラボ周りの設定がうまくいっていないのかなぁとも考えています。一応、タスクマネージャーやAMD Softwareで確認すると外付けグラボは認識されています。

以下、ログとスペックです。

【ログ】
auo [info]: 自動フィールドシフト使用時はvbv設定は正確に反映されません。
auo [info]: VCEEncC options...
-c hevc --preset slow --vbr 6000 --vbv-bufsize 15000 --max-bitrate 15000 --gop-len auto --vbaq --audio-source
"\\.\pipe\Aviutl00002268_AuoAudioPipe0":codec=aac;bitrate=192 --no-mp4opt -o "C:\Users\user\Desktop\屋根取り付け完成?.mp4"
--sm --parent-pid 00002268 -i -
auo [info]: Convert yuy2 -> nv12 [AVX2]
auo [info]: AAC で音声エンコードを行います。 ビットレート指定, 192kbps
VCEEnc (x64) 6.09 (r735) by rigaya, Feb 18 2021 19:55:12 (VC 1928/Win/avx2)
OS Version Windows 10 x64 (18363) [UTF-8]
CPU: AMD Ryzen 7 4800H with Radeon Graphics [4.29GHz] (8C/16T)
GPU: AMD Radeon, AMF Runtime 1.4.18 / SDK 1.4.18
Input Info: sm(nv12)->nv12 [AVX2], 1920x1080, 30/1 fps
Vpp Filters copyHtoD
Output: H.265/HEVC main @ Level 4.1 (main tier)
1920x1080p 0:0 30.000fps (30/1fps)
avwriter: hevc, #1:pcm_s16le/2ch -> aac/stereo/192kbps => mp4
Quality: slow
VBR: 6000 kbps, Max 15000 kbps
QP: Min: 0, Max: 51
VBV Bufsize: 15000 kbps
Bframes: 0 frames
Pre Analysis: off
Ref frames: 2 frames
LTR frames: 0 frames
Motion Est: Q-pel
Slices: 1
GOP Len: 300 frames
Others: deblock vbaq
auo [info]: 音声処理の終了を待機しています...

encoded 34179 frames, 6.26 fps, 5720.83 kbps, 776.98 MB
encode time 1:31:00, CPU: 0.3, GPU: 0.8, VE: 3.5
frame type IDR 114
frame type I 114, avgQP 21.90, total size 15.69 MB
frame type P 34065, avgQP 22.76, total size 761.28 MB
auo [info]: CPU使用率: Aviutl: 21.21% / VCE: 0.32%
auo [info]: Aviutl 平均フレーム取得時間: 158.353 ms
auo [info]: VCEエンコード時間 : 1時間31分 2.2秒
auo [info]: 音声処理の終了を待機しています...
auo [info]: 総エンコード時間 : 1時間31分 2.4秒


ログのGPU欄を見ると、そもそも外部GPUを認識していないように見えます。

CPUの使用率が低いのも結構悩んでいます(優先度はhighest)。

【スペック】
Bravo 15
Win10 x64
Ryzen7 4800H
Radeon RX5500M
16GB RAM
Radeon™ Software Adrenalin 2020 Edition 21.2.3

Re: GPU使用率がゼロに近い

おそらくエンコード以外のAviutlのCPU処理のほうで時間を要しており、エンコードのほうはあまり速度上は関係なくなっているように思われます。

CPU使用率が低いのはAviutlの処理の中にマルチスレッドを活用しきれていない(orしていない)ものがあり、そこに時間を要しているからではないでしょうか。

ご指摘のように内蔵GPUのエンコーダを使って動作している可能性は高いですが、それでも十分な速度は出るので、これは特に問題ないはずです。以前Ryzen3 3200GのVCEを使用していましたが、十分な速度は出ていました。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR