画質比較 (2020.03) アニメ編

この前実写版をやったので、今度はアニメ系の映像での結果。

ここでもIceLakeのQSVの画質の良さが確認できたけど、低ビットレートではソフトウェアエンコの強さが際立つなど、すこしだけ実写版とは傾向が違う感じかも。

環境・条件



テスト用の環境はこんな感じ。前の環境からソフトウェアやドライバのバージョンをアップデートしている。

>
x264
x265
nvenc
(1060)
nvenc
(2070)
qsv
(HSW)
qsv
(KBL)
qsv
(ICL)
vce
(Vega)
CPUi9 7980xe i3
4170
i7
7700K
i5
1035G7
R3
3200G
GPU - GTX
1060
RTX
2070
HDG
4400
HDG
630
Iris
Plus
Vega8
ドライバ 442.19 5058 7870764120.2.1
OS Win10 x64


使用ソフト

x264 r2988 x64
x265 3.3+2 x64
NVEncC 4.68 x64
QSVEncC 3.33 x64
VCEEncC 5.04 x64

入力
sakura_op.mpg
MPEG1 1280x720 30fps 3501frame

使用コマンド
QSVEnc/NVEncについては、おそらく画質が一番高くなるであろうオプションを試した。x264/x265はきりがないのでpresetをそのまま使用している。

なお、x264/x265では、今回入れてない--tune ssimを入れてssimに最適化したエンコをすることでさらにssim的には改善の余地があることに注意。

x264 medium
--crf <x>

x264 veryslow
--crf <x> --preset veryslow

x265 medium
--crf <x>

x265 veryslow
--crf <x> --preset veryslow

x265 medium 10bit
--crf <x> --input-depth 10 --output-depth 10

x265 veryslow 10bit
--crf <x> --input-depth 10 --output-depth 10 --preset veryslow

nvenc H.264
--vbrhq 0 --vbr-quality <x> --preset quality --weightp --bref-mode each --lookahead 32 --level 5.2

nvenc HEVC
--vbrhq 0 --vbr-quality <x> --preset quality --weightp --bref-mode each --lookahead 32 -c hevc --level 6

nvenc HEVC 10bit
--vbrhq 0 --vbr-quality <x> --preset quality --weightp --bref-mode each --lookahead 32 -c hevc --level 6 --output-depth 10

nvenc HEVC + Bframes
--vbrhq 0 --vbr-quality <x> --preset quality --weightp --bref-mode each --lookahead 32 -c hevc --level 6 -b 3

nvenc HEVC 10bit + Bframes
--vbrhq 0 --vbr-quality <x> --preset quality --weightp --bref-mode each --lookahead 32 -c hevc --level 6 --output-depth 10 -b 3

qsv H.264
--la-icq <x> --la-depth 60 -u 1

qsv HEVC
--icq <x> -u 1 -c hevc

qsv HEVC 10bit
--icq <x> -u 1 -c hevc --profile main10 --output-depth 10

vce H.264
--cqp <x>:<x>+2:<x>+5 -u slow
--vbr <x> -u slow

vce HEVC
--cqp <x>:<x>+2:> -u slow -c hevc
--vbr <x> -u slow -c hevc



結果



縦軸SSIM:Allが高いほど画質がよく、横軸ビットレートが小さいほど圧縮できているので、左上にいればいるほど良いことになる。

全データ (クリックで拡大)


まあ、正直線が多すぎてよくわかんない…。これだけ数があるとエンコードを回すのも大変なら、集計するのも大変だった。


で、少しずつ見ていく。

まず、CPUエンコの比較。なお、--tune ssimを入れてないので、さらにssim的には改善の余地があることに注意。

特に低ビットレートではx265のほうが優位。ただまあ、もちろんその分エンコ時間がかかる。

やはりSSIM比較では10bitは明確に優位。正直もう8bitでバンディングとか気になるなら、HEVCの10bit使っとけばいいのではと思う。

ssim_202003_table_x264_x265.png


本題のQSVの世代別比較。
HSW…Haswell
KBL…Kabylakeだが、CoffelakeもCometlakeも同じ。
ICL…Icelake

IcelakeのH.264はKabylakeのH.264とほぼ重なっている。やはり、IcelakeではH.264については手が入っていないみたい。

やっぱりIcelakeでの飛躍は大きい。Kabylakeから3年たったとはいえ、これだけの画質向上は凄いと思う。

ssim_202003_table_qsv.png


Icelakeでのpreset fast/normal/slowの比較。(さっきのグラフはslow)

HEVCのほうは、normalとslowの差がやや大きめ。H.264のほうはfastとnormalの差が大きめ。
ssim_202003_table_qsv_icelake.png



今度はNVENCの再確認。まあドライバ更新しただけなので、前回(2018.11)とほぼ変わっていない。やはりBフレームが入ったHEVCは強い。
ssim_202003_table_nvenc.png



QSV(Icelake)、NVENC(Turing)、VCE(Navi)の比較。

高ビットレートのほうではTuringとIcelakeの差は大きくないが、低ビットレートになるほどIcelakeのほうがよくなっている印象。GPUを使っているのでこうした傾向になるのだろうか。

VCEはちょっと…。Vegaとかはどうなのだろうか。そちらもあまりよい話は聞こえてこないが…。

ssim_202003_table_hwenc.png



最後にx264/x265とQSV(Icelake)の比較。

そもそもx264/x265に近い水準までQSVがきたというのが驚き。ただ、低ビットレート側では、ややQSVは苦手としているようだ。

ssim_202003_table_qsvicl_x264_x265.png



というわけでざっくり画質比較をしてみて、実写の時と同様、IcelakeのQSVは大きく進化していることがわかった。

問題はIcelakeは入手が難しいことで、デスクトップに来る気配はないし、搭載されているノートPCも少ない(第10世代といっても14nmのCommetlakeだったりする)。ノートPCはあまりエンコードに適した環境ではないので、なんとかデスクトップなIcelakeが早く手に入るようになるとよいのだが…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

求む!デスクトップ版IceLake
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR