Surface Laptop 3

Surface Laptop 3を買ってしまった。ろくにノートPC使わないのに…。

まあ、去年からIceLakeのデスクトップがでないと愚痴っていたので、要するにIceLakeを使ってみたかっただけ。

IMG_20200301_2830.jpg

Surface Laptop3のよいところは最小構成で4コア以上かつGPUが最上位(G7)、RAM 8GB、3:2 2256×1504液晶となっていて、最小構成の比較的お値段の安いものでも(スペック上の)満足度が高いこと。さらに中古品ということ、増税対策の還元なども含めれば、だいぶ安く手に入れられた。

他のIceLakeのPCを見ると、最小構成はCore i3(2コア)だったりメモリ4GBだったりとなかなか辛いというか使いたくない感じなので、最小構成で比較的使えるスペックなのは助かる。

スペックは表にするとこんな感じ。まあ最小構成と考えればいい感じかな?

Surface Laptop 3 13.5"
CPU Core i5 1035G7
Gen IceLake 10nm+
コア数
4C / 8T
Base/Turbo(All)/(Max) 1.2 / 3.3 / 3.7 GHz
L3 6MB
GPU
Iris Plusグラフィックス
GPU EU
64EU
GPU Clock 1050MHz
TDP 15W
メモリ LPDDR4X-3733, 2ch
メモリ容量 8GB
SSD NVMe 128GB
ディスプレイ 光沢 2256×1504, タッチ対応



CPU/GPU/RAM



とりあえずCPU-Z。TDPは15Wで、負荷をかけてしばらくすると15W制限がかかってクロックが下がってくる感じ。全コアに負荷が悪化った状態だと、処理によるだろうけどだいたい2.0~2.2GHz程度をうろうろする。

surface_laptop_cpuz.png

ざっとCinebenchを回すとこんな感じ。

Cinebench R15
Single171.98 pts
Multi750.82 pts


Cinebench R20
Single400.447 pts
Multi1584.700 pts


上位のi7 1065G7のベンチマークとかと比較すると、(あたりまえだけど)ややSingleが低め、Multiはそんなに変わらない感じ。まあ、Multiのほうはもう消費電力の上限(15W)に引っかかっているので仕方ない。

GPUのほうは上位のi7 1065G7/1068G7と同様のG7シリーズ(64EU)。

メモリが8GBなのもポイント高い。まあ、16GBあればと思わなくはないけど、そういう贅沢を言うと間違いなくお値段が一気に高くなってしまう。



SSD



SSDは東芝メモリ(現:キオクシア)のNVMe PCIe3x4なので、それなりの速さだけど、いかんせん128GBなので、いまいち伸び切らない感じ。まあこればっかりはしょうがない。それでもSATAよりは全然速くて素晴らしい。

体感としては、よほど大量の書き込みをしなければさくさくな感じ。書き込み続けると、最終的には60~80MB/sまで落ちてしまうが、まあ128GBのTLCならそんなものだと思う。

surface_laptop_crystaldiskinfo.png

surface_laptop_crystaldiskmark.png



ディスプレイ



これが実際に使ってみて、一番感激したところ。fullHDオーバーの高解像度(2256×1504)というのはもちろん素晴らしいが、一般的な16:9でなく、3:2で縦解像度が1504もあるというのがポイント。縦の解像度が広いとこんなに使いやすいのだということを実感した。正直一度慣れると、普通のfullHDのディスプレイが狭く感じてしまう。

あと、(グレア派なので)光沢液晶なのもうれしいし、視野角もかなり広めで、発色もよかった。タッチ対応も個人的にはありがたい。



Wi-Fi6



IceLakeの新機能の一つがWi-Fi6で、リンク速度が有線のGigabit LANを超えるらしい。もちろんこれもWi-Fi6搭載機なのだが、うちでは活用されていない。なぜならば、こういう時代遅れなものでつないでいるからなのだった…。

IMG_20200301_2833.jpg



動作音



中程度の負荷ぐらいならほぼ気にならない程度の音しかしないが、やはりエンコードなどでCPUをぶん回すと、ファンが高音で回るので、ややうるさい。さらに背面が結構熱くなって心配になってくるので、排熱がよいという感じではないかもしれない。

ただまあ、薄型ノートPCとしてはこんなもんかな、という範囲。

なお、ノートPCはエンコードをぶん回すものではないという指摘は受け付けない(笑)



電池の持ち



基本ACにつなぎっぱなしなので、わからない。



その他



ノートPCにありがちな、余計な大量のプリインストールソフトがないのもよかった。まあ、アンインストールすればいいだけなのだけど、ノートPC買って最初にやることがアンインストールってなんなのよ、って思う。



というわけで一般的なノートPCユーザーからは大きく外れた感想を書いてしまったと思う。

個人的には、比較的お安い値段で、不満のない性能・使い勝手のIceLake環境が手に入ったのでありがたかった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR