QSVEnc 3.20

[共通]
・VC++2019に移行。

[QSVEnc.auo]
・インタレ解除でbob/itなどを使用すると、適切にフレームレートが反映されず、音ずれしてしまうのを修正。

[QSVEncC]
・3.19で--mbbrcが効かないのを修正。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

vpp-mctfがエラー

いつも便利に使用させて頂いております。
QSVEncC64.exeでavsファイルを読み込み--vpp-mctfを指定すると
Failed to initialize vpp. : invalid video parameters.
とエラーで終了してしまいます。

OS Windows 10 x64 (16299)
CPU Info Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz [TB: 4.20GHz] (4C/8T) <Kabylake>
GPU Info Intel HD Graphics 630 (24EU) 350-1150MHz [65W] (26.20.100.6709)
avs: Avisynth+ 2.60(yv12)->nv12 [AVX2], 1920x1080, 24000/1001 fps
下記オプションで使用しております。
QSVEncC64.exe --la-icq 23 --quality 1 --la-depth 50 --la-window-size 0 --la-quality slow --interlace none --bframes 3 --b-pyramid --weightb --weightp --trellis auto --level 4.1 --profile High --input-thread 1 --output-thread 1 --timer-period-tuning --vpp-deinterlace none --vpp-mctf --vpp-detail-enhance 20

設定の間違えなどございますでしょうか。

Re: vpp-mctfがエラー

--vpp-mctfの使用方法ですが、--vpp-mctf のあとに0~20で強さを指定してください。エラーメッセージがわかりにくくてすみません…。

例: --vpp-mctf 10

よろしくお願いいたします。

Re: vpp-mctfがエラー

rigayaさま

ご教示いただきありがとございます。
--vpp-mctf 10を試しましたが、
残念ながら同じエラーで終了してしまいました。

Re: Re: vpp-mctfがエラー

--vpp-deinterlace noneは不要なので外していただけますでしょうか? (どうも誤作動しているようで…)

よろしくお願いいたします。

Re: Re: Re: vpp-mctfがエラー

rigayaさま

--vpp-deinterlace noneを外したらエラー無く動作しました。
--vpp-mctf "auto"も動作しました。
ご教示ありがとうございました。

画素アスペクト比が1:1以外のときのエンコーダーによる違い

QSVEncCでエンコードした動画をDLNA経由でREGZAで視聴しているのですが、1440x1080、画素アスペクト比4:3の動画を再生すると異常に横長、というか縦に縮んで表示されてしまいます。
たまたま気づいたのですが、同じ動画をNVEncCでエンコードした場合は正常に再生でき、またHandBrakeCLIでQSVとNVEncそれぞれでエンコードしてもやはりQSVで縦に縮み、NVEncで正常に再生できる動画が出力されます。
QSVとNVEncそれぞれで出力した動画の何が違うのか、色々と試した結果、真空波動研で表示できるファイル詳細の一部が違うことに気づきました。

QSVEncC オプション

QSVEncC64.exe -c h264 --interlace tff --level 4 --profile high --dar 16:9 --colormatrix bt709 --audio-copy

QSVEncC 真空波動研

[qsvencc.mp4]
1440x1080 8Bit AVC/H.264 High@4 4:3 Interlace 29.97fps 27294f 3344.84kb/s
[Audio][2]
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 252.37kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 252.06kb/s
[Extra][2]
MP4 v2
MetaData
[MPEG4] 00:15:10.710 (910.710sec) / 410,683,781Bytes

qsvencc.mp4 / DLL 180820 Unicode

NVEncC オプション

NVEncC64.exe -c h264 --interlace tff --level 4 --profile high --dar 16:9 --colormatrix bt709 --audio-copy

NVEncC 真空波動研

[nvencc.mp4]
1440x1080 8Bit AVC/H.264 High@4 4:3(Extend) Interlace 29.97fps 27293f 5614.22kb/s
[Audio][2]
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 252.37kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 252.06kb/s
[Extra][2]
MP4 v2
MetaData
[MPEG4] 00:15:10.677 (910.677sec) / 668,895,657Bytes

nvencc.mp4 / DLL 180820 Unicode

NVEncCで出力した動画では、画素アスペクト比4:3のあとに「(Extend)」なる文字列が表示されました。これの有無が、REGZAで正常に再生できるかできないかに影響しているのではないかと思っています。
なんとなくExtendが付くのはNVEnc自体の仕様でしかないのかなと思っていたりしますが、QSVEncCでもREGZAで正常再生可能な動画を出力できるようになると嬉しいです。

以下、HandBrakeCLIのオプション・真空波動研詳細

QSV オプション

HandBrakeCLI.exe -e qsv_h264 -x tff=1 --encoder-profile high --encoder-level 4.0 --cfr --all-audio -E copy --crop 0:0:0:0 --loose-anamorphic -M 709 --no-comb-detect --no-deinterlace --no-decomb --no-detelecine

QSV 真空波動研

[hb_qsv.mp4]
1440x1080 8Bit AVC/H.264 High@4 4:3 Interlace 29.96fps 27292f 9780.35kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 252.38kb/s
[Extra][2]
MP4 v2
MetaData
[MPEG4] 00:15:11.090 (911.090sec) / 1,143,546,471Bytes

hb_qsv.mp4 / DLL 180820 Unicode

NVEnc オプション (ttf=1 は無視されるようです...)

HandBrakeCLI.exe -e nvenc_h264 -x tff=1 --encoder-profile high --encoder-level 4.0 --cfr --all-audio -E copy --crop 0:0:0:0 --loose-anamorphic -M 709 --no-comb-detect --no-deinterlace --no-decomb --no-detelecine

NVEnc 真空波動研

[hb_nvenc.mp4]
1440x1080 8Bit AVC/H.264 High@4 4:3(Extend) Progressive 29.97fps 27292f 7850.96kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 252.38kb/s
[Extra][2]
MP4 v2
MetaData
[MPEG4] 00:15:10.698 (910.698sec) / 923,248,012Bytes

hb_nvenc.mp4 / DLL 180820 Unicode

Re: 画素アスペクト比が1:1以外のときのエンコーダーによる違い

(Extended)の意味を探るべく、いろいろ試してみましたが、(Extended)かどうかは、アスペクト比のデータの格納方法によるようです。このあたりはエンコーダがどういうフォーマットを選択するかなので、QSVEncでExtended方式で出力するのは難しいので、mp4boxを使って加工するのがよいかと思います。

QSVEncC.exe -i "input.ts" -o "output.264" --sar 4:3
mp4box.exe -add "output.264":par=4:3 -new "output.mp4"

こうすると、ひとまず4:3(Extended)と表示されるmp4ファイルが作成できます。REGZAの表示の問題が(Extended)の有無だとすると、これで解決できないでしょうか。

Re: 画素アスペクト比が1:1以外のときのエンコーダーによる違い

横からですが、以下のようにQSVEncCでMP4を作ってから
MP4Boxでparの再設定だけするようにすれば
--audio-copyを使うような場合でも楽にできるかと思います。
MP4のbrand指定がそのまま維持できるというメリットもあり。

 QSVEncC.exe -i "input.ts" (各種オプション) -o "output.mp4"
 MP4Box.exe -par 1=4:3 "output.mp4"

2012年の書き込みなので今は色々と状況が変わってますが参考情報。
真空波動研で(Extend)がつくのはここにあるパターンAの
aspect_ratio_idc=255の方ですね。
https://toro.5ch.net/test/read.cgi/avi/1307444054/707-709

放送規格のARIB STD-B32でも、1440x1080,16:9(SAR=4:3)に関して
 「MPEG-4 AVC 規格の初期規格ではaspect_ratio_idc=14 は
  規定されていないため、255 での運用が望ましい。」
という注意書きがあったりします。

ただ今のx264でも--sar 4:3だとaspect_ratio_idc=14になりますし、
最近のテレビでこれをうまく解釈できないことってあるのかな・・・。

REGZAの型番も教えていただけると後々参考になるかもしれません。

Re: Re: 画素アスペクト比が1:1以外のときのエンコーダーによる違い

rigaya様、Tac様、返信していただきありがとうございます。

Tac様のコマンドラインで出力してみた結果、Extendが真空波動研で表示され REGZA 40J7 でも正常に再生できました。

ところで、先日Windows 10 May 2019 Updateが配信開始され、私のメインPCもISOファイルからクリーンインストールしたのですが、不思議なことにそのPCでDLNA配信するとQSVEncCで出力したファイルも横長になることなく再生されました。

Windowsのメディアサーバー機能は、トランスコード機能があるとかないとか不明な点が多いので、May 2019 Updateが正常再生できるようになった要因と確定することはできないのですが...(そもそも横長再生になるのがおま環である可能性も否定できず)。

ともあれ、おかげさまで正常再生できる動画を出力できるようになりました。ありがとうございました。

TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

失礼します。いつも便利に使わせて頂いております。

訳あって録画したTSファイルをQSVEncc64.exeにてエンコードする際に、
字幕トラックもそのままエンコード後のファイルに書き込むように出来ないか試行錯誤しております。

オプションを色々調べましたが、字幕を焼き込んだり出力したりするオプションはあるものの、字幕トラックをエンコード後のファイルのトラックにコピーするようなオプションは見当たりませんでした…(勿論、私が見落としている可能性もありますが…)

そこで、機能追加の要望にはなりますが、もし可能でしたら、字幕トラックを出力後のファイルにも書き込めるようなオプションを追加して頂けないでしょうか。

現状、ffmpegの -map オプションを利用して( -map 0 で全てのトラックを抽出させています)エンコードしていますが、出来ればハードウェアエンコードさせたいというのが本音です…

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いします…

Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

字幕コピーの件ですが、ts字幕のコピーは"--caption2ass"(ts用、要mkv出力)で可能としているつもりですが…不十分でしょうか。
https://github.com/rigaya/QSVEnc/blob/master/QSVEncC_Options.ja.md#--caption2ass-string

もしまだ試されていなければ、一度お試しください。

よろしくお願いいたします。

Re: Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

わざわざ返信して頂きありがとうございます。

--caption2ass で可能との事ですが、私の説明が足りていませんでした…

わがままを言うような感じになってしまいますが、
具体的には

・TSファイルをTSファイル(MPEG2-TS)に再エンコードさせたい
 ・mp4やmkvなどにはしたくない
・ARIB字幕のまま、再エンコードしたファイルにも含めたい
 ・ASSやSRTなど、一般的な字幕形式にはしたくない

といった感じになります。

実際の目的は異なるのですが、簡潔に例えるなら、
「TVTest+TVCaptionMod2で字幕付きで録画したTSファイルを見たいが、
ずっと保管しておくにはファイルサイズが大きすぎるので、
動画だけ再エンコードしてファイルサイズを圧縮させておきたい(字幕などはそのままにしておいて再エンコードした状態でもTVTestで字幕が見れるようにしておきたい)」
、といった所でしょうか…(表現が分かりづらくてすみません…)

上の例も一応代替策があるかもしれませんが、あくまで例なので代替策の話はなしでお願いします…

よろしくお願いします…

Re: Re: Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

いろいろ調べてみましたが、実現のハードルはそれなりに高そうです。

ARIB字幕をffmpegで取り扱えるようになったのがそもそも最近のようなので、まずはQSVEncCの使うffmpegを更新するところからでしょうか…。

Re: Re: Re: Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

わざわざ調べて頂きありがとうございます…
そうなんですね…
ffmpegのARIB字幕対応が比較的最近だったのは知りませんでした…

お忙しいとは思いますが、もし可能でしたら是非実装して頂けると助かります。

よろしくお願いします…


Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

実装の前の準備段階として、あまり字幕情報の取り扱ったことがないので、まずはffmpegでのARIB字幕の取り扱いについて調べています。

はじめにいただいたコメントで現在は"-map 0"で字幕情報をコピーされているとのことでしたので、いろいろ試しているのですが、ffmpegでコピーしても字幕がTVTest+TVCaptionMod2に認識されないファイルとなってしまいました。
ffmpeg.exe -y -i input.ts -map 0 -c copy -f mpegts output.ts

使用したffmpeg → https://ffmpeg.zeranoe.com/builds/

お手数ですが、ffmpegで現在使用していらっしゃるコマンドをご教授いただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

わざわざ試して頂き、ありがとうございます。

こちらでもfffmpegのオプションを変えたりと試してみましたが、残念ながらTVCaptionMod2で再生できる形式の字幕は生成できませんでした…
字幕自体はファイルに書き込まれているようなのですが、コピーする際に一部の情報がARIBの規格通りに書き込まれないようで、
MediaInfoでエンコード前と後の状態を比較してみましたが、一部の表示がエンコード時に変わってしまっています…

参考にならないとは思いますが、オプションは以下の通りです。
「ffmpeg -i "input.ts" -map 0 -ignore_unknown -f mpegts -vcodec libx264 -vb 6000k -vf yadif=0:-1:1 -acodec aac -ar 44100 -ab 128k -ac 2 -r 30000/1001 -aspect 16:9 output.ts」

前のコメントで書いた通り、TVCaptionMod2での再生はあくまで例えでして…(当然TVCaptionMod2で字幕を表示できるようになればとても便利になると思いますが…)

実際の目的ですが、私が個人的に開発しているいわゆるロケフリソフト(TVRemoteViewerのようなものです)にて、
b24.js というARIB字幕をデコードし、WebVTTというブラウザで再生できる字幕形式に変換してWebブラウザ上でARIB字幕を再生可能にするライブラリ(もともとEPGStationのために開発されたそうです(https://github.com/l3tnun/EPGStation/pull/249)・https://github.com/xqq/b24.js)を利用し、
ブラウザ上で字幕を表示できるようにすることです。(最初に言えばよかったですね…)

b24.jsを利用して字幕を再生させるためには、HLSにエンコードする際に、エンコード後のセグメントTSのストリームにARIB字幕を含める必要があります(ブラウザ側でセグメントTSを受信後、ARIB字幕を解析し、WebVTTに変換しているそうです)が、
現在のQSVEncCではそれが出来なかったため、要望させて頂きました。

現状、少なくとも -map 0 のオプションでは残念ながらTVCaptionMod2で再生できるARIB字幕を含めることは出来ないようですが、
個人的にはエンコード後のセグメントに字幕データを含めることさえ出来れば、b24.js側で解析し、Webブラウザ側で字幕を表示させることができるようなので(現状、-map 0 にて字幕を表示させることが出来ています)、それさえできれば… という所です…

もうご存知かとは思いますが、https://github.com/0p1pp1/ffmpeg ISDB向けFFmpeg を見つけました。
確証はありませんが、もしかすると、こちらであればTVCaptionMod2でも利用できる字幕を含めることができるかもしれません。

先に言っておくべきでした… 申し訳ありません…

宜しくお願いします…

Re: Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

とりあえずTVCaptionMod2がターゲットでなく、やはりそちらでもffmpegで出力したものがTVCaptionMod2で認識されているわけではないのですね…。

まずはQSVEncCの使用するffmpegのdll群を更新しQSVEnc 3.21を公開しました。
https://rigaya34589.blog.fc2.com/blog-entry-1131.html

これで下記のように指定すると、一応ARIB字幕もコピーされるようになります。
QSVEncC64.exe -i input.ts -o output.ts --audio-codec aac --sub-copy

なお、--audio-copyではなく、必ず--audio-codec aacを使用してください。(muxに失敗します、時間ができれば修正してみたいですが、すみません、ちょっと手が回っていません…)

出力ファイルの字幕はffmpeg同様、TVCaptionMod2やVLCでは認識されませんが、それでも大丈夫かも…? ということでしたので一度お試しいただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Re: Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

わざわざ対応して頂き、ありがとうございます!

ただ、こちらで --audio-codec aac をつけた状態で --sub-copy をつけて試してみたのですが、
TS→TSでエンコードする場合は問題なく字幕がコピーされ、b24.js側でも問題なく字幕が再生出来たものの、
-o オプションをm3u8にし、HLS関連のオプションを付けると、何故かエラーを吐いてQSVEncCが終了しまいます…

当該コマンドです。

QSVEncC64.exe -i "udp://127.0.0.1:1234?pkt_size=262144&fifo_size=1000000" --avsync forcecfr --avqsv -m hls_time:1 --gop-len 30 -m hls_list_size:3 -m hls_allow_cache:0 -m hls_flags:delete_segments -m hls_segment_filename:stream-06171115_%05d.ts --output-thread 0 --sub-copy --audio-codec aac --audio-ignore-notrack-error --audio-stream :stereo --audio-ignore-decode-error 30 --audio-samplerate 44100 --audio-bitrate 128k --avsync forcecfr --max-procfps 90 --output-res 1440x810 --qp-max 24:26:28 --vbr 5000k --fallback-rc -u 4 --profile Main --vpp-deinterlace normal --tff -o stream.m3u8

当該エラーログです。

[webvtt @ 0000000007515f00] Exactly one WebVTT stream is needed.
avout: failed to write header for output file: Invalid argument
Failed to SynchronizeFirstTask : unknown error.
[webvtt @ 0000000003ece1c0] EExactly one WebVTT stream is needed.
rror in encoding pipeline. : unknown error.
avout: failed to write header for output file: Invalid argument
error at encode thread.

encoded 0 frames, 0.00 fps, 0.00 kbps, 0.00 MB
encode time 0:00:00, CPULoad: 0.5%


QSVEncC.exe finished with error!

字幕をWebVTTに変換する訳ではないはずなのに何故かWebVTTモジュールが出てきたり、
そもそもエラー出力自体の表示がおかしかったり(一度エラーを吐くと以後コマンドプロンプトを閉じるまでずっと文字色がピンクとかになります…)と、不可解です…

オプションを削って QSVEncC64.exe -i input.ts -o out.m3u8 --audio-codec aac --sub-copy と最小構成でやってみたりもしたんですが、m3u8を指定するとやはりエラーになってしまうみたいです…

宜しくお願いします…

Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

hlsのmuxerを調べてみたところ、字幕ストリームは問答無用でvttに変換しようとするようで、最近のffmpegで試しても同様のエラーメッセージが表示されました。

ぱっと思いつく対策としては、字幕ストリームとしてでなく、デートストリームとして無理矢理突っ込めばいいのかなと思っておりますが、実装が必要になるので少々お待ちください。

Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

HLSの件、了解です。

また、追加の要望になってしまうのですが、
最近、ffmpegにて -dual_mono_mode main という便利なオプションを見つけました。
テレビの二ヶ国語放送(左から主音声、右から副音声が出るパターン)の際にのみ、主音声のみを左右両方から出力するというオプションです。(subにすると副音声のみ出るそうです)
QSVEncCでも --audio-stream を :stereo から FL,FR にすると主音声のみに切り替える事は出来ますが、通常のステレオ放送の場合はそのままのオプションにしているとモノラル音声になってしまうため、
もし出来れば、前述の -dual_mono_mode のように、自動で二ヶ国語放送のみ主音声に切り替えられるように出来れば…と思っています。

宜しくお願いします…

Re: Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

>> HLS出力
QSVEnc 3.22で字幕をデータとしてコピーするモードを追加しました。
--sub-copy asdata

これにより、hls出力時のVTTへの変換が行われなくなるはずですので、一度試していただけないでしょうか。

>>dual_mono_mode
dual_mono_modeというのはffmpegの音声デコーダのオプションのようでしたので、--audio-codecでデコーダのオプションを指定可能としてみました。

--audio-codec aac#dual_mono_mode=main

で動くはずですので、こちらもお試しください。

よろしくお願いいたします。

Re: Re: TSの字幕をエンコード後のファイルにそのまま書き込みたい

重ね重ね対応ありがとうございます…!

まず、--audio-codec aac#dual_mono_mode=main ですが、正常に二ヶ国語放送にて動くことを確認しました、ありがとうございます!

--sub-copy asdata の方ですが、正常にコピーできているように見えたのですが、何故かb24.js側で読み取れないようで、字幕を表示できませんでした…

ffmpegにて同じ録画ファイルで試した所正常に字幕が表示できたので、動画ファイルのせいではなさそうです…

参考になるか分かりませんが、同じ録画ファイルをQSVEnc・ffmpeg両方でエンコードした際のMediaInfoの比較結果です。

==QSVEnc==

テキスト
ID : 258 (0x102)-1
ID : 1 (0x1)
フォーマット : ARIB STD B24/B37
コーデック ID : 6
ビットレートモード : CBR モード
ストリームサイズ : 0.00 バイト (0%)
言語 : 日本語

==ffmpeg==

テキスト
ID : 258 (0x102)-1
ID : 1 (0x1)
フォーマット : ARIB STD B24/B37
コーデック ID : 6
ながさ : 4秒 504秒
ビットレートモード : CBR モード
ビデオ ディレイ : -45秒
ストリームサイズ : 0.00 バイト (0%)
言語 : 日本語

メニュー
ID : 4096 (0x1000)
ID : 1 (0x1)
ながさ : 4秒 938秒
リスト : 256 (0x100) (AVC) / 257 (0x101) (AAC) / 258 (0x102) (ARIB STD B24/B37, 日本語) / 259 (0x103) ()
言語 : / / 日本語


違いとして、

・ffmpegの方にはメニューストリームがある
・QSVEncのテキストストリームの欄にはffmpegの方にはある「ビデオ ディレイ」「ながさ」の項目が存在しない

などがありますが、正直私もよくわからないです…

何度も何度も申し訳ないです…
宜しくお願いします…
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR