2018年を振り返る

正直、今年はfgoばかりやっていた気がするので、あまり新機能とかの追加を行わずに、コードの整理とか、細かい調整とかに終始したような気がする。あとはgithub上でのドキュメントとかを多少は追加したりとか。

まあ、それでも少しづつ機能追加したり、バグを修正できたかなと思う。不具合とか、報告いただいた方々、ありがとうございました。再現が難しくて迷宮入りするものもあって申し訳ないですが…。

大雑把にやったことまとめ



自動フィールドシフトのAVX512対応
動くことは動くのだけど、メモリ帯域のほうが厳しくて演算を速くしても全然速くならない模様。

そもそもi9 7980XEは18コアなのに4ch DDR4しかなく、例えば以前の5960X (8コア/4ch DDR4)に対して比べてみてもかなりコア当たりのメモリ帯域が減っている。5960Xの時から、自動フィールドシフトはほぼメモリ帯域に足を引っ張られていたので、7980XEではさらにメモリ帯域がきつくなってそう。そんな中、AVX512で演算のほうだけ速くしてもだめなのかなあ、という気がする。

・QSVEnc/NVEnc/VCEEncのコード共通部分の拡大
今までこまごまと違うコードになっていた部分を可能な限り共通化した。

・QSVEnc/NVEnc/VCEEncのAviutlプラグインをパイプ渡しに変更
エンコーダに64bitプロセスを使えるように、またAviutlのプロセスのメモリ使用量を削減して、32bitプロセスの4GB制限をなるべく回避できるようになった。まあ、反面遅くなってしまう場合はあると思うのだけど…。

とかいいながら、実は一番大きい理由は、NVEncの事情として、最近のCUDA10では32bitの実行ファイルを作れなくなっていて、将来的に新しいCUDAを使う場合にプロセス分離しておかないといけないから、だったりする。

・QSVEnc/NVEncのオプションリスト
githubのほうに頑張って書いた。結構しんどかった…。
QSVEnc
NVEnc
あ、もしかしてVCE書いてない…?

・QSVEnc/NVEnc/VCEEncのバイナリのgithub版
AppVeyorを使ってgithubのほうにも実行ファイルを(自動的に)置くようにしてみた。(コマンドライン版のみ) そのために、ビルドも比較的簡単にできるようにしてみた。

なにごともバックアップを置くことと自動化することは大事だと思う。



来年やりたいこと



・fgo
・アニメ/漫画見る
・アニメ映画見る
 - Fate/Stay Night HF 2章
 - コードギアス 復活のルルーシュ
 - 冴えない彼女の育てかた Fine
 - PSYCHO-PASS サイコパスの新作
・自作PC (SunnyCove / Ryzen2)

・QSVEnc/NVEnc/VCEEncの溜まってるバグ修正とか?
・NVEncのフィルタ増強とか?
・NVEnc SDK 9.0への対応
・VCEEncの内部コード見直し



というわけで、今年もブログに遊びに来てくれた方々、ありがとうございました。

よいお年を。

ではFate Projectの特番見ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

x265も月イチ程度のペースでいいので続けていって貰えると嬉しいです…

No title

あけましておめでとうございます。
今年からAviutlに挑戦しようとしているものです。
Aviutlプラグインのx264guiEx 2.xxのリンクが共有制限?でひらけないようなのです。。。どうにかダウンロードすることはできないでしょうか。。。?
rigaya様のプラグインのお力をお借りしたいです。


Re: No title

少し時間を置くか、ダウンロード (ミラー) のほうも試してみていただいけないでしょうか。

よろしくお願いします。

No title

確認不足でごめんなさい!
できました、ありがとうございます!
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR