QSVEnc 3.17

[QSVEncC]
・--master-displayが正常に動作しない場合があったのを修正。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

インタレ保持エンコ時のFrame rate

いつも便利に使用させて頂いております。

教えてください。
これまでQSVEncC 2.75を使用していましたが、久しぶりに最新版(3.17)にアップデートしたところ、インタレ保持エンコが正常に行われなくなったように見えました(正確にはインタレ保持エンコしたものを再生した際、インタレ解除がうまく出来ていないように見えました)。
2.75の場合、MediaInfoのFrame rateが59.940FPS、Original frame rateが29.970FPSとなります。これはPAFFでインタレ保持した場合の仕様だったと思います。一方、3.17の場合、Original frame rateが29.970FPSとのみ表示されています。あまり知見がないのですが、これが原因でしょうか。オプションは下記、ソースはPT3で録画した地デジのTS、再生はQuickTime Player(Mac)です。
--avqsv --tff --copy-audio -i xxx.ts -o yyy.mp4

例えば、いずれかのバージョンアップ時に、なにかインタレ保持用の追加オプションが必要となったのでしょうか。

Re: インタレ保持エンコ時のFrame rate

ご使用のオプションでエンコードした際、MediaInfoで見ると下記のようになり、問題なくインタレ保持エンコできているのではないかと思います。

Frame rate : 29.970 (30000/1001) FPS
Color space : YUV
Chroma subsampling : 4:2:0
Bit depth : 8 bits
Scan type : Interlaced
Scan type, store method : Separated fields
Scan order : Top Field First

再生時のインタレ解除ですが、Macは持っていないのでWindows環境で恐縮ですが、mpc-be+madVR / VLC / Windows Media Playerいずれも問題なくインタレ解除できているように見えます。特にmadVR使用の際には、deinterlaceがonになっているのが明らかに確認できました。

フレームレートの問題は、ご指摘のように3.xxからOriginal frame rateのままになるようにしました。(倍フレームレートになるのが不評だったのでやめました) たしかに、これが原因でQuickTime Playerでの取り扱いが悪化したのかもしれません。

Macは詳しくないので申し訳ないのですが、たしかVLCのMac版はあったと思いますので、一度お試しいただけないでしょうか。

No title

お忙しい中、回答ありがとうございます。

当方、エンコはWindows、視聴はMacという環境のため、おっしゃる通りこちらの視聴環境特有の問題と思います。
いろいろ調査してみたところ、3.03まではOK、3.04からNGでした。
従って、MacのQuickTimePlayerの実装が、3.04で対応頂いた何らかの機能改善の取り扱いを苦手としているものと思われます。
ちょうどそのバージョンからOriginal frame rateのままになる対応が入ったように見えるため、rigayaさんのご推測のようにこの取り扱いが苦手な可能性が高いです。
Macはこれまで標準のQuickTimePlayerのインタレ解除性能が最も高かったため、VLC等でもインタレ解除可能なことは理解しつつもなんとかこちらが使えればなと思いました。今後のMac側のアップデート次第ですね。
さしあたっては3.03を使用させていただこうと思います。

色々とありがとうございました。

No title

Intelがこれから内臓グラフィックのドライバーをDCHに移行するということで導入してみたのですが、DHCをインストールしてから、QSVが使えなくなりました。
なので、DHC対応のアップデートを待っています。

Re: No title

コメントありがとうございます。

DCHドライバの件ですが、現状ではQSVについては特段対応の必要はないのではないかと考えています。

i7 7700K + Windows10 1809 (October Update)環境でDCHの25.20.100.6471ドライバを使用していますが、GPU情報を表示できないことを除き、特に問題なく使用できています。


x64\QSVEncC64.exe --check-features
Checking for QSV...
QSVEncC (x64) 3.17 (r1591) by rigaya, Dec 17 2018 20:22:32 (VC 1900/Win/avx2)
reader: raw, avi, avs, vpy, avqsv [H.264/AVC, H.265/HEVC, MPEG2, VP8, VP9, VC-1]
Environment Info
OS : Windows 10 x64 (17763)
CPU: Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz (4C/8T) <Kabylake>
RAM: Used 4395 MB, Total 16276 MB
GPU: Unknown

Media SDK Version: Hardware API v1.27


こちらでは、普通にインストーラ(dch_win64_25.20.100.6471.exe)を実行しただけで特に問題なく動作していますので、どういう場合にDCHで動作しなくなるのかはちょっと経験がなくわからない状況です。

Intel620UHDgraphics内蔵のノートパソコンで4分の動画をQSVencしてみたのですが途中でソフトが落ちました、タスクマネージャーで見てみるとGPUの3Dが限界に張り付いていました、これはただのメモリ不足でしょうか?

QSVEnc x64 3.17で1440pエンコードしようとするとスタックする

AviutlでQSVEnc x64 3.17を使い、2560x1440でエンコードしようとすると、応答なしの表示やエラーも出ずにスタックします。

エンコード中の、Aviutlのウィンドウ名はどうなってるかといいますと、
 「出力中 0% [9/2763] 残り時間 計測中」
と表示されたまま進みません。

auo [info]: converting YUY2 -> nv12p, using SSE2 AVX
auo [info]: QSVEncC options...
-c h264 --quality fastest --cbr 10000 --max-bitrate 0 --colormatrix bt709 -o "F:\mbssample48000.264" --y4m -i -



なお、同ソースでの1920x1080のエンコードは正常にできます。

2560x1440でのエンコードで、この状況が再現されるかをご確認いただければ幸いです!

Re: QSVEnc x64 3.17で1440pエンコードしようとするとスタックする

2560x1440で試してみましたが、こちらでは下記のように正常にエンコードできました。なお、Aviutlの最大画像サイズは2560x1440、キャッシュフレーム数は10に設定しました。

また、下記情報でUnknownとなっていますが、GPUはIntel HDGraphics 630で、25.20.100.6471ドライバです。

auo [info]: converting YUY2 -> nv12p, using AVX AVX2
auo [info]: QSVEncC options...
-c h264 --quality fastest --cbr 10000 --max-bitrate 0 --colormatrix bt709 -o "F:\temp\test.264" --y4m -i -
QSVEncC (x64) 3.17 (r1591) by rigaya, Dec 17 2018 20:22:32 (VC 1900/Win/avx2)
OS Windows 10 x64 (17763)
CPU Info Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz [TB: 4.50GHz] (4C/8T) <Kabylake>
GPU Info Unknown
Media SDK QuickSyncVideo (hardware encoder) PG, 2nd GPU, API v1.27
Async Depth 4 frames
Buffer Memory d3d11, 3 input buffer, 12 work buffer
Input Info y4m(nv12)->nv12 [AVX2], 2560x1440, 60/1 fps
AVSync cfr
Output H.264/AVC High @ Level 5.1
2560x1440p 1:1 60.000fps (60/1fps)
Target usage 7 - fastest
Encode Mode Bitrate Mode - CBR
Bitrate 10000 kbps
Max Bitrate 10000 kbps
VBV Bufsize 20000 kbps
QP Limit min: none, max: none
Trellis Auto
Ref frames 3 frames
Bframes 3 frames, B-pyramid: on
Max GOP Length 600 frames

encoded 13042 frames, 90.80 fps, 9953.65 kbps, 257.92 MB
encode time 0:02:23, CPULoad: 8.4
frame type IDR 22
frame type I 44, total size 10.08 MB
frame type P 3261, total size 165.10 MB
frame type B 9759, total size 87.78 MB


auo [info]: CPU使用率: Aviutl: 23.84% / QSVEnc: 8.35%
auo [info]: Aviutl 平均フレーム取得時間: 9.557 ms
auo [info]: QSVEncエンコード時間 : 0時間 2分26.2秒


お使いの環境はどういった環境でしょうか? 1920x1080で正常にエンコードできた際のログなどもいただけると、完全に同じ環境は難しいかもですが、近い環境を使うことで再現できるかもしれません。

Re: Re: QSVEnc x64 3.17で1440pエンコードしようとするとスタックする

迅速な返信ありがとうございます。
やはり、拡張x264guiex や AVI出力 での1440pエンコードは正常に出来ますが、拡張QSVEnc出力の1440pエンコードが出来ません。

下記ログは、1920x1080で正常にエンコード出来たときのログです。

------------------------------------------------------
[F:\mbstest.mp4]
------------------------------------------------------
auo [info]: converting YUY2 -> nv12p, using SSE2 AVX
auo [info]: QSVEncC options...
-c h264 --quality fastest --cqp 18:20:22 -o "F:\mbstest.264" --y4m -i -
QSVEncC (x64) 3.17 (r1591) by rigaya, Dec 17 2018 20:22:32 (VC 1900/Win/avx2)
OS Windows 7 x64 (7601)
CPU Info Intel Core i5-3320M @ 2.60GHz [TB: 3.10GHz] (2C/4T) <IvyBridge>
GPU Info Intel HD Graphics 4000 (16EU) 350-1200MHz [35W] (10.18.10.3910)
Media SDK QuickSyncVideo (hardware encoder), 1st GPU, API v1.10
Async Depth 4 frames
Buffer Memory d3d9, 3 input buffer, 15 work buffer
Input Info y4m(nv12)->nv12 [SSE2], 1920x1080, 30000/1001 fps
AVSync cfr
Output H.264/AVC Main @ Level 4
1920x1080p 1:1 29.970fps (30000/1001fps)
Target usage 7 - fastest
Encode Mode Constant QP (CQP)
CQP Value I:18 P:20 B:22
QP Limit min: none, max: none
Trellis Auto
Ref frames 2 frames
Bframes 3 frames, B-pyramid: off
Max GOP Length 300 frames

encoded 900 frames, 21.37 fps, 9646.21 kbps, 34.53 MB
encode time 0:00:42, CPU: 2.1, GPU: 10.2, MFX: 5.8
frame type IDR 3
frame type I 6, total size 0.54 MB
frame type P 225, total size 13.53 MB
frame type B 672, total size 20.73 MB


auo [info]: CPU使用率: Aviutl: 84.96% / QSVEnc: 2.14%
auo [info]: Aviutl 平均フレーム取得時間: 44.842 ms
auo [info]: QSVEncエンコード時間 : 0時間 0分44.8秒
auo [info]: qaac (v2.68) で音声エンコードを行います。 Apple Lossless (ALAC)
auo [info]: L-SMASH muxer (r1470) でmuxを行います。映像: on, 音声:off, tc:off, chap:off, 拡張モード:なし
auo [info]: L-SMASH remuxer (r1470) でmuxを行います。映像: on, 音声: on, tc:off, chap:off, 拡張モード:なし
auo [info]: 総エンコード時間 : 0時間 0分52.7秒

このように1080pエンコードは上手くいくのですが、同じソースのものを2560x1440のサイズで出力しようとすると、下記リンクの画像のようにスタックします。h ttps://imgur.com/a/wW6VdPL

参考として、画像下部にタスクマネージャも写してますが、「aviutl.exe *32」「QSVEncC64.exe」ともにメモリの値(?)はほとんど変動していません。
応答なしにもならずエラーも吐かないので、何時間か経てば進むのでしょうか。

ちなみに「~.mp4」になるようにエンコードしていますが、1440p出力後のファイルは0KBの「~.264」ファイルしか残っておらず、やはり何らかの影響で映像の出力がうまくいかないのだと思われます。

以上、長文となってしまいましたが、確認をお願いいたします。

Re: QSVEnc x64 3.17で1440pエンコードしようとするとスタックする

1080pでのログ、ありがとうございます。

原因はお使いのCPU/GPUの制限かと思います。

CPUの3000番台は現在所持していないので、はっきりとは言えないのですが、たしかエンコードできる解像度が1920x1080までだったように記憶しています。(4kまでかのうになったのが4000番台からのはずです)

Re: Re: Re: Re: QSVEnc x64 3.17で1440pエンコードしようとするとスタックする

返信ありがとうございます。スペック的な原因だったんですね!

1080p以下のエンコードはQSVEnc、
1080p以上のエンコードはAVI出力という形で使い分けようと思います。

いろいろとお忙しい中、ありがとうございました。

なぜかQSVEncがフリーズしてAviutlごと落ちてしまいます。
CPU:i9-9900K
RAM:8GB
OS:Windows10
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR