画質比較 2018.11 補足 - エンコ速度

画質比較 2018.11 (実写版)の補足。

念のため、1080pエンコードでのエンコ速度の比較を追加。

環境・条件



テスト用の環境はこんな感じ。
x264/x265nvenc
(1060)
nvenc
(2070)
qsv(KBL)
CPUi9 7980xe i7 7700K
CPUDDR4-3600 4ch 16GB DDR4-3600 2ch 16GB
GPU - GTX1060 RTX2070 HDG 630
ドライバ 416.34 6326
OS Win10 x64



使用ソフト

x264 r2901 x64
x265 2.8+74 x64
NVEncC 4.22 x64
QSVEncC 3.11 x64

入力
sample_movie_1080p.mpg
MPEG2 1920x1080 29.97fps 5203frame

使用コマンド
x264 medium
--crf 25

x264 veryslow
--crf 25 --preset veryslow

x265 medium
--crf 23

x265 veryslow
--crf 23 --preset veryslow

x265 medium 10bit
--crf 23 --input-depth 10 --output-depth 10

x265 veryslow 10bit
--crf 23 --input-depth 10 --output-depth 10 --preset veryslow

nvenc H.264
--vbrhq 0 --vbr-quality 31 --lookahead 32

nvenc HEVC
--vbrhq 0 --vbr-quality 31 --lookahead 32 -c hevc

nvenc HEVC 10bit
--vbrhq 0 --vbr-quality 31 --lookahead 32 -c hevc --output-depth 10

nvenc HEVC + Bframes
--vbrhq 0 --vbr-quality 31 --lookahead 32 -c hevc -b 3

nvenc HEVC 10bit + Bframes
--vbrhq 0 --vbr-quality 31 --lookahead 32 -c hevc --output-depth 10 -b 3

qsv H.264
--icq 31 -u 1

qsv HEVC
--icq 31 -u 1 -c hevc

qsv HEVC 10bit
--icq 31 -u 1 -c hevc --profile main10



入力としては無圧縮のy4mファイルを直接読んでるので多少IOが重いだろうけど、一応、y4mファイルはPCIeなNVMe SSDに置いてるので、ディスクIOはそこまで気にしなくてもよいと思う。



エンコード速度 結果





まあ、エンコード速度はオプションによって大きく変わるので、参考までに。例えば、QSVやNVENCはCQPを使えばかなり速くなるし、x264/x265とかもfasterとかにすればだいぶ速くなる。

RTX2070は、対GTX1080だとどうなんだろ…という疑問は残るものの、従来と同じオプションなら対GTX1060なら多少速くなっている。ただ、さすがにHEVCでBフレームをつけるとそれなりに速度が落ちるようだ。

QSVのHEVCは残念ながら遅い…。x265 mediumのほうが速いようだ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

VVenCguiEx
- VVenCによるVVC出力
- VVenCguiExの導入>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clcufilters 
- OpenCL/CUDAのGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
Amatsukaze改造版
- AmatsukazeのAV1対応版

tsreplace
- tsの映像のみを置き換えて圧縮

rkmppenc
- Rockchip系SoCのhwエンコーダ

fawutil
- FAW(FakeAACWave)⇔aac変換
- 二重音声の取り扱いにも対応

x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定
- これまでの測定結果はこちら

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR