DVDの寿命

どんなメディアにもたいてい寿命がある。

寿命が短いというと、フロッピーとかSDカードとかで、調べるとだいたい5年~10年とかと書いてあって、やっぱり結構短めだ。というかSDカード等のフラッシュ系って2~3年しか保たない印象あるが…、まあそれはいいか…。

こうした中、比較的寿命が長いとされているDVDをはじめとする光ディスク系だと、5年だったり、数十年だったり、なんかいろんなことが書いてある。

まあたしかに、メディアの品質、書き込み方法、保管状態等、条件が変われば大きく変わってしまうということになるんだろうけど、結局どんなもんなのかよくわからない。

で、じゃあ、自分の持ち物ではどうだったのか、という話。

500枚の古いDVDを読み込んでデータ移行をしようとしたときに、どのくらいのDVDが読めなかったか、数えてみた。



経緯とか



最近、わりと昔に録画したDVDを再生しようとしたら、読み込んでくれなくて、「フォーマットしてください」とか言われてしまった。いやいや消しちゃあかんから…。

思い返せば、DVDレコーダなるものを導入したのは2004年ぐらいで(たぶん)、そうするとそこからは14年たっているわけで、さっき調べた「寿命」を考えれば、そろそろ危ないのかな、ということになる。

そこで、とりあえず今後も保存しておきたいデータをHDDに移行することにした。

まあ、最近のDVD/BDレコーダだとCPRM(いわゆるコピー10とか)がかかってしまって録画したDVDのバックアップとかできないわけなのだが、当時はアナログ放送だったのでそんなものもなかったし、地デジチューナー搭載のDVDレコーダを買っても(アナログ停波までは)あえてアナログ放送を録画していたので、DVDを読めさえすればコピーは問題なくできるのだった。(まあある時期から〇V4を買ったりしたわけだが…)

ちなみに、こうした録画データはTVMW6で読み込みからエンコード(x265)まで全部やってしまうのが便利。やはりDVDを読み込んで一括でフィルタをかけてバッチ登録して…といったあたりを手間をかけずにできるのはいいと思う。とはいえ、読み込んだ枚数が多かったので、3台のDVD/BDドライブを同時に使って読み込んだにもかかわらず、3週間程度かかってしまった。毎日DVDをちょこちょこ入れ替えるのはなかなかめんどう…。



今回読み込んだDVDについて



外観: めっちゃ多い。




対象メディア: DVD-RAM 362枚、DVD-R 138枚、合計500枚

書き込み時期: 2004年~2011年 (大半は2009年ごろまで)

保管状態
木製の引き出しに入れていたので、直射日光等の問題はないはず。温度は室温に準ずるわけで、まあ、夏は暑かっただろう。夏の関東地方では理想的な保管状態を維持するのはどう考えても無理っぽい。

書き込んだDVDレコーダ:
Victor DR-MF1
Panasonic DIGA DMR-EX200V ※まだ稼働中

読み込みドライブ
Pioneer BDR-209XJB x2 (BDXL対応、SATA-USB3.0変換で接続)
Buffalo DVSM-XL1218U2 (USB2.0 DVDスーパーマルチ)




読み込み結果(読み込みエラー枚数の確認)



上に書いた3台の読み込みドライブのうち、一台でもDVDの論理構造を読み込めれば、「読み込めた」ものとし、論理構造すら読み込めなかった(Windowsにファイル構造が認識されかった)もののみを「読み込みエラー」とした。実際には、「読み込めた」もののなかでも、映像データが破綻し、いわゆる「ブロック割れ」することがあったが、今回はそれは考慮していない。

まずは枚数の多いDVD-RAMから。
メディアの種類 メーカー 速度(倍速) エラー枚数 全枚数 エラー率
DVD-RAM Maxell カラー 2倍 1 18 6%
2倍 16 87 18%
3倍 6 10 60%
TDK カラー 2倍 0 3 0%
白インクジェット 2倍 0 2 0%
Mitsubishi カラー 2倍 1 12 8%
Victor カラーインクジェット 2倍 0 14 0%
Panasonic 2倍 10 75 13%
濃青 2倍 0 31 0%
白インクジェット 2倍 3 18 17%
2倍 0 7 0%
3倍 33 42 79%
北京五輪 3倍 1 12 8%
3倍 0 13 0%
濃緑 3倍 2 18 11%
DVD-RAM 2倍速 合計 31 267 12%
DVD-RAM 3倍速 合計 42 95 44%
DVD-RAM 合計 73 362 20%


20%死亡…という、なかなか悲しくなってしまう数字。というか泣きたい。

特定のメディアのシリーズに集中してエラーが発生している傾向にある。なかには連続10枚死亡、というのもあって、寿命的に外れロットだったのか、あるいは書き込みドライブの調子が悪かったのか…。

メディアの品質というのも気になるところだが、より速い3倍速のメディアでエラーが多いことから、やはり高速書き込みはリスクが高いみたい。書き込み時間が30分から20分になるので便利だったのだが…。

※そもそも使用していたDVDレコーダでは、あえて遅い速度で書くことはできない。



次にDVD-R。

種類 メーカー 速度 エラー枚数 全枚数 エラー率
DVD-R Victor カラー 8倍 0 17 0%
Sony カラー 8倍 1 24 4%
Panasonic カラー 8倍 3 23 13%
TDK カラー 8倍 0 2 0%
不明 カラー 8倍 0 10 0%
Maxell カラー 8倍 0 10 0%
富士フィルム カラー 8倍 0 40 0%
富士フィルム カラー 8倍 0 12 0%
DVD-R 合計 4 138 3%


こちらは比較的優秀で、エラーは3%。昔、有機色素なDVD-Rに比べて、無機色素を使っているDVD-RAMのほうが耐久性が高いようなことを聞いた記憶があるが、そんなことはなさそうな結果だ。

もっとも、DVD-Rといえば、20倍速だの24倍速だのがでてきたわけで、そういうのを使っていれば違った結果になっていたのかもしれない。



今後のデータ管理



というわけで、DVD-RAMの20%が死亡するという、なかなか悲しい結果になってしまった。ただ、これだけ数を集めると、なんとなく傾向がわかってくると思う。やはりメディアのシリーズによって違いがありそうな気がするし、速度を上げて書き込むのはリスクが高そうだ。

そうはいっても、こういうDVDの寿命とかいうのは、いま年月が経ったからわかるのであって、DVDを買ったときにはわからないのが難しいところだ。(まあ、記録面を見れば品質がわかるプロの人もいるかもしれないが、ちょっとわたしにはそんな技能はない…)

今後のデータの保存という点では、HDDがどんどん大容量化したことで、もう光メディア(BD)での管理はメディアの記録容量の問題と、容量単価的に厳しくなりつつある。場所をとるのもちょっと問題。

HDDは駆動部品の多い機械なので、機械的な故障確率が高いので不安はあるけど、やはり圧倒的な大容量と容量単価の安さは魅力的。とりあえず違うメーカー同じ容量のHDDを1台づつ買って二重にデータを書いておいて、3~5年ぐらいで定期的にHDDを更新していくのがいまはベストなのかなあと思う。

大容量なので、データを移動するときにもDVD/BDのようにちまちま入れ替える必要がなく、1日ほおっておけばコピーが終わるのも手間がかからなくていい。ただ、大容量なぶん、死んでしまうとダメージが大きいので、2台同じものを作っておいてどちらかが壊れてもよいようにするのは重要だと思う。



データの移行は繰り返されるが…



今回移動したデータの中にはかつて8mm/VHS→DVDに移行したものもあって、今回それをさらにHDDに移行したことになる。

今回痛感したように、メディアには寿命がある。そうすると、時代に合わせてメディアを移動していくことが、データを長期間保存していくには不可欠だと思う。

ところが、それを阻むものがある。むろん、あのコピー10とかいう厄介なやつだ。

うえのほうで、あえてアナログで録画していたと書いたが、どうしても放送時間がかぶってしまい、〇V4 or アナログチューナーが足りずに地デジを録画したことがあった(まあ、優先度は低いのだけど)。これらを保存したDVDは当然CPRMがかかっており、そのまま置いておくしかない。それはつまり、いつか劣化して寿命を迎えるのを待つほかない、ということだ。

今回、かつてVHSにあった大昔のデータもDVDを経由してHDDに移り、圧縮劣化はしたものの今後も当分は保存していけるだろうと思う。その一方で、より最近の地デジのデータがおそらくそれより先に消えることになるんだろうなと思うと、なんだかなあ、と思わずにはいられない。

まあ、最近は動画等のコンテンツも自分で保存する時代ではなく、定額サービスなどに加入して視聴するのが一般的なのだろうが…。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はCD,DVD共に太陽誘電(That's)しか買わなかったですね。
会社のデータバックアップにはMO(保存可能期間=50年以内)を使っていました。ただドライブが故障しやすいのが欠点でした。
最近ではM-DISC(DVD/BD)が最大数百年保存可能と謳(うた)っていますね。

DVD-RAMの2割NGは驚き

DVD-RAMの2割NGは驚きですね。
CD-RやDVD-R系は表面が剥がれ、CD-Rの多くが消えていきました。
手持ちの多数のDISCを「まだ読めるか、読めないか」を何度も確認するのは苦痛なので、
その際にHDDにコピーしてしまうべきですね。
10TBが1万円くらいになってほしい(笑)

No title

他人事ではないな…
ウチにもアナログ放送時代に録画したDVD-R、-RW、-RAMがまだたくさん残っています
ただし、PCでは直接読み込めなくともレコーダー(特にPanasonic製)だと、なんどかトレイから出し入れすると再生してくれるディスクもあるので、今のうちにレコーダーの出力をキャプチャしておこうかと検討中

保存場所については最近のSDカードは耐久性を強化したものもあるので、コストさえ許せば長期的な保存における問題(地震等の振動による破壊、物理的に落とすなどの破壊行為)を考えると、SDカードも悪くないかと

No title

DVD-RAM、当時パナの白って他のより高くって、それでもDVD-RAM推進してたパナブランドって事でわざわざ買った覚えがあるwなんか当時ですら読み出しでエラーが出たことがあって、全部DVD-Rに焼き直したりしたんだけど、あれ正しい選択だったんだなぁ

No title

読み込めないDVD-Rをダメもとで
水で洗ったら読み込めたことあったなぁ

No title

こんにちは
DVD-R、DVD-RAM含め、新品のドライブを買ってきてマウントすると
読み込めなかったディスクも正常に読み込めたりしますよ
(要はドライブ側が劣化)

No title

> nono さま
たしかに太陽誘電が品質が良いという話は聞きましたね。M-DISC、寿命は期待できそうですが、やはりお高い(まあ当たり前かもしれませんが)

> DiR さま
そういえば、CDはもっと品質のばらつきがひどかったですね…。それこそ裏面の色素の濃さが全然違ったり…。

> レコーダーだと再生できたり
たしかにレコーダーだと、根気よく繰り返すとたまたまなのかうまくいくこともありますね。

HDDとかだと確かにSDやDVD/BDと違って落下や振動に弱いという欠点があるので、そういう意味では本来は異なるメディアに複数書いておくのがいいのでしょうけど…。

>DVD-RAM、パナの白
一応DIGAを使ってたので、同一メーカーということになるはずなのですが、この結果は残念な感じですね。

DVD-Rに書き直して正解かと思います。

> 新品のドライブ
たしかに3台のDVDドライブのうち、一番新しいものに入れると読めたりしました。寿命ぎりぎりのDVDだと読み込み側も問題になってくるかもしれませんね。


No title

同じように2008年~2014年のDVD-RとDVD-RW70枚以上で読み込めるか試した事があり、ファイナライズしていないDVD以外は全部読み込み出来ました。
ただファイナライズしていなくて読み込めない事があり捨ててしまった悲しい過去があるので試した方がいいかもしれません。
ちなみにファイナライズは「ReadDVDR1.2a」というソフトで出来ました。

Re: No title

おっしゃるように、DVD-RだとファイナライズしないとPCでは読めなかったりしますね。

ぱっと見では劣化して読めないのかファイナライズしてないだけなのか判別が難しかったりするので、本当はそのディスクを作ったDVDレコーダで読んでみるのが一番なのでしょうが…。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR