Amatsukaze 改造版 0.9.6.2

- SVT-AV1エンコード時にSAR比を指定する機能を追加。
いただいた要望の反映。

エンコーダ追加オプションの下に設定欄を追加。
amatsukaze_20240130_svtav1_sar.png

- 前回試作したkeyframe読み込み機能を削除。
あまりうまく柔軟性の高い仕組みにできていなかったので削除。従来通りjoin_logo_scpを経由したほうが自然に処理でき、柔軟性も高そうに思う。



ダウンロード>>


スポンサーサイト



CheckBitrate 0.06

- 0.05でビットレートが過小評価されていた問題を修正。

不必要に複雑に作ってしまっていたので、基本的な処理を再実装して簡素化。

簡素化したことですっきりし、今回問題となっていた箇所も自然と修正された。なお、集計方法を変えたため、0.04とはわずかに異なる値になる可能性がある点に注意。



ダウンロード>>


CheckBitrate 0.05

久しぶりの更新。

- ベースとなるffmpegモジュールの更新。

- 時折入力ファイルによっては時刻が飛ぶ問題を修正。
ご指摘いただいた問題を修正。

454のtsファイルに対して実行したところ、従来9ファイルで時刻の飛びが発生していたのが、0になったことを確認。



ダウンロード>>

ソースはこのへん。

Amatsukaze 改造版 0.9.6.1

- join_logo_scp実行時にオリジナルのtsファイル名を環境変数 TS_IN_PATH に設定するように。
なお、ログでの表示上では環境依存文字は "?" で表示される点に注意。(内部的にはUnicode)

以前、join_logo_scp実行時に、環境変数 CLI_IN_PATH でtsファイル名を渡せるようにした。

ただ、Amatsukazeでは、ファイル名がシステムのデフォルト文字コード(たいていCP932(SJIS))で表現できない場合に、入力tsを一時ファイルにコピーして処理を行うため、CLI_IN_PATH が一時ファイル名になってしまっていた。そこで今回、オリジナルのファイル名を TS_IN_PATH に設定するよう追加を行った。

- ロゴ解析本体部分をAVX2に対応。
AVXまでの対応だった箇所をAVX2に、また一部追加でAVX2化。

ただロゴ解析は、ロゴ解析本体よりはtsのデコードのほうが圧倒的に重いので、高速化効果はほぼ確認できなかった。

- 並列ロゴ解析の上限を4→8に変更。

- CM解析の代わりに "<オリジナルのtsファイル名>.keyframe" 内の分割点を読み込めるように。
以前いただいた要望の反映。

"<オリジナルのtsファイル名>.keyframe"が存在する場合、そちらを自動で読み込んで反映させる動作を試作。

ただし、音声フォーマット変更等でファイルが分割される場合には非対応(従来動作となる)。



ダウンロード>>


ffmpegOut 1.10

- AVX2の使用できない環境で、高ビット深度出力を行うと、緑色のフレームになってしまう問題を修正。
ご指摘のあった問題の修正。



ダウンロード>>

ffmpegOutの導入


Arc A380 GPUでのQSVエンコード(QSVEnc)へのResizable Barの影響

Intelドライバをインストールすると最後にResizable Barを有効にしようといわれる。

Intel_driver_resizable_bar_20240124.jpg

正直、「サイズ変更可能なBAR」は意味不明だが、要するにResizable Barの直訳である。

実際、Arc GPUは他のGPUと比べ、ゲームでもResizable Barの影響が大きいという話だった。


そこで、QSVエンコードではどのくらいの影響があるのか確認してみた。

NVEnc 7.41

- ノイズ除去フィルタを追加。(--vpp-denoise-dct)



※NVEnc 6.00から導入方法が変更されていますのでご注意ください。
※Aviutl向けには、Aviutl_NVEnc_7.xx.zip をダウンロードしてください。
ダウンロード>>

NVEncの導入
NVEncCオプション一覧>


Amatsukaze 改造版 0.9.6.0

ロゴ解析周りの高速化を実装。場合によっては多少は速くなるかも?

- ロゴをCM解析で使用しない場合(JLファイルにLogoOffが含まれる場合)、ロゴ解析をチャプター・CM解析後に実行するように。
CM領域をロゴ解析対象から外すことで高速化。

JLファイルにLogoOffがない場合には、join_logo_scpのCM解析でロゴ解析結果を使うはず(たぶん…)なので、この順序の入れ替えはできません。

- ロゴ消しせず、かつロゴをCM解析でも使用しない場合(JLファイルにLogoOffが含まれる場合)はロゴ解析をスキップするように。
なおロゴ消しする場合には、ロゴ解析は必須の処理のはずです(ロゴ解析の結果ファイルをAMTEraseLogoに渡しているので)。

- 並列ロゴ解析機能を追加。
ロゴ解析を最大4並列で並列に実行するオプションを追加。MPEG2デコーダは「デフォルト」の想定で、CPUコア数に余裕がある場合には多少高速化できるかも?

プロファイルのその他の設定にオプションを追加↓。
amatsukaze_parallel_logo_analysis_20240121.png

- 同梱の実行ファイルを更新。
SvtAv1EncApp_1.8.0-6_x64.exe



ダウンロード>>


Amatsukaze 改造版 0.9.5.11

- 0.9.5.9以降、チャプター・CM解析を無効にするを無効、ロゴ消ししないをオフの状態で、対象チャンネルのロゴデータがない状態でファイルをドロップすると異常終了するのを修正。
ご指摘いただいた問題を修正。報告いただきありがとうございました!



ダウンロード>>


Amatsukaze 改造版 0.9.5.10

- ロゴ消しなしの時にも、CM解析のためロゴ解析を行うように。
ご指摘いただいた問題の修正。



ダウンロード>>



チャプターCM解析⇒ロゴ消し(ロゴ解析)の順序への対応は申し訳ないですが実施していません。

- CM解析後にロゴ解析をしても、結局CM部分しかスキップできないので大きくは高速化できない (もしかするとコメントくださった内容をよく理解できていないのかもという気もするので、誤解していたらすみません)

- ロゴ解析を結果を使用してCM解析をしないとCMを正しく判定できない場合もある(うまくいく場合もある?) → であれば素直に現状のままでいいのでは?

という感じです。

全体的にやはりAmatsukazeは全体を細かく理解できていなく、完全自作のx264guiExやQSVEncなどと比べ、気軽にいじってみることが難しくなっていて、そこはちょっとすみません。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

VVenCguiEx
- VVenCによるVVC出力
- VVenCguiExの導入>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clcufilters 
- OpenCL/CUDAのGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
Amatsukaze改造版
- AmatsukazeのAV1対応版

tsreplace
- tsの映像のみを置き換えて圧縮

rkmppenc
- Rockchip系SoCのhwエンコーダ

fawutil
- FAW(FakeAACWave)⇔aac変換
- 二重音声の取り扱いにも対応

x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定
- これまでの測定結果はこちら

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR