QSVEnc 6.09

English change log and binaries>>

[QSVEncC]
・6.08でb-pyramidが使用できなくなっている問題を修正。

[QSVEnc.auo]
・出力の際、Aviutlが開いているファイルに上書きしないように。

・設定が行われていない場合に、前回出力した設定を読み込むように。

・複数のAviutlプロセスで出力していても正常にチャプターを扱えるように。

・ログ出力のモードを変更すると正常に出力できないことがあったのを修正。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


スポンサーサイト



PMD_MT 高速化版+7

・AVX-VNNI対応によりごくわずかに高速化。
Alderlake向け最適化。

AlderlakeはEコアがAVX512に対応していない関係で、AVX512が無効化されていて、基本的にはAVX2までの対応にとどまっている。なので、AVX512で追加されたいろいろ便利な新しい命令は、軒並み使用できない。

ところが、そういう新しく追加されたAVX512命令のうち、AVX512VNNIだけが特別扱いで、その256bit版がEコアでも動作するように追加されていて、これが使えるようになっている(AVX-VNNI)。

このAVX-VNNIを使うと、AVX2のvpmaddwdとvpaddの2命令をvpdpwssdの1命令に置き換えられるので、今回はその置き換えを行った。命令数が減るので理屈の上では速くなるはずだが、それほど多くの個所で使用してはいないので、微々たるものだとは思う。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら


svtAV1guiEx 0.11

・--tune用の設定欄を追加。
svt-av1 0.9.1で追加された機能に対応。

・同梱の実行ファイルを更新。(0.9.1+1)
svt-av1の実行ファイルは単体でも配布するようにしました。右側の「いろいろ」>「ビルドしたものとか」からダウンロードできます。

gcc 11.2.0 (LTO+PGO) ビルドです。

・設定が行われていない場合に、前回出力した設定を読み込むように。
x264guiExと同じ変更。

・2passエンコードの1pass目のpresetは8か設定値の大きいほうを使用するように。

・mp4でのVFR出力はサポートされないので、エラーチェックを追加。

・tc2mp4modはAV1に対応していないため、関連設定を削除。
ご指摘いただいた点に対応。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら


画質比較 (2022.02) アニメ編

もうひとつの記事に書いたやつのアニメ版。(実写版はこちら)

SVT-AV1が0.9.0になって高速化したようなので、x265とかと画質と速度の比較をしてみた。

ついでにQSV/NVEncもざっと再チェックして、コメントいただいたQSVのFixed Func(FF, Low powerとも)についても確認。

ここでもchart.jsを使って線をon/offできるようにしてみた。

デフォルトでは見やすさのために大半の線はoffにしているので、気になる設定をonにしたりしてチェックしてみてほしい。

画質比較 (2022.02) 実写編

SVT-AV1が0.9.0になって高速化したようなので、x265とかと画質と速度の比較をしてみた。(アニメ版はこちら)

ついでにQSV/NVEncもざっと再チェックして、コメントいただいたQSVのFixed Func(FF, Low powerとも)についても確認。

かなり時間かかったうえ、あまりにいろいろデータを取りすぎて、グラフの線が重なりまくってよくわからなくなったので、いつものエクセルで作った画像じゃなくて、chart.jsを使って線をon/offできるようにしてみた。
デフォルトでは見やすさのために大半の線はoffにしているので、気になる設定をonにしたりしてチェックしてみてほしい。

NVEnc 5.44

[NVEncC]
・--vpp-delogoでauto_nr/auto_fade使用時に、"Invalid input frame ID -1 sent to encoder." というエラーが発生していたのを修正。
ご指摘いただいた問題の修正。

・--qvbr <float>オプションを追加。(--vbr 0 --vbr-quality <float> に同じ)
より直感的に固定品質モードを使用可能なように。

[NVEnc.auo]
・Aviutlの子プロセスが開いているファイルについても出力ファイルで上書きしないようチェックを追加。
x264guiExと同じ更新。

・設定が行われていない場合に、前回出力した設定を読み込むように。
これもx264guiExと同じ更新。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


ffmpegOut 0.11

・Aviutlの開いているファイルについて出力ファイルで上書きしないようチェックを追加。
x264guiExと同じ変更。

・設定が行われていない場合に、前回出力した設定を読み込むように。
これもx264guiExと同じ変更。

・連番出力で出力ファイルがないというエラーメッセージが表示されないように。
ご指摘いただいた問題の修正。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


x265guiEx 3.103

・Aviutlの開いているファイルについて出力ファイルで上書きしないようチェックを追加。
x264guiExと同じ変更。

・設定が行われていない場合に、前回出力した設定を読み込むように。
これもx264guiExと同じ変更。

・同梱のx265を更新。
x265 3.5+13 → 3.5+34

SVT-HEVCのリンクは外しました。x265のみの配布も更新しています。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら



x264guiEx 2.72

・パラメータが設定されていない場合、前回出力時の設定をロードして実行するように。
なるべくエラーになるケースを減らすための実装。

プラグイン出力を行う場合、「ビデオ圧縮」を押して設定を行ってから出力するもの、と私自身思い込んでいたが (まあ、設定するのが好きだからこういうプラグインを作っているので…)、そのまま「保存」をクリックされる方も多いようだ。

そのまま「保存」をクリックした場合には、Aviutlのプロファイル内に保存された以前使用したときの設定があれば渡されるはずなのだが、プロファイル内の設定がなくなってしまっている場合があり、そうした場合には設定なしのままでエンコード処理に進むことになる。(このあたりの詳細は別記事に)

前回(x264guiEx 2.71)ではこういうとき、デフォルトの設定でエンコードをするようにした。

ただ、それよりは前回出力時の設定を読み込んだほうがよいのかな、ということでx264guiEx 2.72では

・出力が成功した場合、ファイル「前回出力.stg」にその設定を保存しておく

・出力時に設定がされていない場合
 ・「前回出力.stg」が存在すればそれを読み込んでエンコードを行う
 ・なければデフォルト設定でエンコードを行う

というように変更した。

前回出力したときの設定は設定画面のプロファイルからも選べるようになっているので、設定画面を開いて「デフォルトに戻ってしまってるー」、という場合には「前回出力」をクリックして復旧してください。

x264guiEx_2_72_profile_prev_out.png



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
メインのダウンロードリンクとミラーは同じものです。

ソースはこちら


Aviutlの出力プラグインの設定

以前、NVEnc出力で、設定が毎回初期化されてしまうというコメントをいただいた。

なぜそのような動作になるのか、思い当たる点がなかったのだが、ちょっと色々調べてみたという話。

なお、このコメントはNVEnc出力にいただいたが、このあたりはプラグイン固有の問題というよりは、Aviutlの出力プラグインの使用に絡んだ問題で、x264guiExでも共通の問題と思われるので、今回はx264guiExを使って調査した。

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

VVenCguiEx
- VVenCによるVVC出力
- VVenCguiExの導入>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定
- これまでの測定結果はこちら

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR