svtAV1guiEx 0.07v2

svtAV1guiEx 0.07
・scene change detectionの設定欄を追加。
・0.06でバッチファイルを実行すると異常終了する場合があった問題を解消。

svtAV1guiEx 0.07v2
・同梱の実行ファイルを更新。(0.8.7+95)



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら


スポンサーサイト



【朗報】 AMD RyzenのL3 Cacheを再認識できた件 【Windows11】

前回確認したWinodws11がRyzenのL3キャッシュのほとんどを見失う問題について、Release Previewでは修正されているということだったので、これを確認してみた。

実際に無事修正されているようで、Win10と同等の性能に戻ることが確認できた。近日中に通常のWindows Updateでも修正が行われると思うので、個人的にはこれでRyzenPCもWin11に移行できそう。

NVEnc 5.41

[NVEncC]
・12bit深度を10bit深度に変換するときなどに、画面の左上に緑色の線が入ることがあったのを修正。
ご指摘いただいた問題の修正。

・bitstreamのヘッダ探索をAVX2/AVX512を用いて高速化。

[NVEnc.auo]
・ログ出力モードをデフォルト以外に変更すると異常終了していたのを修正。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


近づくAlderlake

もうしばらくするとAlderlakeが発売されるという噂だ。

Alderlakeはx86初のHybridコアであり、デスクトップでついに14nmとおさらばするCPUであり、初のDDR5対応CPUで、かつ久しぶりにデスクトップから新コアがもたらされる、ということでなかなか楽しみだ。

あとはぐだっと書いていくだけ。

QSVEnc 6.04

English change log and binaries>>

・想定動作環境にWindows11を追加。
・Windows11の検出を追加。
・スレッドアフィニティを指定するオプションを追加。(--thread-affinity)
・ログの各行に時刻を表示するオプションを追加(デバッグ用)。(--log-opt addtime)
・dynamic hdr10plusのmetadataをコピーするオプションを追加。(--dhdr10-info)
・bitstreamのヘッダ探索をAVX2/AVX512を用いて高速化。
・12bit深度を10bit深度に変換するときなどに、画面の左上に緑色の線が入ることがあったのを修正。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


svtAV1guiEx 0.06

・colormatrix, colorprim, transfer, colorrangeの指定欄を追加。

・SAR比の指定に対応。(コンテナ側での指定)
ここでのSAR比の指定は、mp4box/mkvmergeでコンテナ側に反映させるもので、映像そのものには反映されないので注意。

一応mp4について確認すると、mpc-be/vlc/Win10標準の「映画&TV」/firefox/edgeでは問題なくアスペクト比が反映されるので問題なさそう。ただ、mkvについては検証していないし、プレイヤーによっては反映されないことがあり得るので、使用してみる場合はご自身の再生環境で一度試してみてください。

・同梱の実行ファイルを更新。(0.8.7+79)

・Windows11の検出に対応。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら


ffmpegOut 0.10

・Windows11の検出に対応。
更新内容はこれだけなので、それほど意味があるわけではないが念のため更新。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


【悲報】 AMD RyzenのL3 Cacheの大半を見失った件 【Windows11】

まあ、話題になってる件、わたしの場合は5950XのPCをWindows11にアップグレードした翌日に問題を目にして、

あと1日はやく気づいてたら…!

となったのだけど、アップグレードしてしまったものはしょうがないし、せっかくなので実際のとこどうなの、というのを調べてみた。


x264guiEx 2.68

・Windows11の検出に対応。

・同梱のx264をr3075に更新。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
メインのダウンロードリンクとミラーは同じものです。

ソースはこちら


x265guiEx 3.102

・同梱のx265を更新。
x265 3.4+19 → 3.5+13

SVT-HEVCのリンクは外しました。x265のみの配布も更新しています。

・Windows 11 の検出に対応。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら



プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR