VCEEnc 6.00

[VCEEnc.auo]
・VCEEnc.auoで内部エンコーダを使用するモードを追加。
こちらの動作をデフォルトにし、外部エンコーダを使うほうはオプションに。

これまでVCEEnc.auoで出力する場合、音声エンコーダは別途外部エンコーダでエンコードしていた。(nero, qaac, ffmpeg等)

しかし、VCEEncCでもlibavcodecによる音声エンコーダが使えるので、こちらを使って音声エンコード、muxまで一括して行うように拡張した。これで音声エンコーダやmuxerなどを別途用意する必要がなくなり、VCEEncCのみ使用するようになるので、音声周りの設定が簡単になると思う。

内部エンコーダ・muxerで使える音声のコーデックはlibavcodecで利用可能なコーデックひととおり(aac, libmp3lame, libopus等)と例外としてfaw2aac.auoからの出力にも内部muxerで対応できるように実装した。

[VCEEncC]
・音声デコーダやエンコーダへのオプション指定が誤っていた場合に、エラーで異常終了するのではなく、警告を出して継続するよう変更。
・--chapterがavsw/avhw利用時にしか効かなかったのを修正。



※ VCEEnc 5.xx以前のプロファイルは設定しなおす必要があるかもしれません。
ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


スポンサーサイト



NVEnc 5.00

English version of changelog>>

[NVEnc.auo]
・NVEnc.auoにNVEncCの内部エンコーダを使用するモードを追加。
QSVEnc 4.00と同じ変更。

こちらの動作をデフォルトにし、外部エンコーダを使うほうはオプションに。

これまでNVEnc.auoで出力する場合、音声エンコーダは別途外部エンコーダでエンコードしていた。(nero, qaac, ffmpeg等)

しかし、NVEncCでもlibavcodecによる音声エンコーダが使えるので、こちらを使って音声エンコード、muxまで一括して行うように拡張した。これで音声エンコーダやmuxerなどを別途用意する必要がなくなり、NVEncCのみ使用するようになるので、音声周りの設定が簡単になると思う。あとは、一時ファイルなども必要なくなるので、予期せずエラーも減るかも?

内部エンコーダ・muxerで使える音声のコーデックはlibavcodecで利用可能なコーデックひととおり(aac, libmp3lame, libopus等)と例外としてfaw2aac.auoからの出力にも内部muxerで対応できるように実装した。

[NVEncC]
・動画を回転/転置するフィルタを追加。( --vpp-rotate, --vpp-transform)
要望の反映。

・エンコード遅延を抑制するオプションを追加。( --lowlatency )
エンコードのパフォーマンス(スループット)は落ちるので、使い道はあまりないかも?

・hdr10plusのメタ情報をそのままコピーするオプションを追加。(--dhdr10-info copy)
現状制限事項が多いので注意。
- avsw/avhwのみ。
- avhwはraw streamなどtimestampが取得できない場合、正常に動作しない。

・音声デコーダやエンコーダへのオプション指定が誤っていた場合に、エラーで異常終了するのではなく、警告を出して継続するよう変更。

・--chapterがavsw/avhw利用時にしか効かなかったのを修正。



※ NVEnc 4.xx以前のプロファイルは設定しなおす必要があるかもしれません。
ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


QSVEnc 4.01

[QSVEncC]
・3.33からIvyBridgeの環境でvppを使用できない問題を回避。

[QSVEnc.auo]
・デフォルト音声エンコーダの設定が反映されないのを修正。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


fgo 2部5章 オリュンポス

なんとか、クリアできました。

バトルの難易度がやばくて、ボス戦はすべからく高難度やってる気分…。ちゃんと調べて最大戦力突っ込んでなんとか勝てるレベルで、厳しい戦いを強いられているのが実感できて個人的にはシナリオに入っていける面もあってよかったけど、クリア後はシナリオの衝撃もあって放心してしまった…。

キリ様とカイニス、今回ですごく印象変わって、めっちゃ好きになった。そしてラストとそこからのあのクリア礼装というのがもう涙腺にやばい…

fgo_20200412_2_5_fin.jpg

QSVEnc 4.00

[QSVEnc.auo]
・QSVEnc.auoでQSVEncCの内部エンコーダを使用するモードを追加。
こちらの動作をデフォルトにし、外部エンコーダを使うほうはオプションに。

これまでQSVEnc.auoで出力する場合、音声エンコーダは別途外部エンコーダでエンコードしていた。(nero, qaac, ffmpeg等)

しかし、QSVEncCでもlibavcodecによる音声エンコーダが使えるので、こちらを使って音声エンコード、muxまで一括して行うように拡張した。これで音声エンコーダやmuxerなどを別途用意する必要がなくなり、QSVEncCのみ使用するようになるので、音声周りの設定が簡単になると思う。あとは、一時ファイルなども必要なくなるので、予期せずエラーも減るかも?

それからまあ、私のほうの都合としては、簡易インストーラのテストが楽になったり、配布するバイナリが減ればその分ウイルス対策ソフトによる誤検知問題もひっかかりにくくなるとか、そういう理由もあったり。

内部エンコーダ・muxerで使える音声のコーデックはlibavcodecで利用可能なコーデックひととおり(aac, libmp3lame, libopus等)と例外としてfaw2aac.auoからの出力にも内部muxerで対応できるように実装した。


・QSVのない環境で設定画面を開こうとすると異常終了してしまうのを修正。


[QSVEncC]
・音声デコーダやエンコーダへのオプション指定が誤っていた場合に、エラーで異常終了するのではなく、警告を出して継続するよう変更。
--audio-codec aac#dual_mono_mode=main のように指定した場合の動作変更。

・3.33からSandyBridge/IvyBridgeの環境でvppを使用できない問題を回避。
ご報告いただいていた問題。SandyBridge/IvyBridgeを所持していないので確実ではないが、原因と思われるところに対処したので、おそらく大丈夫かと。

・--chapterがavsw/avhw利用時にしか効かなかったのを修正。



※ QSVEnc 3.xx以前のプロファイルは設定しなおす必要があるかもしれません。
QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


x264guiEx 2.64v3

・muxerを更新。
muxerについては、最近いくつかのウイルス対策ソフトに誤検知されるので、悪あがきとして、多少ビルドをいじって様子を見ています。とりあえず、ウイルス扱いされることは減ったみたい。
https://github.com/rigaya/l-smash/tree/add_ver_info

これでウイルス対策ソフトに阻まれてインストール失敗みたいなことが減るんじゃないかなと期待。すべての実行ファイルを同梱しているので安定してインストールできるはず。

・muxerの64bit版を追加。
64bit OSでは64bit版が優先的に導入されます。

合わせてL-SMASHのmuxer単体の配布のほうも更新しました。x86/x64の両方をビルドしています。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら


x265guiEx 3.99

・添付のx265を更新。
x265 3.3+2 → 3.3+14

なお、最新の3.3+20は高ビット深度で正常に動作しないため、3.3+14にとどめた。

・x265の新オプションを設定画面に追加。
--rskip
--fades
--hist-scenecut
--hist-threshold

・muxerを更新。
・muxerの64bit版を追加。
x264guiExと同じ更新。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら



プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR