ハロウィン

github、こんな表示になるんですね。



こっちも忙しいけど。



あともう少し周回しないと…。
スポンサーサイト



NVEnc 4.21

English version of changelog>>

NVEncCの更新はありません。

[NVEnc.auo]
・NVEnc.auoのリサイズアルゴリズム選択を修正。

・NVEnc.iniにffmpegによる音声エンコードと、デュアルモノの分離処理を追加。


・NVEnc.auoの設定画面からwav出力できなかったのを修正。
指定された動画エンコーダは存在しません。[ ]とエラーが出てしまっていた。

・faw2aac処理後も音声エンコ後バッチ処理を行うように。
なお、音声エンコ前バッチ処理は実施されない。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら>>


x265guiEx 3.89

・3.87以降、タスクバーでの進捗表示ができなくなっていたのを修正。
ご指摘ありがとうございました。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら


QSVEnc 3.11

[共通]
・SandyBridgeやIvyBridgeなどでvppを使用すると、エンコードが実行できない場合があったので対策を実施。
>> Failed to initialize vpp. : invalid video parameters. などと表示されてしまっていた。環境がないためわからないが、おそらく回避できていると思う。

[QSVEnc.auo]
・QSVEnc.auoの設定画面からwav出力できなかったのを修正。
指定された動画エンコーダは存在しません。[ ]とエラーが出てしまっていた。

・QSVEnc.iniにffmpegによるAACエンコードと、デュアルモノ分離の設定を追加。

・faw2aac使用時にも音声エンコ後バッチ処理を追加。
ただし、faw2aac使用時の音声エンコ前バッチ処理は実施しない。

[QSVEncC]
・--check-featuresに--vpp-mctfのチェックを追加。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


x264guiEx 2.57

・x264guiEx.iniにffmpegによるAACエンコードと、デュアルモノ分離の設定を追加。

・faw2aac使用時にも音声エンコ後バッチ処理を追加。
(ただし、faw2aac使用時の音声エンコ前バッチ処理は実施しない)



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら


x265guiEx 3.88

・x265guiEx.iniにffmpegによるAACエンコードと、デュアルモノ分離の設定を追加。

・faw2aac使用時にも音声エンコ後バッチ処理を追加。
(ただし、faw2aac使用時の音声エンコ前バッチ処理は実施しない)



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら


NVEnc 4.20

English version of changelog>>

[NVEnc.auo]
・--vbr-qualityが小数で指定できるように。

[NVEncC]
・VC-1 hwデコードを有効に。



appveyorという仕掛け(?)を使ってgithubのreleasesにNVEncCだけだけど自動的にバイナリを置けるようになった。便利。

今までは、ffmpegのdllのビルドが結構面倒だったけど、使用するdllなどの必要なファイル(dll,lib,ソース)をすべてgithubの別のリポジトリに置くようにしたので、だいぶ楽にビルドできるようになり、比較的簡単なスクリプトでappveyorでビルドできるようになった。

というわけで、現状のビルド方法はこちら

問題はVisual Studio 2015 + CUDA 8.0というバージョンから上げられそうにないこと。CUDA 9.0以降、32bitビルドがVisual Studio 2013以前でしかできなくなっていて、そのせいでVisual StudioもCUDAも両方ともバージョンを上げられなくてちょっと困っている。

とはいえ、NVEnc 4.xxでNVEnc.auoはNVEncCへのパイプ渡しをするようにしたので、NVEnc.auoとしてはNVEncCがx64のみとなってもいいようになっている。あとはNVEncCのavs/vpy読みで32bitがなくなってもいいのかとか、cufiltersどうするかとかだけど、そのへん諦めがつけば、そのうちVisual Studio 2017 + CUDA 10.0に移行したい(いつするか特に予定はないけど…)



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら>>


QSVEnc 3.10

[共通]
・Intel Media SDK 2018 R2 (API v1.27)に更新。

・Motion Compensate Temporal Filter (MCTF) を追加。 (--vpp-mctf)

[QSVEnc.auo]
・一時フォルダの相対パス指定に対応した。

・多重音声を扱う際、muxer.exeがエラー終了してしまうのを修正。

[QSVEncC]
--vbv-bufsizeを追加。

・一部のmp4/mkv等のコンテナに入った10bit HEVCの入力ファイルが正常にデコードできない問題を解消。

・一部の動画ファイルで、音ズレの発生するケースに対処。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


x265guiEx 3.87

・インタレ保持エンコを仮実装。
一応正常に動いている気がするけど、x265でもexperimentalらしいので、基本的には実験用。インタレ保持したいなら素直にx264使ったほうが良い気もする。

なんとなく試してみたくなったのだが、avisynthでsperateFiledsとかごちゃごちゃ書くよりはx265guiExをいじったほうが速い気がした(当たり前だが気のせい)ので、実装してみた。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら


NVEnc 4.19

English version of changelog>>

[共通]
・GPUバイナリを含めないようにして、配布バイナリを軽量化。

[NVEnc.auo]
・品質指定のプロファイルを追加。

・プロファイル「HEVC ビットレート指定 高画質」から重み付きPフレームを外した。
環境によっては、異常終了することがある。

・一時フォルダの相対パス指定に対応した。

・多重音声を扱う際、muxer.exeがエラー終了してしまうのを修正。

[NVEncC]
・--aud/--pic-struct/--slicesを追加。

・--check-hwの出力を改善。

・NPPライブラリのリサイザアルゴリズムのうち、NPP_INTERPOLATION_ERRORを返すものをドキュメントから削除。
cubic_bspline, cubic_catmull, cubic_b05c03が削除。cubicは問題ないので、そちらを使用してください。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら>>


プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR