MSI Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4の新BIOS(7D32v11)メモ

MSI Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4 に新BIOS(7D32v11)が来ている。

MSI_z690_tomahawk_bios_20220115.jpg

試した限りでは、E-coreを無効化することで、P-coreのAVX512を有効にできるようになっているっぽい。

ただ、問題があって、デフォルト設定だと起動できるのに、デフォルトからいろいろ設定変更をしていくと起動できなくなる状態になってしまった。(そもそもBIOSが起動しない)

仕方ないのでCMOSクリアしてデフォルトに戻せば再び問題なく起動した。

なにが悪いのかなあと思って、ひとつひとつ設定を適用してどこが原因か細かく見ていくと、[ Core Voltage Mode ] の [ Advanced Offset Mode ] が原因っぽい。別に電圧が低すぎるとかではなさそうで、例えば -0.01V とかの明らかに問題なさそうな設定でもおんなじだった。

これまでは、Advanced Offset Modeを使ってかなり電圧を下げることで発熱と消費電力を下げていた。私が下手なだけかもだが、Adaptive + Offsetではやはり調整が難しく、十分に電圧下げができないため、Advanced Offset Modeを使えないのはちょっと厳しい。

というわけで、AVX512のテストは棚上げして、もとの 7D32v10 に戻すことにした。BIOSを戻したあとは、再びAdvanced Offset Modeを使っても問題なく動作しているので、やはり 7D32v11 のAdvanced Offset Modeになんらかの問題があるということになりそう。

というわけで、Advanced Offset Modeを使っていなければ問題なさそうだが、使いたい場合には 7D32v11 はご注意を。



今回思ったのはやっぱりCMOSクリアがケース開けて端子探してっていうのが面倒なので、ボタンがバックパネルにあったほうが便利だなあということ。でもCMOSクリアボタンは製品の差別化のためかハイエンドマザーにしかないことが多くて、CMOSクリアボタンのためだけにハイエンドマザー買うというのは無理があるので、だいたい毎回ケース開けてる…。
スポンサーサイト



10GbEの上限を目指す [ ‎ADT-Link ‎R42SF: M.2 → PCIe3x4 変換ライザーカード ]

ここ最近、録画PCのHDDをSSDにしたりして静音化を行ってきた。このPCは録画PCとしてだけでなく、ネットワークドライブにして簡易NASとしても使用している。

CPUCore i5 7500
コア数4C/4T
最大クロック3.6GHz
冷却GELID SlimHero
マザーAsrock H270M Pro4
メモリDDR4-2400 8GBx4
SSD1SanDisk SDSSDXPS480G
SSD2Corsair MP510 1.92TB x2
SSD3Sandisk SDSSDH3 4T00 4TBx3
LANIntel X550-T2
OSWin 10 x64 Pro
ケースInWin IW-CE685/300P
電源ケース付属


通常の1GbEでネットワーク内の他のPCからアクセスしているほか、Intel X550-T2による10GbEカードを追加していて、i9 12900KのPCと5950XのPCに接続している。

i9 12900KのPCにも10GbEカードを追加して接続しているが、これが10GbEをフルに活用しきれていなかったので、これを改善したという話。


2021年を振り返る (PC編)

2021年ももうすぐ終わりということで、今年さわった自作PC関係のパーツを振り返ってみる。

M.2 SSDにヒートシンク追加 (BA-HM02)

前回HDDをSSDに置き換えた録画PCだけど、前回追加したSSDとは別に、録画用にCorsair Force MP510 1.92TB x2を使用している。

今回は、これにヒートシンクをつけてみてどうなったかという話。

使うのは AINEX BA-HM02 というやつ。

そんなに大きなヒートシンクというわけではなさそうだけど、効果はどんなもんだろうか?

IMG_20211219_7967.jpg





SSDを買ってしまった

少し前になるけど、AmazonのブラックフライデーでTLCタイプ(QLCでない!)のSSDが安くなっていて(49k→40k)、つい買ってしまった。

3台。

IMG_20211207_7937.jpgIMG_20211207_7938.jpg



Alderlake i9 12900K のQSV

今回はi9 12900Kの内蔵GPUのQSVの性能を見てみる。

基本的にはTigerlakeやRocketlakeと同じといわれているけどはてさて…?

内蔵GPU代表的なCPU
第7.5世代Haswell (HSW)
第8世代Broadwell (BDW)
第9世代Skylake (SKL)
第9.5世代Kabylake (KBL)
Coffelake
Cometlake
第10世代幻のCannonlake (CNL)
第11世代Icelake (ICL)
第12世代Tigerlake (TGL)
Rocketlake (RKL)
Alderlake (ADL)



Alderlake i9 12900K のコアとキャッシュの構成と速度

Alderlake i9 12900Kのコアとキャッシュの構成はこんな感じになっているとされている。

まずP-coreが8個でこの子たちは1.25MBのL2キャッシュを独立して持っている。

一方、E-coreは4個をひとつのかたまりにしたのが2つで、かたまりごとに2MBの共有L2キャッシュを持っている。

そして、30MBのL3キャッシュは全コアで共有している。

i9_12900K_coremap.png





Alderlake i9 12900K のE-coreの性能

Alderlakeの特徴の一つは、P-coreとE-coreというふたつのコアが混載されていること。

そこで実際のところ、E-coreの性能はどうなのだろうということで、今回そのあたりを中心にチェックしてみた。

12900Kについては、下記4パターンをチェックしてみた。

1. 8P+8E
普通に12900Kを使う場合の性能。

2. 8P+0E
BIOSでE-coreを無効にし、P-coreだけだったらどういう性能になるかをチェック。8P+8E との差で、どのくらいE-coreが効いているかわかると思う。

i9_12900K_PCore_only_02.png


3. 6P+8E
P-core 2個の面積にだいたいE-coreが8個分入るらしい。となると気になってくるのが、じゃあ全部P-coreじゃダメだったの?という疑問。

本当は10P+0Eと8P+8Eの比較をしたいのだけど、それはできないので、BIOSからP-coreを6つにして、6P+8Eと8P+0Eを比べることで、ちょっと比率は違うけど2P⇔8Eの交換の効果を比較して、E-coreの混載が実際のところどうなの? というのを見てみたい。

i9_12900K_6P_8E_task_manager.png

4. 0P+8E
E-coreの素の性能を確認。8P+0Eや、ほかのCPUと比べることで、E-coreだけのCPUがあったらどんなものというのもわかりそう。

ただし、BIOSからP-coreは0にできないらしいので、P-coreを1つにしたあと、実行時にプロセスのアフィニティをE-coreのみと指定することで疑似的な0P+8Eとしてテストしている。この場合、バックグラウンドタスクをP-coreで処理できるので、ややスコアが上がりやすいので注意。また、Cinebenchについては実行時に毎回アフィニティを勝手に全コアに再設定してしまうので、毎回手動で設定しなおす必要があった。そのため、Cinebench R23は自動で10分継続するモードが使えず、手動で5回回した平均としていて、他と計測方法がやや異なるので注意。

i9_12900K_0P_8E_task_manager.png

Alderlake i9 12900K ベンチマーク (簡易水冷)

Corsairの360mm簡易水冷(Corsair iCUE H150i RGB PRO XT CW-9060045-WW)のLGA1700リテンションキット(というかねじ)が届き、これを使って12900Kを簡易水冷化した

低電圧化していれば空冷でもほぼThermal Throttolingは起こっていなかったので、簡易水冷への変更前後でベンチマーク結果はあまり変わらないだろうなとは思いつつ、再度一通りベンチマークをとってみた。

結果は予想通りで、まあほとんど変わらなかったけど、念のため確認したということで。

※基本的には本文もあまり変えていないので、前回の記事を読んだ方はスルーでOKかもです。

Alderlake i9 12900Kは簡易水冷ならどこまで冷える?

アスクよりCorsairの360mm簡易水冷(Corsair iCUE H150i RGB PRO XT CW-9060045-WW)のLGA1700リテンションキット(というかねじ)が届いたので、当初の予定通り簡易水冷化した。

もしかすると、LGA1700用の簡易水冷をまた買わないといけないのかも? と思っていたので、LGA1700用のねじを無償で送付してくれるのは本当にありがたい。シリアルナンバーと領収書をスキャンしたものをアスクのサポートページから送れば、受け付けてくれた。

空冷のときは低電圧化してなんとかぎりぎり100℃のThermal throttolingが回避できるかどうかという感じだったけど、今回は果たして?

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR