WD Ultrastar DC HC530 14TB HDD (WUH721414ALE6L4)

HDDはバックアップの都合上、基本的に同じ容量のものを2台導入することにしている。

前回は東芝の14TBのHDDだったので、今度はWD(HGST)の14TB HDDにしてみた。

今回のディスクもちゃんと瓦(SMR)でないことが明言されているので安心して使うことができる。

IMG_20190115_0605.jpg

続きにベンチマークを。
スポンサーサイト

2018年を振り返る (PC編)

といっても今年あんまり買ってないんですよねえ…。

今年はやっぱり個人的にはGeforceの次世代としてRTX20xxが登場して、NVENCの画質がかなり改善したのが一番かなあ。実際に買ってみると、HEVCへのBフレーム機能の追加でかなりの改善が見られたのがうれしかった。

画質比較 2018.11 (アニメ版)
画質比較 2018.11 (実写版)
画質比較 2018.11 補足 - エンコ速度

東芝 14TB HDD (MN07ACA14T)

いい加減、fgoの周回も飽きてきたので、ちょっとベンチマークでも。

今回は9枚プラッタ入りという東芝の14TBのHDD。プラッタの枚数が多いのは大容量化に貢献する反面、消費電力増やHDDの重さにつながるので、必ずしもよいことではないけど、まあ瓦(SMR方式)よりはいいでしょう。(というか最近の2TB/プラッタはだいたい瓦らしいので…)

MN07ACA14T_DSC_1655.jpg

続きにベンチマークとか。

RTX2070を買ってしまった

Turing世代も欲しいな、と思いつつ、RTX2080/RTX2080Tiはさすがにゲームもしないのに買うのは高すぎた。まあ、RTX2070も70番台のわりになんだか十分高いのだけど…。

EVGA GeForce RTX 2070 XC Gaming, 8GB GDDR6で、Amazon.comで$625。現状のRTX2070の国内最安値が7万弱なので、それと比べれば少し高いだろうか。少しファンとか頑張ったモデルだと8万越えているので、それよりは安いと思う。10/25注文、10/30発送、11/3到着。







結構大きめの2連ファンのGPU。



Skylake-XのPCに取り付けるとこんな感じ。下段のGTX1060が小さくて可愛いく見える…。



RTX2070の--check-featuresの結果はこちら。ついにHEVCにBフレームが追加されたのが特徴。

GPU-Zはこんな感じ。高いだけのことはあってなかなかのスペック。(まあ、それでもエンコードしかしないのだが…)


DVDの寿命

どんなメディアにもたいてい寿命がある。

寿命が短いというと、フロッピーとかSDカードとかで、調べるとだいたい5年~10年とかと書いてあって、やっぱり結構短めだ。というかSDカード等のフラッシュ系って2~3年しか保たない印象あるが…、まあそれはいいか…。

こうした中、比較的寿命が長いとされているDVDをはじめとする光ディスク系だと、5年だったり、数十年だったり、なんかいろんなことが書いてある。

まあたしかに、メディアの品質、書き込み方法、保管状態等、条件が変われば大きく変わってしまうということになるんだろうけど、結局どんなもんなのかよくわからない。

で、じゃあ、自分の持ち物ではどうだったのか、という話。

500枚の古いDVDを読み込んでデータ移行をしようとしたときに、どのくらいのDVDが読めなかったか、数えてみた。

謎が深い…

fgo福袋が爆死 & やたら重かったので、バンディング低減のAVX512版を作ってみようとしたのだけど…

VC++2017の出力が謎…。

2017年を振り返る (PC編)

そろそろ2017年も終わりそうなので、今年も振り返ってみる。

PC関係ないとこでは腸炎になってお腹痛かった…(もう治った)。まあ、あれでも細菌性のやつではないらしいので、まだましなほうのようだ。ひえええ。


AWS c5インスタンス (Skylake Xeon) 姫野ベンチほか

ここ最近は7980XEでベンチマークをして遊んでいたのだけど(↓)、
7980XE メモリ/キャッシュベンチマーク
7980XEベンチマーク

面白そうなAWS情報を耳にした。

どうやらAWSにc5インスタンスなるものが入り、これはSkylake Xeonなのだということなので、ついでに簡単にベンチマークしてみた。

7980XEのキャッシュ/メモリ帯域 (定格/オーバークロック追加)

7980XEはキャッシュとメモリ速度の測定に、定格のデータとオーバークロックのデータを追加。

i9 7980XE オーバークロック ベンチマーク (定格追加)

要望があったので、定格動作も追加してみました。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR