Alderlake PCの構成



Alderlake記事一覧
Alderlake PCの構成 (この記事)
Alderlake i9 12900K 到着
Alderlake i9 12900Kは空冷でどこまで冷やせる?




噂通り、DDR5メモリの枯渇具合はすさまじく、確保に失敗。

一方でCPUは確保できたので、もうDDR5はいったんあきらめて、DDR4を流用することにした。

【朗報】 AMD RyzenのL3 Cacheを再認識できた件 【Windows11】

前回確認したWinodws11がRyzenのL3キャッシュのほとんどを見失う問題について、Release Previewでは修正されているということだったので、これを確認してみた。

実際に無事修正されているようで、Win10と同等の性能に戻ることが確認できた。近日中に通常のWindows Updateでも修正が行われると思うので、個人的にはこれでRyzenPCもWin11に移行できそう。

近づくAlderlake

もうしばらくするとAlderlakeが発売されるという噂だ。

Alderlakeはx86初のHybridコアであり、デスクトップでついに14nmとおさらばするCPUであり、初のDDR5対応CPUで、かつ久しぶりにデスクトップから新コアがもたらされる、ということでなかなか楽しみだ。

あとはぐだっと書いていくだけ。

【悲報】 AMD RyzenのL3 Cacheの大半を見失った件 【Windows11】

まあ、話題になってる件、わたしの場合は5950XのPCをWindows11にアップグレードした翌日に問題を目にして、

あと1日はやく気づいてたら…!

となったのだけど、アップグレードしてしまったものはしょうがないし、せっかくなので実際のとこどうなの、というのを調べてみた。


Windows 11 入れてみた (だけ)

Windows11の正式リリースまであとわずか、ということで一足早くインストールして試してみた。


Rocketlakeのアイドル電力を下げると…?

Power Limitありだと、わずかに性能が上がることもあるっぽい?

Rocketlake (i7 11700K) のQSV

前回のベンチマーク記事では、i7 11700KのCPU性能を見ていったけど、今度はQSVはどうなっているの、ということでチェックした。

Kabylake(Skylake改1)からCometlake(同改4)まではずっと第9.5世代内蔵GPUが使いまわされてきたけど、Rocketlakeではやっとのことで内蔵GPUの世代も更新されて、第12世代に更新された。コア自体は10nmのTigerlakeの移植ということで、QSVの世代もこれに準じるものとなっていて、画質面は期待できそう。

一方、EU数はTigerlakeの96EUに対して、わずか32EUの実装になっている。まあ、やはり14nmでは数を詰め込めなかった、ということなのだろうか。

内蔵GPU代表的なCPU
第7.5世代Haswell (HSW)
第8世代Broadwell (BDW)
第9世代Skylake (SKL)
第9.5世代Kabylake (KBL)
Coffelake
Cometlake
第10世代幻のCannonlake (CNL)
第11世代Icelake (ICL)
第12世代Tigerlake (TGL)
Rocketlake (RKL)


Rocketlake (i7 11700K) ベンチマーク

Rocketlakeでは、デスクトップで5年もの間続いたSkylakeにやっと別れを告げた。

大変、喜ばしい。

Rocketlakeでは10nm向けSunnyCoveコアを14nmに逆移植することによりコアを刷新して、IPCが大きく向上している。

一方で、コアの刷新とAVX512等の追加ユニットによってコア面積が増加している。加えてGPUのEU数増加(24EU→32EU)、PCIe Gen4対応なども行った影響でチップの大型化が避けられず、そのためか前の世代の最上位(10900K=10コア)から最大コア数が2コア減ってしまっている。それでもなお、10900Kからダイサイズは大きく増えているらしい。

このRocketlakeの性能がどんなものなのか、ベンチマークでこの前ゲットした11700KとAMD 8コアCPUと比べてみた。本当は10700Kとも比較できると面白かったのだが、残念ながら持っていないのでその比較はできず。

なお、今回置く場所の関係で、11700KをMini ITXの比較的小さなケースに押し込んでいる(詳細はこちら)ので、CPU温度とかについては、ちょっと熱くなりやすい環境になっていることに注意して欲しい。

IMG_20210401_5597.jpg


Rocketlake到着

爆熱とウワサのRocketlakeがついにやってきた。7700K & 7980XE以来、実に久しぶりにIntelのデスクトップCPUをゲットした。

Core i9もあるけど、i7と比べてお値段がかなり上がってしまうので突撃する気になれず、i7 11700Kにした。(そもそもi7でも十分高い気がする(\58800))

まあi9のほうが選別されているのだろうけど、同じ8コアだし、メモリのGearの問題は手動設定すればいいだけだしいいかなあということで。

IMG_20210401_5588.jpg

準備完了

というわけで、マザーボードとSSDは準備済み。メモリ・ケース・電源等はi7 7700Kのものを流用するつもり。

i7 11700Kは通販で予約したので、おそらく明日発送、明後日到着かな?

IMG_20210330_5529.jpg
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR