Arc A380でのIntel Deep Link (Hyper Encode) の効果

QSVEnc 7.08の更新で、Intel Deep Link によるHyper EncodeがQSVEncでも使用可能になったので、今回は実際にその効果を確認してみる。
スポンサーサイト



QSV画質比較(2022.08)のお詫びと訂正

この前Arc A380を使用したときのQSVの画質比較記事を上げましたが、その際QSVエンコード時の速度比較を行っていたところで、Arc A380の速度を過小評価してしまっていたので、記事中のグラフを訂正しました。

画質については変化ありません。(速度のみを訂正しました)

Intel Arc A380のQSV画質比較 (2022.08) 実写編
Intel Arc A380のQSV画質比較 (2022.08) アニメ編

A380の速度について過小評価した結果となっており、申し訳ありません。

Intel Arc A380のQSV画質比較 (2022.08) アニメ編

※2022.08.11 22:15: Arc A380のエンコード速度について初出時には過小評価しており、修正を行いました。画質については、変更ありません。

今度はアニメ版。

実写版の繰り返しだが、現時点のoneVPLではあまりAV1関連パラメータは指定できないので、今後のAPIの整備やドライバの更新等により、AV1 HWエンコードについては今後状況は変化しうるので注意。まずは現時点での性能、ということで。

テストは、2月に行ったテストと同じものなので、Intel Arc A380以外については、2月の結果を流用している。

また、Arc A380については、3259 Betaドライバ(2022/7/29) を使用した。通常版のドライバは30.0.101.1743(2022/7/6)だが、このドライバではQSVがCQPモード以外まともに動かないので、QSVをしたい場合は現状3259ドライバを入れたほうがいいと思う。

Intel Arc A380のQSV画質比較 (2022.08) 実写編

※2022.08.11 22:15: Arc A380のエンコード速度について初出時には過小評価しており、修正を行いました。画質については、変更ありません。

この前Intel Arc A380をゲットしたので、現時点でのQSVの画質比較を行ったみた。

AV1 HWエンコードのテストも行っているが、現時点のoneVPLではあまりAV1関連パラメータは指定できないので、今後のAPIの整備やドライバの更新等により、状況は変化しうるので注意。まずは現時点での性能、ということで。

テストは、2月に行ったテストと同じものなので、Intel Arc A380以外については、2月の結果を流用している。

また、Arc A380については、3259 Betaドライバ(2022/7/29) を使用した。通常版のドライバは30.0.101.1743(2022/7/6)だが、このドライバではQSVがCQPモード以外まともに動かないので、QSVをしたい場合は現状3259ドライバのほうがよいと思う。

ただ、3259ドライバでもHEVCエンコーダは非常に不安定で、エラー終了することもちょいちょいあったので、HEVCに関しては今回のテストは参考程度ということになるかもしれない。

画質比較 (2022.02) アニメ編

もうひとつの記事に書いたやつのアニメ版。(実写版はこちら)

SVT-AV1が0.9.0になって高速化したようなので、x265とかと画質と速度の比較をしてみた。

ついでにQSV/NVEncもざっと再チェックして、コメントいただいたQSVのFixed Func(FF, Low powerとも)についても確認。

ここでもchart.jsを使って線をon/offできるようにしてみた。

デフォルトでは見やすさのために大半の線はoffにしているので、気になる設定をonにしたりしてチェックしてみてほしい。

画質比較 (2022.02) 実写編

SVT-AV1が0.9.0になって高速化したようなので、x265とかと画質と速度の比較をしてみた。(アニメ版はこちら)

ついでにQSV/NVEncもざっと再チェックして、コメントいただいたQSVのFixed Func(FF, Low powerとも)についても確認。

かなり時間かかったうえ、あまりにいろいろデータを取りすぎて、グラフの線が重なりまくってよくわからなくなったので、いつものエクセルで作った画像じゃなくて、chart.jsを使って線をon/offできるようにしてみた。
デフォルトでは見やすさのために大半の線はoffにしているので、気になる設定をonにしたりしてチェックしてみてほしい。

画質比較 (2020.03) アニメ編

この前実写版をやったので、今度はアニメ系の映像での結果。

ここでもIceLakeのQSVの画質の良さが確認できたけど、低ビットレートではソフトウェアエンコの強さが際立つなど、すこしだけ実写版とは傾向が違う感じかも。

画質比較 (2020.03) 実写編 エンコード速度

この前の記事 画質比較 (2020.03) 実写編 の時のエンコード速度の確認。

画質比較 (2020.03) 実写編

念願のIceLakeを入手したので、画質比較を行ってみた。あと3200Gも入手したのでついでにVCEもテスト。

IceLakeは前世代から比べるとかなり飛躍したいて、ちょっとびっくりするぐらい。一方VCEは…

Aviutlが久しぶりに更新、テスト版が公開

なんと久しぶりにAviutlの更新が来ています。更新本当にありがとうございます!

aviutl110rc1_web.png

Aviutl.txtから更新内容を引用すると・・・

2019/8/18 ver 1.10rc1
ビルド環境の更新とそれに伴う調整をした。
映像のキャッシュを共有メモリで確保するようにした。
キャッシュサイズの指定をメモリ容量で指定するようにした。
メモリの確保失敗時にキャッシュサイズを調整して再試行できるようにした。
LARGEADDRESSAWAREを常に有効にするようにした。
システム設定の初期値を一部変更した。

これまでの「フレーム数」の指定に代わり「キャッシュサイズ」の設定項目が追加されていて、

aviutl110rc1_settings.png

◇キャッシュサイズ
映像用のキャッシュのサイズをMByte単位で設定します。
共有メモリで確保するので32bitアプリのメモリの制約を受けません。
設定できるキャッシュサイズは32~1048576です。

というわけで、32bitプロセスの4GB制限を超えてキャッシュフレームを使用できるようになっているみたい。凄いです!

実際に4K/8K動画を読み込ませてスクロールしてみても、タスクマネージャの物理メモリ使用量が明らかに4GBを超えてばんばん増えていくのが確認できた(共有メモリとしてとっているとのことなので、Aviutlプロセス自体のメモリ使用量は増えない)。

ただ、やりすぎて物理メモリがひっ迫してくるとWin10の「メモリ圧縮」が動き出していたので、エンコード時にはエンコーダ用のメモリも必要というのもあるし、まあ、「キャッシュサイズ」の設定はあまり欲張らず、物理メモリに対してほどほどにしておいたほうがパフォーマンス的にはよい気がする。

ちなみに、Aviutl 110rc1で簡単にx264guiExを試した限りでは、エンコードも問題なくできるみたい。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR