x264guiEx 3.03

※ 2022/3/16 22:16 x264guiEx 3.03 更新
たびたびすみません。3.02の不具合修正とさらなる改良です。

- 3.02で、raw出力・音声のみ出力時にエラーが発生していたのを修正。
- 3.02で、auo_check_fileopen.exeが存在しない場合にエラー終了していたのを修正。

- 「音声の長さが映像の長さと大きく異なるようです。」のエラーについて、拡張編集使用時は異なるメッセージを表示するように。
拡張編集使用時に、Aviutl本体のほうに短い音声を読み込んでしまうと、そちらが優先されてこのエラーが発生することがあるとメールにて情報提供いただきました。ありがとうございました!



以下x264guiEx 3.02の更新
エラー発生時の問題点の改善。

・いくつかのわかりにくい・区別しにくいエラーメッセージをより分かりやすく改良。
・ログの保存に失敗すると、例外が発生していたのを修正。

x264guiEx 3.01

※ 2022/3/13 14:45 x264guiEx 3.01に更新しました。
x264guiEx 3.00の不具合修正です。申し訳ありません。



これまでもx264guiExでは、簡易インストーラを作成するなどして、なるべく簡単に導入できるようにしてきたつもりだが、やはり導入が難しい、あるいはうまくいかない、エラーが起こるというケースが多いみたいだ。

というわけで、とりあえずwebやtwitter上を探して、どういう事例があるのか調べてみた。

x264guiEx 2.73

・2.72で、出力開始時にフリーズしてしまう場合があったのを修正。
コメントでお知らせいただき、ありがとうございました。

・同梱のx264をr3094に更新。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
メインのダウンロードリンクとミラーは同じものです。

ソースはこちら


x264guiEx 2.72

・パラメータが設定されていない場合、前回出力時の設定をロードして実行するように。
なるべくエラーになるケースを減らすための実装。

プラグイン出力を行う場合、「ビデオ圧縮」を押して設定を行ってから出力するもの、と私自身思い込んでいたが (まあ、設定するのが好きだからこういうプラグインを作っているので…)、そのまま「保存」をクリックされる方も多いようだ。

そのまま「保存」をクリックした場合には、Aviutlのプロファイル内に保存された以前使用したときの設定があれば渡されるはずなのだが、プロファイル内の設定がなくなってしまっている場合があり、そうした場合には設定なしのままでエンコード処理に進むことになる。(このあたりの詳細は別記事に)

前回(x264guiEx 2.71)ではこういうとき、デフォルトの設定でエンコードをするようにした。

ただ、それよりは前回出力時の設定を読み込んだほうがよいのかな、ということでx264guiEx 2.72では

・出力が成功した場合、ファイル「前回出力.stg」にその設定を保存しておく

・出力時に設定がされていない場合
 ・「前回出力.stg」が存在すればそれを読み込んでエンコードを行う
 ・なければデフォルト設定でエンコードを行う

というように変更した。

前回出力したときの設定は設定画面のプロファイルからも選べるようになっているので、設定画面を開いて「デフォルトに戻ってしまってるー」、という場合には「前回出力」をクリックして復旧してください。

x264guiEx_2_72_profile_prev_out.png



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
メインのダウンロードリンクとミラーは同じものです。

ソースはこちら


Aviutlの出力プラグインの設定

以前、NVEnc出力で、設定が毎回初期化されてしまうというコメントをいただいた。

なぜそのような動作になるのか、思い当たる点がなかったのだが、ちょっと色々調べてみたという話。

なお、このコメントはNVEnc出力にいただいたが、このあたりはプラグイン固有の問題というよりは、Aviutlの出力プラグインの使用に絡んだ問題で、x264guiExでも共通の問題と思われるので、今回はx264guiExを使って調査した。

x264guiEx 2.71

・Aviutlの子プロセスが開いているファイルについても出力ファイルで上書きしないようチェックを追加。

x264guiEx 2.70までのチェックでは、Aviutl自身が開いているファイルだけをチェックしていて、InputPipePluginのような別のプロセスでファイルを開いているようなケースをカバーできていなかった。

x264guiEx 2.71では子プロセスについてもチェックするように拡張。これで、入力ファイルを上書きしてしまう事故はかなり防げるんじゃないかと思う。実装の詳細は別の記事に書いた

・パラメータが適切に設定されていない場合、 「ファイル出力に失敗しました」というメッセージしか出なかったのを改善。

これまでは設定がなされていないと、こんな感じのエラーメッセージが出ていた。

aviutl_x264guiEx_error_20220214.png

正直、あまり設定をしないケースというのを想定していなくて、ちょっとわかりにくいエラーメッセージになってしまっていた。

これにハマってしまう方がいるようなので、ひとまずデフォルトの設定でエンコードするように変更した。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
メインのダウンロードリンクとミラーは同じものです。

ソースはこちら


Aviutlの入力ファイルチェック

Aviutlで出力する際、入力ファイルと出力ファイルを同じにすると、読み込むファイルに書き込んでしまい、エラー終了するのはもちろん、入力ファイルを破壊してしまう可能性がある。

Aviutlには本来これを防止するエラーメッセージが備わっており、きちんとエラーが表示される。

aviutl_x264guiEx_error_20220215.png

しかし、自分が使わないので教えていただいたのだが、どうも拡張編集から読み込んでいる入力ファイルについてはチェックが行われず、入力ファイルを破壊してしまうことがあるようだ。

x264guiEx 2.70

※2022.2.13 16:54
x264guiEx 2.70に更新。

x264guiEx 2.69で、一部環境(PSDToolkitの使用等により名前付きパイプが開かれているなど)でフリーズしてしまう問題を修正しました。


・Aviutlの開いているファイルを出力ファイルで上書きしないように。
誤って入力ファイルを出力ファイルで壊してしまわないように、出力ファイル名がAviutlで開かれているファイル名と同じである場合、エラー終了させるようにした。

こんな感じのエラーメッセージが出ます。



・Aviutlを複数同時に実行してもchapter.aufのチャプター出力を適切に扱えるように。

・同梱のx264をr3086に更新。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
メインのダウンロードリンクとミラーは同じものです。

ソースはこちら


x264guiEx 2.68

・Windows11の検出に対応。

・同梱のx264をr3075に更新。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
メインのダウンロードリンクとミラーは同じものです。

ソースはこちら


x264guiEx 2.67

・2.07からコピーフレームが機能しないのを修正。

・同梱のx264をr3065に更新。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
メインのダウンロードリンクとミラーは同じものです。

ソースはこちら


プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先: rigaya34589@live.jp
github twitter

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutl 出力プラグイン
x264guiEx 3.xx
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入紹介動画>
- x264guiExの導入
- x264guiExのエラーと対処方法>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265guiExの導入>
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC
- QuickSyncVideoによるHWエンコード
- QSVEnc 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC
- NVIDIAのNVEncによるHWエンコード
- NVEnc 導入/使用方法>
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC
- AMDのVCE/VCNによるHWエンコード
- VCEEnc 導入/使用方法>
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx
- SVT-AV1によるAV1出力
- svtAV1guiExの導入>
- SVT-AV1単体はこちら>

ffmpegOut
- ffmpegを使用した出力
- ffmpegOutの導入>


○Aviutl フィルタプラグイン
自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: aji様

clfilters 
- OpenCLベースの複数のGPUフィルタ集
- 対応フィルタの一覧等はこちら

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX512対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT
- SSE2~AVX512による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)
SVT-AV1 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR