NVEnc 5.29

English version of changelog>>

5.28でのAvisynth Unicode対応に関する追加アップデート。

5.28のAvisynthのUnicode対応は、プロセスの文字コードをOSの標準文字コード(ほとんどの場合ShiftJIS)からUTF-8に変更できるWin10の機能を使っていて、これによりUnicodeには対応できるけどavsスクリプトのUTF-8化が必須という感じになっていた。

x264もr3021以降そうなっているので、(私自身があまりAvisynth関連に精通していないのもあり)そっちが主流になっていくのかな、という認識だったが、いろいろコメントをいただき、やはり問題となるケースも多そう。

そこで今回は、"--process-codepage os"というオプションを指定することで、従来のUTF-8でないavsスクリプトも使用できるようにした。



このプロセスの文字コードの切り替えというのの問題点は、プロセスの実行中に切り替えられるものではなく、実行ファイルに埋め込んでいるmanifestという情報に記載されていて、プロセスの起動時には確定してしまうということ。

じゃあどうやって切り替えるかというと、プロセスを立ち上げなおすしかなく、"--process-codepage os"が指定されていた場合には、

1. 実行ファイルのコピーをオリジナルの実行ファイルと同じフォルダに作成
NVEncC64A_[なんか数字].exe みたいなのができる。数字はオリジナルのプロセスID(16進数)。

2. コピーの実行ファイルのmanifestをUpdateResourceWという関数でUTF-8を使用しないmanifestに更新

3. コピーの実行ファイルを同じコマンドラインオプションで再実行
これでこのコピーのプロセスはOSの標準文字コード(ShiftJIS)で実行される。

4. 終わったらコピーの実行ファイルは消す

という感じになっていて、力業(裏技?)ぽい感じだけどこの方法で問題なく従来のスクリプトが実行できるのを確認した。まあとりあえず動くようになったのでよいかなあ…。

注意点として、1.にあるようにオリジナルの実行ファイルと同じフォルダにコピーを作成するので、Program Files等書き込みに管理者権限の必要な場所に置かないようにしてください。

なお、OSの文字コード設定をUTF-8に変更している場合は効力がありません(あくまでOS標準の文字コードに戻すだけなので)。その場合は文字コード周りのことをご承知の上で変更されていると思うので問題ないかとは思いますが…。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


スポンサーサイト



NVEnc 5.28

English version of changelog>>

要望・コメントいただいたものの反映。

・AvisynthのUnicode対応を追加。
いただいた要望への対応。

・5.26から--vpp-edgelevelを使用すると画面が暗くなってしまうのを修正。
ご指摘いただいた問題(リンク1, リンク2)の修正。演算順序を間違える初歩的なミスだった。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


NVEnc 5.27

English version of changelog>>

要望・コメントいただいたものの反映。

・--vpp-subburnで埋め込みフォントを使用可能なように。
いただいた要望への対応。

・--vpp-subburnでフォントの存在するフォルダを指定可能なように。
いただいた要望への対応。

・Windows 10のlong path supportの追加。 [NVEncCのみ]
要望いただいたので追加。ファイルパスがめちゃくちゃ長くても扱えるようになる。

ただ、まずWin10のOSのほうの設定が必要で、 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem\LongPathsEnabled (REG_DWORD) を 1にして、PCを再起動する必要がある。

・--audio-source / --sub-source でmetadataを指定可能なよう拡張。
こちらもいただいた要望を反映したもの。

・--vpp-warpsharpのhelpを修正。
ご指摘いただいた問題の修正。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


NVEnc 5.26

English version of changelog>>

要望・コメントいただいたものの反映。

・細線化フィルタの追加。(--vpp-warpsharp)
要望いただいた機能の追加。

・--vpp-subburnで短いassファイルが正常に処理できなかったのを改善。
コメントのあった問題への対処。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


NVEnc 5.25

English version of changelog>>

いろいろと報告いただいた問題の修正。

・--vpp-subburnで一部のassファイルを焼きこもうとすると異常終了していたのを修正。
報告いただいた問題の修正。

・--vpp-smoothでPascal GPUで実行しようとすると正常に動作せず、緑色の絵になってしまっていたのを修正。
報告いただいた問題の修正。

・--videoformatからautoを削除。正常に動作していなかった。
こちらも報告いただいた問題の修正。

・NVEnc 5.24で --vpp-colorspace hdr2sdr=mobius/reinhardが異常終了するのを修正。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


NVEnc 5.24

English version of changelog>>

いろいろいただいた要望やコメントをもとに修正と機能追加を実施。

これで年内最後の更新?

NVEnc 5.23

English version of changelog>>

・vpp-colorspaceのhdr2sdrにbt2390によるtone mappingを追加。
これも要望のあったものへの対応。あまり仕組みとかは理解できてないけど、おおもとのGLSLのコードから計算式を読み取ってCUDAで実装した。

・vpp-colorspaceのAmpereへの対応。
Ampereだと動かないというコメントがあったので、おそらくこれかな、というところを変更して対応したつもり。実際にはAmpereは持っていないので確認はしてないけど、これで大丈夫になるといいなあ。

・言語による音声や字幕の選択に対応。
これも要望のあったものへの対応。まあ要望とはかなり仕様とかは変わっているけど、既存のオプションの拡張という形で実装。

・--tier highで720p等でmax-bitrateが0になってしまうのを修正。
コメントのあった問題の修正。

・bit深度を下げるときの丸め方法を変更。
5.22の修正の続き。fullrangeだと問題あったかも、というところを改善。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


NVEnc 5.22

English version of changelog>>

・bit深度を下げるときの丸め方法を変更。

・chapterを読み込む際に、msの値を正しく取得できない場合があったのを修正。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


NVEnc 5.21

English version of changelog>>

・重複フレームを削除したVFR動画を作成することで実効的なエンコード速度を向上させるフィルタを追加。
(--vpp-mpdecimate )

・VMAFスコアを計算するオプションを追加。(--vmaf)
(Win x64版 NVEncC64 のみ、libvmaf v1.3.15を使用した実装)
CPUでの処理なので非常に重く、多くの場合VMAF計算のほうで律速してしまうので注意。あまり実用的ではないかも。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


NVEnc 5.20

English version of changelog>>

・HLG用のAlternative Transfer Characteristicsを設定する場合は、コンテナ側にはVUI情報をもたせないようにする。
前回実装したこの機能についていただいたコメントへの対応。

mkvコンテナに格納する場合に、VUI情報をコンテナ側にも持たせると、コンテナ側と映像側で整合しない情報を持つことになってしまっていた。そこで、コンテナ側にVUI情報を出力しないようにしてこの問題を回避するようにした。

--vpp-tweakのswapuvの修正。
いただいたコメントに基づき修正。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

NVEncCのオプションについてはこちら。
NVEncCオプション一覧>

ソースはこちら>>


プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR