VCEEnc 6.04

BOXイベ前に更新しよう、ということで新機能の追加といくつか不具合修正。

・2つめのインタレ解除フィルタを追加。(--vpp-nnedi)
NVEncのCUDAのものをOpenCLに移植。CUDAのtemplateを使いまくったコードをOpenCLに直すのが地味に時間がかかってしまった。

・映像にパディングを付加するフィルタを追加。(--vpp-pad)

・映像の回転・反転を行うフィルタを追加。(--vpp-rotate/vpp-transform)

・HEVC 10bitのhwデコードのサポートを追加。

・preanalysisの情報が不必要に表示されていたのを修正。

・proresがデコードできないのを修正。

・raw読み込み時に色空間を指定するオプションを追加。(--input-csp)

・HEVCエンコード時のプリセットが正しく設定されないのを修正。



※ VCEEnc 5.xx以前のプロファイルは設定しなおす必要があるかもしれません。
ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

VCEEncCのオプションについてはこちら。
VCEEncCオプション一覧>>

ソースはこちら>>


スポンサーサイト



VCEEnc 6.03

複数のフィルタの追加するとともに、NVEncC/QSVEncCで行った機能追加・修正を一括して反映。

[VCEEncC]
・ノイズ除去フィルタを追加。(--vpp-knn)
・ノイズ除去フィルタを追加。(--vpp-pmd)
・エッジ調整フィルタを追加。(--vpp-edgelevel)
・エッジ強調フィルタを追加。(--vpp-unsharp)
・バンディング低減フィルタを追加。(--vpp-deband)
・色調整フィルタを追加。(--vpp-tweak)

NVEncのCUDAフィルタをOpenCLで書き直したもの。あまり頑張って最適化はしていないので、速度はそこそこ程度かもしれない。

vpp-debandでは乱数生成が必要なのだけど、これまでCUDAのcurandというライブラリを使っていた代わりに、OpenCL向けに書かれているclrngを使わせていただいた。

・複数のAMD GPU環境でも選択したGPUを適切に使用できるように改良。

・出力ファイルのmetadata制御を行うオプション群を追加。
--metadata
--video-metadata
--audio-metadata
--sub-metadata

・attachmentをコピーするオプションを追加。
( --attachment-copy )

・streamのdispositionを指定するオプションを追加。
( --audio-disposition, --sub-disposition )

・--audio-sourceでもdelayを指定できるように。

・6.01からvpy読み込みがシングルスレッド動作になっていたのをマルチスレッド動作に戻した。

・オプションリストを表示するオプションを追加。
( --option-list )

・avs読み込みで、可能であれば詳細なバージョン情報を取得するように。

・一部のHEVCファイルで、正常にデコードできないことがあるのに対し、可能であればswデコーダでデコードできるようにした。

・遅延を伴う一部の--audio-filterで音声の最後がエンコードされなくなってしまう問題を修正。

・--audio-source/--sub-sourceでうまくファイル名を取得できないことがあるのを修正。

・avsw/avhw読み込み時にlowlatencyが使用できないのを修正。

・--video-tagを指定すると異常終了してしまうのを修正。

・raw出力でSAR比を指定したときに発生するメモリリークを修正。

[VCEEnc.auo]
・VCEEnc.auoの設定画面でも、--output-resに負の値を指定できるように。

・簡易インストーラ更新。
VC runtimeのダウンロード先のリンク切れを修正。



※ VCEEnc 5.xx以前のプロファイルは設定しなおす必要があるかもしれません。
ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

VCEEncCのオプションについてはこちら。
VCEEncCオプション一覧>>

ソースはこちら>>


VCEEnc 6.02

[VCEEncC]
・6.01でのvpp-afsのNaviでのOpenCLのコンパイルエラーを修正が不十分だったようなので再修正。
ご指摘のあった問題への対処。

やはり実機を持っていないと辛い。

[VCEEnc.auo]
・HEVC時の設定画面の挙動を改善。
ご指摘のあった件の修正。



※ VCEEnc 5.xx以前のプロファイルは設定しなおす必要があるかもしれません。
ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


VCEEnc 6.01

[VCEEncC]
・pre-encodeによるレート制御を使用するオプションを追加。( --pe )
要望への対応。

・vpp-afsのNaviでのOpenCLのコンパイルエラーを修正する試み。
ご指摘のあった問題への対処。

どうもNaviだとOpenCLのコンパイルに失敗するらしので、報告いただいたエラーメッセージ(いまいちよくわからんが…)から推定して回避策を模索してみた。実際にNaviを持っているわけではないので、これで大丈夫かはやや不安。

・遅延を最小化するモードを追加。 ( --lowlatency )

[VCEEnc.auo]
・VCEEnc.auoからsarが指定できないのを修正。
ご指摘のあった問題の修正。

・外部エンコーダ使用時に、音声エンコードを「同時」に行うと異常終了するのを修正。



※ VCEEnc 5.xx以前のプロファイルは設定しなおす必要があるかもしれません。
ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


VCEEnc 6.00

[VCEEnc.auo]
・VCEEnc.auoで内部エンコーダを使用するモードを追加。
こちらの動作をデフォルトにし、外部エンコーダを使うほうはオプションに。

これまでVCEEnc.auoで出力する場合、音声エンコーダは別途外部エンコーダでエンコードしていた。(nero, qaac, ffmpeg等)

しかし、VCEEncCでもlibavcodecによる音声エンコーダが使えるので、こちらを使って音声エンコード、muxまで一括して行うように拡張した。これで音声エンコーダやmuxerなどを別途用意する必要がなくなり、VCEEncCのみ使用するようになるので、音声周りの設定が簡単になると思う。

内部エンコーダ・muxerで使える音声のコーデックはlibavcodecで利用可能なコーデックひととおり(aac, libmp3lame, libopus等)と例外としてfaw2aac.auoからの出力にも内部muxerで対応できるように実装した。

[VCEEncC]
・音声デコーダやエンコーダへのオプション指定が誤っていた場合に、エラーで異常終了するのではなく、警告を出して継続するよう変更。
・--chapterがavsw/avhw利用時にしか効かなかったのを修正。



※ VCEEnc 5.xx以前のプロファイルは設定しなおす必要があるかもしれません。
ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


VCEEnc 5.04

[VCEEncC]
・avsw/avhw読み込み時の入力オプションを指定するオプションを追加。(--input-option)
・trueHDなどの一部音声がうまくmuxできないのを改善。
・VCEEnc.auoの修正に対応する変更を実施。

[VCEEnc.auo]
・VCEEnc.auoから出力するときに、Aviutlのウィンドウを最小化したり元に戻すなどするとフレームが化ける問題を修正。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


VCEEnc 5.03

VCEEncのベースとなっているAMFのバージョンを更新して、新たに追加された機能を使用するオプションを追加。また、NVEnc/QSVEncで行った更新も反映した。

[VCEEncC]
・5.02で--cqpの指定が正常に動作しない問題を修正。
報告いただいた問題の修正。--cqpオプションを読み取る個所に問題があった。

・caption2assが正常に動作しないケースがあったのを修正。

[VCEEnc.auo]
・簡易インストーラの安定動作を目指した改修。
必要な実行ファイルをダウンロードしてインストールする形式から、あらかじめ同梱した実行ファイルを展開してインストールする方式に変更する。

・デフォルトの音声エンコーダをffmpegによるAACに変更。

・VCEEnc.auoの設定画面のタブによる遷移順を調整。
つい忘れがちな調整。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


VCEEnc 5.02

VCEEncのベースとなっているAMFのバージョンを更新して、新たに追加された機能を使用するオプションを追加。また、NVEnc/QSVEncで行った更新も反映した。

[VCEEncC]
・動作環境の変更。
Win10のみ対応。

・ベースとなるAMFのバージョンを1.4.14 -> 1.4.16に更新。
AMD Radeon Software Adrenalin Edition 20.2.1 以降が必要に。

・AMF 1.4.16で追加されたpre-anaysisに関するオプションを追加。(VBRモード時のみ有効、VCEEncCのみ)
(--pa, --pa-sc, --pa-ss, --pa-activity-type, --pa-caq-strength, --pa-initqpsc, --pa-fskip-maxqp )
詳細はこちらをご覧ください。

・ssim/psnrを計算するオプションを追加。(--ssim/--psnr)

・colormatrix等の情報を入力ファイルからコピーする機能を追加。
--colormtarix copy
--colorprim copy
--transfer copy
--chromaloc copy
--colorrange copy

・HEVCエンコ時に、high tierの存在しないlevelが設定された場合、main tierに修正するように。

・mux時の動作の安定性を向上し、シーク時に不安定になる症状を改善。

・Windowsのパフォーマンスカウンタを使用したプロセスのGPU使用率情報を使用するように。
・Readme等で、NVEncのままの表記だった個所を修正。
・ログに常に出力ファイル名を表示するように。

[VCEEnc.auo]
特に変更なし。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


VCEEnc 5.01

[VCEEnc.auo]
・簡易インストーラを更新。
dropboxからのl-smashのダウンロードに失敗することがあるのを改善。

・AVX2版のyuy2→nv12i変換の誤りを修正。

[VCEEncC]
・OpenCLで実装された自動フィールドシフトを追加。(--vpp-afs)
使い方はこちら。まあ、rffオプションがない以外はNVEnc版と同じ。

VCEEncはインタレ解除ができないのが難点だったのでNVEncのものをOpenCLに移植してみた。ただ、OpenCL向けの最適化などはしていないし、CUDA特有のstreamを使った最適化は外したりしているので、あまり速くない気がする。CUDAの最適化は多少やったことあるけど、OpenCLの最適化はほとんどやったことがなく、どういうコードを書けば速いのかよくわからん…。

・音声処理でのメモリリークを解消。

・字幕のコピー等が動かなくなっていたのを修正。

・trueHD in mkvなどで、音声デコードに失敗する場合があるのを修正。

・音声に遅延を加えるオプションを追加。 ( --audio-delay )

・mkv入りのVC-1をカットした動画のエンコードに失敗する問題を修正。

・HWデコード時に映像が乱れる場合があったのを回避。

・音声エンコード時のエラーメッセージ強化。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


VCEEnc 5.00

約1年ぶりの更新。

ベースとなるAMDのAdvanced Media Frameworkを更新。1.4.8 -> 1.4.14でマイナーバージョンしか上がってないけど、ドライバがちゃんとインストールされていないと動かない場合があるかも。AMD Radeon Software Adrenalin Edition 19.7.1 以降が必要なので、まあ最新版を入れればよさそう。

また今後OpenCLのフィルタなどを追加しやすいよう、内部的にはメインのルーチンはほぼ作り変えるなど大きくいじりつつ、QSVEnc/NVEncの更新を反映可能なものは取り込んでみた。

一応、この前買った3200Gでちゃんと動作を確認したので公開。


プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力
- VCEEncCオプション一覧>

svtAV1guiEx (ミラー)
- SVT-AV1によるAV1出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR