QSVEnc 3.01

Intel Media SDK 2018 R1 (API v1.26)に対応、それからAviutlプラグインのQSVEnc.auoをx264guiEx/x265guiEx同様にエンコーダを別プロセスとして起動するようにした。それだけといえばそれだけなんだけど、えらい時間かかった…。

Aviutlは32bitプロセスなため、4GBまでしかメモリを使用できないので、なるべく本体のメモリ使用量を削減したい。そこでQSVエンコーダをプロセスとして外出しすることで、Aviutl本体のメモリ使用量を削減する、というのが今回の目的。

そのほか、VQP/シーンチェンジ検出/extbrcなど、QSVの機能拡張により不要となってきたり、あまり効果がなかったりする機能を削除。結構コード上面倒なことになっているので、すこしすっきりしたかった。

あと、設定ファイルの形式も大きく変えたけど、一応互換性を残しているはず…。かなり大きな改変となったので、それなりにテストはしたけど、まだバグは残ってるかも。

※そのうち、NVEncでもやります…。



[共通]
・Intel Media SDK 2018 R1 (API v1.26)に対応。

・VQPモードを廃止。
ICQなどの登場により役目を終えた。

・extbrcオプションを廃止。

・シーンチェンジ検出を廃止。
あまり目立った効果はなかった。

[QSVEnc.auo]
・エンコーダをプラグインに内蔵せず、QSVEncCにパイプ渡しするように。
Aviutl本体プロセスのメモリ使用量を削減。

・設定画面のレイアウトが崩れてしまうのを修正。(QSVEnc 3.01)
120dpiで設定画面を作ると崩れる問題。96dpiベースで作り直した。

・簡易インストーラを更新。
QSVEncCの場所は簡易インストーラが自動的に設定する。

[QSVEncC]
・API 1.26で追加されたHEVC関連のオプションを追加。
--tskip, --sao, --ctu など。

基本的には、今後登場するCPU用(要はCannonlake用…らしい)。そのため、API 1.26に対応している5018ドライバなどを入れても、KabylakeやCoffeelake世代では使用できないみたい。

ただ、そのCannonlakeはいつ出るの? という問題が…。

・HDR関連metadataを設定するオプションを追加。
--max-cll, --master-display など。

例えば、下記のように指定する。
--max-cll 1000,300 --master-display G(13250,34500)B(7500,3000)R(34000,16000)WP(15635,16450)L(10000000,1)

・rotationのmetadataが入力ファイルに存在すればコピーするように。

・"%"を含む出力ファイル名で出力しようとすると落ちるのを修正。
・"%"を含む出力ファイル名で--logを指定すると落ちるのを修正。
・yv12(10bit)->p010[AVX2]では、AVX2が使用されていなかったのを修正。
・avswのデコーダのスレッド数を16までに制限。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら



スポンサーサイト

x265 2.7+336 AVX512対応の効果

x265がついにAVX512に対応し速度の出るビルドもできるようになったので、AVX512の効果がどのくらいか、確認してみた。

x265公式には、4K HDRで15%みたいな話があったりするけど、1080pだとだいたい~10%ぐらい?

x265 ビルド msys2 gcc版 (AVX512対応)

これまでは、x265はVisual Studioでビルドしていたのだけど、AVX512対応版をビルドしようとするとなぜかうまくいかないため、gccでビルドすることにした。

2018/4/14 19:43にx265 2.7+336をここで紹介するgccでプロファイルによる最適化を実施した実行ファイルに差し替えました。

x265 2.7+336 (AVX512対応版)

ついにx265がAVX512に対応したということで早速使ってみた。

なんかVC++ 2017でコンパイルした実行ファイルでAVX512を使おうとすると落ちる…。

とりあえず、よくわからんので、gccでビルドしたものをあげました。(x64のみ) AVX512がちゃんと動きます。

コマンド入力欄に --asm avx512 とすると、AVX512が有効になります。

gccビルドは、いまのところ暫定処置なので「pgo版」となっているものも通常版と変わりありません。
2018/4/14 19:43にx265 2.7+336をここで紹介するgccでプロファイルによる最適化を実施した実行ファイルに差し替えました。

x264guiEx 2.56

・ニコ動向けプリセットを更新、「ニコ動」フォルダを削除し、「ニコ動 2018」フォルダを新設。
1080p対応拡大とファイルサイズ制限が3GBになったことに対応。

今後は、新しい「ニコ動 2018」の設定を使っていただければと。

とりあえず、30fps/60fpsで推奨ビットレートが違うものがあるけど、高めに合わせておいた。

ニコ動もだいぶんと改良され、1080pを使うことで、よっぽど(エンコーダにとって)難しい動画でなければだいぶ画質を維持できるようになってきたんじゃないかと思う。

次は、720p @ 4Mbpsが欲しいかなあ。まあ、1080pにすればいいといえばいいという考え方もあるけど。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら


NVEnc 3.33

English version of changelog>>

不具合の修正。

[NVEncC]
3.32でtrimを使うとエラー終了してしまうのを修正。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら>>


NVEnc 3.32

English version of changelog>>

教えていただいた不具合の修正など。

[共通]
・やはりHEVC + --weightpは不安定な場合があるようなので、警告メッセージを出すようにした。

[NVEncC]
・--avsync vfrの安定性を改善。

・動画のrotation情報があればコピーするように。
スマホで撮影した動画などで縦撮りした場合などに。

・"%"を含む出力ファイル名で--logを指定すると落ちるのを修正。

・--input-analysisを大きくしすぎると、エラー終了する場合があったのを修正。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら>>


ffmpegOut 0.07

えらく久しぶりに更新。

・入力オプション指定欄を追加。
・高ビット深度出力に対応。
・x264/x265の10bit出力向けプリセットを追加。
・x264/x265のyuv444出力向けプリセットを追加。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>

ソースはこちら>>


プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR