NVEnc 4.20

English version of changelog>>

[NVEnc.auo]
・--vbr-qualityが小数で指定できるように。

[NVEncC]
・VC-1 hwデコードを有効に。



appveyorという仕掛け(?)を使ってgithubのreleasesにNVEncCだけだけど自動的にバイナリを置けるようになった。便利。

今までは、ffmpegのdllのビルドが結構面倒だったけど、使用するdllなどの必要なファイル(dll,lib,ソース)をすべてgithubの別のリポジトリに置くようにしたので、だいぶ楽にビルドできるようになり、比較的簡単なスクリプトでappveyorでビルドできるようになった。

というわけで、現状のビルド方法はこちら

問題はVisual Studio 2015 + CUDA 8.0というバージョンから上げられそうにないこと。CUDA 9.0以降、32bitビルドがVisual Studio 2013以前でしかできなくなっていて、そのせいでVisual StudioもCUDAも両方ともバージョンを上げられなくてちょっと困っている。

とはいえ、NVEnc 4.xxでNVEnc.auoはNVEncCへのパイプ渡しをするようにしたので、NVEnc.auoとしてはNVEncCがx64のみとなってもいいようになっている。あとはNVEncCのavs/vpy読みで32bitがなくなってもいいのかとか、cufiltersどうするかとかだけど、そのへん諦めがつけば、そのうちVisual Studio 2017 + CUDA 10.0に移行したい(いつするか特に予定はないけど…)



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら>>


スポンサーサイト

QSVEnc 3.10

[共通]
・Intel Media SDK 2018 R2 (API v1.27)に更新。

・Motion Compensate Temporal Filter (MCTF) を追加。 (--vpp-mctf)

[QSVEnc.auo]
・一時フォルダの相対パス指定に対応した。

・多重音声を扱う際、muxer.exeがエラー終了してしまうのを修正。

[QSVEncC]
--vbv-bufsizeを追加。

・一部のmp4/mkv等のコンテナに入った10bit HEVCの入力ファイルが正常にデコードできない問題を解消。

・一部の動画ファイルで、音ズレの発生するケースに対処。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


x265guiEx 3.87

・インタレ保持エンコを仮実装。
一応正常に動いている気がするけど、x265でもexperimentalらしいので、基本的には実験用。インタレ保持したいなら素直にx264使ったほうが良い気もする。

なんとなく試してみたくなったのだが、avisynthでsperateFiledsとかごちゃごちゃ書くよりはx265guiExをいじったほうが速い気がした(当たり前だが気のせい)ので、実装してみた。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら


NVEnc 4.19

English version of changelog>>

[共通]
・GPUバイナリを含めないようにして、配布バイナリを軽量化。

[NVEnc.auo]
・品質指定のプロファイルを追加。

・プロファイル「HEVC ビットレート指定 高画質」から重み付きPフレームを外した。
環境によっては、異常終了することがある。

・一時フォルダの相対パス指定に対応した。

・多重音声を扱う際、muxer.exeがエラー終了してしまうのを修正。

[NVEncC]
・--aud/--pic-struct/--slicesを追加。

・--check-hwの出力を改善。

・NPPライブラリのリサイザアルゴリズムのうち、NPP_INTERPOLATION_ERRORを返すものをドキュメントから削除。
cubic_bspline, cubic_catmull, cubic_b05c03が削除。cubicは問題ないので、そちらを使用してください。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら>>


x265guiEx 3.86

・多重音声を扱う際、muxer.exeがエラー終了してしまうのを修正。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら


NVEnc 4.18

English version of changelog>>

要望のあった機能の追加。

[NVEncC]
・--key-on-chapterをmuxしない場合にも使用可能に。

・ファイルによるキーフレームの指定に対応。(--keyfile)



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら>>


NVEnc 4.17

English version of changelog>>

要望のあった機能の追加。

[NVEncC]
チャプターのあるフレームに、キーフレームを挿入する機能を追加。(--key-on-chapter)
ただし、--trimとの併用は不可。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

ソースはこちら>>


iPhoneに戻ってきてしまった

久しぶりにりんごに戻ってきてしまった。

iphone XS 256GB シルバーを買いました。



これまで使ってきたスマホを振り返ると、こんな感じ。

2012 2014 2016 2018
機種 iPhone4S Xperia Z1 (SOL23) Xperia XZ (SOV34) iPhone XS
CPU A5
(32nm)
Snapdragon800
(28nm)
Snapdragon820
(14nm)
A12
(7nm)
コア数 2core 4core 2+2core 2+4core
メモリ 512MB 2GB 3GB 4GB
ディスプレイ 3.5' 5' 5.2' 5.8' 
解像度 640x960
(326ppi)
1920x1080
(440ppi)
1920x1080
(424ppi)
2436x1125
(458ppi)
重さ 140g 171g 161g 177g


予定通りなら、Xperia XZ2から重さ・厚みの問題が解消されたXperia XZ3にするつもりだったのだけど、背中がすこし丸くて机の上に置いて安定しにくいのと、Androidではfgoの性能が出ない、というので、iPhoneに戻ってみることにした。

すこし使ってみた感じは、こんな感じでおおむね満足。値段以外は…。14万とか…。

☆ fgoが速い
◎ その他の処理も速い
◎ 美しい有機EL
◎ fullHD越え (iPhone8はfullHD未満)
◎ すっきりしたデザイン
◎ 5.8'だが大きすぎず意外と持ちやすい
◎ FaceIDが思いのほかよい
○ 重さも気にならない
△ 出っぱったカメラ (ただ、カバーありだと気にならない)
△ lightning…(USB TypeCではない)
△ SDカードが使えない
× 付属ACアダプタでは急速充電できない (なんで?)
××× 高すぎるお値段

4年前のApple ID、思い出せてよかった…。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR